【本館地下1階】 ライカ X2 ホワイト | THE MAP TIMES 
Select Language



【本館地下1階】 ライカ X2 ホワイト

[ Category:Leica|掲載日時:2013年03月09日 10時30分]

本館B1階からこんにちは。

本日3月9日、ライカから限定商品が発売になりました。

4548182184508

Leica X2ホワイト 

2013年3月13日に「ライカ大丸心斎橋店」がオープンすることを記念し、

限定発売される、Leica X2のスペシャルモデルです。

日本国内、100台限定。

null

null

白い“フルグレインレザー”を贅沢にまとった姿は、なんとも気品漂います。

ボディの貼革と同色の、白いショルダーストラップも付属します。

null

お値段は262,500円。

こちらの商品は店舗限定での販売品となり、インターネットからのご注文は承れません。

誠に恐れ入りますが、ぜひMAPCAMERAへ足をお運びいただければと思います。

お問い合わせは、本館地下1階まで。

心よりお待ちいたしております。

03-3342-3381 (本館代表)

[ Category:Leica|掲載日時:2013年03月09日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】宮ヶ瀬湖畔園地 【私のお気に入り】宮ヶ瀬湖畔園地 2019年08月25日
八月の中旬。 私のお気に入りの場所、神奈川県の「宮ヶ瀬ダム湖」に行ってきました。 宮ヶ瀬ダム湖は「神奈川県の水がめ」と呼ばれる大きなダム湖で、周辺には広大な敷地を有する宮ヶ瀬湖畔園地があります。 自宅から車で1時間程度ということもあり、自然を感じたい時はついつい足が向いてしまいます。 園地の隣には小さな土産物店や飲食店が軒を連ね、猫たちが自由に過ごしている姿が多く見られます。 駐車場から土産物店への道すがら、さっそく寛いでいる猫に出会いました。 何度声をかけても...
続きを読む
SONY Cyber-shot RX100M7 発売記念「歴代機種を振り返る」Part1 SONY Cyber-shot RX100M7 発売記念「歴代機種を振り返る」Part1 2019年08月24日
2019年8月30日発売予定の『SONY Cyber-shot DSC-RX100M7』 SONYのRX100シリーズも遂に第7世代となりました。 (RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5、RX100M5A、RX100M6) 今回はRX100M7の発売を記念して歴代のRX100シリーズ進化の機軸をマップカメラスタッフの作例と共に振り返ってみます。 第一回目の今回はSONY Cyber-shot RX100~RX100M2を紹介します 妥協なき高画質をポケットに 2012年に発売された記念すべき第一世代『SONY RX100』はスマートフォンの写真では満足できないユーザーに...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.1 2019年08月24日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 というわけで今回は本館4Fのスタッフが撮影したブログをご紹介させていただきます。 超望遠レンズを使った...
続きを読む
【私のお気に入り】隅田川大橋 【私のお気に入り】隅田川大橋 2019年08月24日
Nikon D7100 + AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) ずっと地方暮らしだった私にとって、東京とはニュースでしか見聞きしたことのない存在。 この先どのような道を歩むのかと不安だらけな上京の日、隅田川大橋から眺めた景色が心に焼き付いています。 Nikon D7100 + AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) 青の濃淡が広がる世界に、白く輝く東京の象徴。 慌ただしい都会はそれ自体がビビッドな存在。そこに現れた柔らかな彩りの眺めに迎え入れてもらったような気がしたあの日。 時の流れを忘れら...
続きを読む
邸宅探訪 【私のお気に入り】邸宅探訪 2019年08月23日
私は"お気に入り"があればあるほど幸せな気分になれるので ついついたくさん"お気に入り"を増やしてしまいます。 さらなる"お気に入り"を見つけるために 新しい機材を持って、群馬県にある旧中島家住宅へ向かいました。 この邸宅は昭和初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されているそうです。 邸宅の中でも一番豪華な部屋が応接室でした。 壁紙はシルク、ドアノブも家門の入った特注のものであったり、 海外から取り寄せたステンドグラスがはめてあったりまさに豪華絢爛です。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]