2013年3月2日「FUJIFILM 新センサー体感セミナー」を開催しました | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  2013年3月2日「FUJIFILM 新センサー体感セミナー」を開催しました | THE MAP TIMES
Select Language

2013年3月2日「FUJIFILM 新センサー体感セミナー」を開催しました

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2013年03月08日 12時00分]
先日、新開発の高画質センサーを搭載した2モデル「X100s」「X20」をリリースした富士フイルム。
この「X-Trans CMOS II」センサーの優れた性能を体感してもらうべく3月2日、富士フイルム株式会社ご協力の下、「FUJIFILM 新センサー体感セミナー」を開催いたしました。

講師上野隆氏
講師は富士フイルム株式会社電子映像事業部に所属の「上野 隆」氏。
富士フイルムのレンズ交換式デジタルカメラシステムの商品企画全般を担当しており、Xシリーズの事なら誰よりも詳しい方です。
写真雑誌への寄稿、連載も多数行っており富士フイルムのセミナー講師も務める上野氏はその知識もさることながら、教え方にも定評があります。

FUJIFILM西麻布本社 セミナーに用意されたXシリーズのカメラ群
今回セミナーの会場となったのは、西麻布の富士フイルムの西麻布本社。普段入ることの出来ない商品開発の最前線に入れるだけでも心が躍ります。
機材も充実。「X100s」「X20」の新製品はもちろん、Xシリーズの最上位モデル「X-Pro1」といった人気機材を多数ご用意していただきました。


Xシリーズの特徴を解説
前半は上野氏によるXシリーズの特徴について説明いただきました。

電源を入れないと現状の設定が分からないのが許せないという上野氏の拘りで、露出補正や絞りリングなどアナログ操作系を取り入れたなど、商品の開発コンセプトまで詳しく教えていただきました。

そしてやはり気になる拘りのセンサー「X-Trans CMOS II」の実力です。
フイルムメーカーとして長年培ってきたノウハウから色再現には相当力を入れたとの事。
拘りのJPEG画像は、プロの方がRaw現像してもここまで再現できないでしょうという位、自信があるそうです。
また優れた低ノイズ性能は、APS-Cサイズ1600万画素のセンサーでもフルサイズ2400万画素センサーに負けてない上に、モアレに強いセンサー配列によるローパスレス構造で解像感も向上。画質に一切の妥協がない商品開発の凄さに、人気の裏付けが取れた感じがしました。


製品の特徴を学んだ後は、街に出て実際に撮影を体験いただきました。
西麻布でのスナップ撮影
3月とは言えまだ寒い日。この日は風が強く外での撮影には不向きな日でしたが、

撮影体験の様子
特徴的な建物とお洒落なお店が並ぶ西麻布界隈を写真好きな方々が歩くと

撮影体験の様子
沢山の写真を撮影していただきました。


FUJIFILM X100s FUJIFILM X100s

FUJIFILM X-Pro1 +XF18mmF2R


作品選定中の様子
撮影後は皆様の自信作を選んでいただき上野氏に講評していただきました。

作品講評

作品講評
皆様の作品のクオリティーの高さにはスタッフ一同驚きです。
先生の講評に加え、撮影された方のポイントも聞けて、非常に参考になりました。

これらの作品は後日、Xプリントマイスターが一枚一枚丁寧に仕上げる手焼き品質仕上げの「Professional Xプリント」にしてプレゼントいたします。改めてXシリーズの高画質を感じていただけることでしょう。
筆者もXシリーズが欲しくなってきました....。

今回も皆様のご協力の下、無事に終了することができました。ありがとうございました。
これからも様々なイベントを行ってまいりますのでご期待ください。

最後に協力頂きました富士フイルム株式会社の皆様にもこの場を借りて、お礼申し上げます。

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2013年03月08日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!142票


写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む