【EF24-70mm F2.8L II USM】Lの標準ズームはやっぱりスゴイ! | THE MAP TIMES 
Select Language



【EF24-70mm F2.8L II USM】Lの標準ズームはやっぱりスゴイ!

[ Category:Canon|掲載日時:2013年03月08日 20時00分]

null
マップカメラ本館4階EOSコーナーです。

春うらら!春の陽気で東京の日中はここ数日大変暖かく、朝晩の冷え込みはあるものの、
撮影や行楽に出かけずにはいられない季節になってまいりました。

私も例に漏れず、やはりこの陽気でカメラを持って出かけたくなり、
水族館へ撮影に出かけてみました。

以前水族館へカメラを持って出かけたこともございましたが、
行楽気分で軽装機材で出かけたこともあり、なかなかに苦戦、ベストショットを残せなかった為、
再挑戦しなければと思っていた次第でございます。

というわけで、今回選出した機材がこちら↓

4960999780719
【EOS 60D + EF24-70mm F2.8L ll USM】

水族館は非常に限られた照明の中、暗い室内での撮影となりますので、
レンズの開放値はできるだけ明るいものを選ぶ必要があります。

そこで、去年の9月発売以来、その圧倒的な描写力で評判の開放F2.8ズーム、
【EF24-70mm F2.8L ll USM】を選びました。
もちろん、35mm換算約38-112mmであることも考慮の上です。

それでは!



魚ッチングといきましょう!




【焦点距離70mm、F4、1/400秒、ISO800】
明るめの水槽は比較的撮影しやすいです。




【焦点距離35mm、F8、1/13秒、ISO800】
マグロで流し撮りに挑戦!
車や電車の移動動作は基本的に進行方向のみかと思いますが、
マグロは高速スピードで泳ぐ為に、顔を左右に振りながら泳ぐので、
流し撮りだけで止められない動きが出るのも難しい所でした。




【焦点距離70mm、F2.8、1/1000秒、ISO1600】




【焦点距離35mm、F2.8、1/2500秒、ISO1600】




【焦点距離70mm、F2.8、1/30秒、ISO1600】




【焦点距離44mm、F5.7、1/400秒、ISO400】



被写体に合わせて極力画質を落とさずに済むよう、
明るめの時はできる限りISO感度を下げるようにしました。
また、その都度露出補正やホワイトバランスも調節しています。
撮影画像は全てJPG記録したものに若干のコントラスト、明るさの操作を施しています。
トリミングはしておりません。

水族館は非常に暗い中、しかも厚いアクリル水槽越しでの撮影になりますので、
コントラストが下がりやすい上、収差が出やすいという写真撮影に不利な条件が多いです。

さて今回新型EF24-70mm F2.8L ll USMを使用してみて改めて感じたのは、
さすが開放2.8の新型Lレンズは頼れる!、ということ。
水槽越しの写真からは伝わりにくいかもしれませんが、
非常にヌケの良い、まるで単焦点レンズのような解像力。
やはりズームレンズにおいて、開放F値2.8に代わるものはない!と言っても過言ではないでしょう。

皆様もぜひ一度、水族館の撮影にチャレンジしてみてください!
もちろん、水族館での撮影は他のお客様方の迷惑のならないよう、マナーを守って取り組みましょう。

ちなみに今回撮影に使用した新型EF24-70mm F2.8L ll USM、
2013年3月8日現在、メーカー品薄の為、入荷待ち予約受付中でございます。

EF24-70mm F2.8L ll USMをマップカメラのホームページで検索するなら →コチラ

中級機ながら本体のみ約675gと軽量!
バリアングル液晶で様々なアングルでの撮影が超快適!な
EOS 60Dをマップカメラホームページで検索するなら、 →コチラ



[ Category:Canon|掲載日時:2013年03月08日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

邸宅探訪 【私のお気に入り】邸宅探訪 2019年08月23日
私は"お気に入り"があればあるほど幸せな気分になれるので ついついたくさん"お気に入り"を増やしてしまいます。 さらなる"お気に入り"を見つけるために 新しい機材を持って、群馬県にある旧中島家住宅へ向かいました。 この邸宅は昭和初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されているそうです。 邸宅の中でも一番豪華な部屋が応接室でした。 壁紙はシルク、ドアノブも家門の入った特注のものであったり、 海外から取り寄せたステンドグラスがはめてあったりまさに豪華絢爛です。 ...
続きを読む
【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]