【一眼ムービーにおすすめ!Vol.2】ADTECHNO(エーディテクノ)5インチ/8インチ HDMI接続フィールドモニター | THE MAP TIMES 
Select Language



【一眼ムービーにおすすめ!Vol.2】ADTECHNO(エーディテクノ)5インチ/8インチ HDMI接続フィールドモニター

[ Category:etc.|掲載日時:2013年03月12日 16時40分]

前回のCineroid(シネロイド)LCDビューファインダーの紹介≫こちらに続いて、今回は業務用ディスプレイやデジタルサイネージを扱うADTECHNO(エーディテクノ)からラインナップされているデジタル一眼などに向けた外付け液晶モニターをご紹介します。


まずは最軽量の小型タイプ、5インチ液晶モデル『CL5585H』。
null
デジタル一眼レフカメラの背面液晶は。最大のものでも掲載写真のCanon EOS 5D Mark III等で採用されている3.2インチまで。
並べてみると取り付け位置の関係もありますが、2回り以上大きい印象。
本体重量は150gと非常に軽量で、ホットシューに搭載して取り回すのに丁度よいモデルです。
解像度は800x480と同カテゴリーの製品の中ではスタンダードなスペック。

null
上の写真はピーキング+ピクセル等倍表示の状態。

高級モデルのように実像に赤色のフチどりではないですが、輪郭強調のイメージでかなり被写体の輪郭が太るのでピントはつかめます。



null
上はモノクロ表示に切り替えた状態。



正確な色彩表示や露出確認の信頼性はやはり価格相応となりますが、
RGBバランスに輝度、コントラストは調整可能ですので一定のところまでは追い込めます。

カメラマンの覗く電子ビューファインダーなどからHDMIループアウトでこの液晶にも映像を出し、その他のスタッフに画角やイメージを確認してもらう...などでしょうか。

『CL5585H』は本体価格¥26,800-(税込)と同様の製品カテゴリーでも非常に安価で、まず最初の1台として検討して頂くにはうってつけの製品です。

その分高機能とはいいがたいですが、背面液晶を覗きずらいアングルで撮影をするケースは映像、写真ともによく有り得るシーンですので、
そういった用途での使用にはまったく不満はないでしょう。




続いてはHDMI入出力端子を搭載した8インチモデル『CL85HO』。
null
見た目でわかる大型サイズでありながら、同社のラインナップにある7インチの業務向けモデルなどよりも大幅に軽量な本体重量290g。

また超高解像度の1600x768と¥53,800-(税込)の製品とは思えぬすさまじい性能を誇ります。
右サイドにはステータスウィンドウが表示されるため、被写体の表示は1280x768内でとなりますがそれでも高解像で視認性も非常によく、通常表示でもピントの山がつかめるスペックです。



null
上は撮影時の表示状態。



null
本体背面上部には4つの静電センサー式のファンクションキーが並び、触っただけで割振った機能が日本語表示。
押し込むことで機能が反映されます。



null
ピーキングは赤色で表示されますので、非常に判別しやすいです。
ただしもともとの解像度が高いモニターですので、だいたいの被写体は通常表示でもピントがつかめるでしょう。



null
上はピーキング+ピクセル等倍表示の状態。



null null
上位機となりますので撮影時の表示機能も多数用意されてます。

左はフォールスカラー(被写体の露出を数段階で色分けして表示、色彩での的確な露出レベル合わせを行える機能です)。
右側のステータスウィンドウに色分布を示すバーが表示され、色がどの露出値を指しているかがわかります。

右はブルー成分のみの表示。



null null

おなじくレッド成分、グリーン成分のみの表示。
色再現のチェックとRGB毎の露出チェックが可能です。

その他にも白トビが発生しているエリアと露出アンダーで黒つぶれが発生しているエリアを警告サインで表示できる、クリップガイド機能を搭載。

さらにモニターの調整も細かくでき、撮影場所や環境に合わせて色温度を5600K/6500K/9300Kで選択可能と、正確な色表示が行えます。



null
紹介した2機種のサイズ比較。



null
どちらも薄型の軽量シリーズとなり、バッテリー取り付け用のプレートも共用となります。

標準ではCanonのEOSシリーズ「EOS 5D MarkII/III」「EOS 7D」「EOS 6D」「EOS 60D」等で幅広く使用されている『バッテリーパック LP-E6』用のバッテリープレートが同梱。

別売りのバッテリープレートを用意することで、SONY「Lシリーズ」、Canon「BP-945」、Panasonic「CGA-D54s」などに対応可能。

さらにNikonユーザー待望の「D800」「D600」「D7000」などで採用されているリチウムイオンバッテリー「EN-EL15」用のプレートも近日(2013年3月19日)発売予定!



null
8インチモデルの『CL5585H』はHDMI出力にも対応していますので、他のモニターや電子ビューファインダーへ映像のループアウトが可能となります。




商品へのリンクは以下からどうぞ。


・ADTECHNO 5型HDMI端子搭載デジタル一眼レフ用モニター CL5585H・・・¥31,800-(税込)

・ADTECHNO 8型HDMI入出力端子搭載フィールドモニター CL85HO・・・¥58,800-(税込)

<視野角の広いIPSパネル搭載モデル>
・ADTECHNO 7型マルチ入出力端子/IPS液晶パネル搭載フィールドモニター CL76HOX・・・¥58,800-(税込)

その他ADTECHNO(エーディテクノ)製品はこちら≫

その他デジタル一眼ムービー関連用品はこちら≫


[ Category:etc.|掲載日時:2013年03月12日 16時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む
【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る 【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る 2019年09月12日
さて今回は、Panasonic DC-S1M レンズキットのLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. で撮影した写真をご紹介いたします。 折角の機会だったのですが雨降りの一日。 というわけで雨の日のしとしと室内撮りです。 DC-S1はDC-S1Rと比べ画素数を抑え、動画も撮れるハイブリッド型ということになっていますが、 写真機として十分な画質を誇ります。 赤と緑のコントラストが印象的だった椅子を一枚。 椅子の革の皺もきめ細かく描写しています。 雨の日の室内というのは光が柔く、 射す、と...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]