【一眼ムービーにおすすめ!Vol.2】ADTECHNO(エーディテクノ)5インチ/8インチ HDMI接続フィールドモニター | THE MAP TIMES 
Select Language



【一眼ムービーにおすすめ!Vol.2】ADTECHNO(エーディテクノ)5インチ/8インチ HDMI接続フィールドモニター

[ Category:etc.|掲載日時:2013年03月12日 16時40分]

前回のCineroid(シネロイド)LCDビューファインダーの紹介≫こちらに続いて、今回は業務用ディスプレイやデジタルサイネージを扱うADTECHNO(エーディテクノ)からラインナップされているデジタル一眼などに向けた外付け液晶モニターをご紹介します。


まずは最軽量の小型タイプ、5インチ液晶モデル『CL5585H』。
null
デジタル一眼レフカメラの背面液晶は。最大のものでも掲載写真のCanon EOS 5D Mark III等で採用されている3.2インチまで。
並べてみると取り付け位置の関係もありますが、2回り以上大きい印象。
本体重量は150gと非常に軽量で、ホットシューに搭載して取り回すのに丁度よいモデルです。
解像度は800x480と同カテゴリーの製品の中ではスタンダードなスペック。

null
上の写真はピーキング+ピクセル等倍表示の状態。

高級モデルのように実像に赤色のフチどりではないですが、輪郭強調のイメージでかなり被写体の輪郭が太るのでピントはつかめます。



null
上はモノクロ表示に切り替えた状態。



正確な色彩表示や露出確認の信頼性はやはり価格相応となりますが、
RGBバランスに輝度、コントラストは調整可能ですので一定のところまでは追い込めます。

カメラマンの覗く電子ビューファインダーなどからHDMIループアウトでこの液晶にも映像を出し、その他のスタッフに画角やイメージを確認してもらう...などでしょうか。

『CL5585H』は本体価格¥26,800-(税込)と同様の製品カテゴリーでも非常に安価で、まず最初の1台として検討して頂くにはうってつけの製品です。

その分高機能とはいいがたいですが、背面液晶を覗きずらいアングルで撮影をするケースは映像、写真ともによく有り得るシーンですので、
そういった用途での使用にはまったく不満はないでしょう。




続いてはHDMI入出力端子を搭載した8インチモデル『CL85HO』。
null
見た目でわかる大型サイズでありながら、同社のラインナップにある7インチの業務向けモデルなどよりも大幅に軽量な本体重量290g。

また超高解像度の1600x768と¥53,800-(税込)の製品とは思えぬすさまじい性能を誇ります。
右サイドにはステータスウィンドウが表示されるため、被写体の表示は1280x768内でとなりますがそれでも高解像で視認性も非常によく、通常表示でもピントの山がつかめるスペックです。



null
上は撮影時の表示状態。



null
本体背面上部には4つの静電センサー式のファンクションキーが並び、触っただけで割振った機能が日本語表示。
押し込むことで機能が反映されます。



null
ピーキングは赤色で表示されますので、非常に判別しやすいです。
ただしもともとの解像度が高いモニターですので、だいたいの被写体は通常表示でもピントがつかめるでしょう。



null
上はピーキング+ピクセル等倍表示の状態。



null null
上位機となりますので撮影時の表示機能も多数用意されてます。

左はフォールスカラー(被写体の露出を数段階で色分けして表示、色彩での的確な露出レベル合わせを行える機能です)。
右側のステータスウィンドウに色分布を示すバーが表示され、色がどの露出値を指しているかがわかります。

右はブルー成分のみの表示。



null null

おなじくレッド成分、グリーン成分のみの表示。
色再現のチェックとRGB毎の露出チェックが可能です。

その他にも白トビが発生しているエリアと露出アンダーで黒つぶれが発生しているエリアを警告サインで表示できる、クリップガイド機能を搭載。

さらにモニターの調整も細かくでき、撮影場所や環境に合わせて色温度を5600K/6500K/9300Kで選択可能と、正確な色表示が行えます。



null
紹介した2機種のサイズ比較。



null
どちらも薄型の軽量シリーズとなり、バッテリー取り付け用のプレートも共用となります。

標準ではCanonのEOSシリーズ「EOS 5D MarkII/III」「EOS 7D」「EOS 6D」「EOS 60D」等で幅広く使用されている『バッテリーパック LP-E6』用のバッテリープレートが同梱。

別売りのバッテリープレートを用意することで、SONY「Lシリーズ」、Canon「BP-945」、Panasonic「CGA-D54s」などに対応可能。

さらにNikonユーザー待望の「D800」「D600」「D7000」などで採用されているリチウムイオンバッテリー「EN-EL15」用のプレートも近日(2013年3月19日)発売予定!



null
8インチモデルの『CL5585H』はHDMI出力にも対応していますので、他のモニターや電子ビューファインダーへ映像のループアウトが可能となります。




商品へのリンクは以下からどうぞ。


・ADTECHNO 5型HDMI端子搭載デジタル一眼レフ用モニター CL5585H・・・¥31,800-(税込)

・ADTECHNO 8型HDMI入出力端子搭載フィールドモニター CL85HO・・・¥58,800-(税込)

<視野角の広いIPSパネル搭載モデル>
・ADTECHNO 7型マルチ入出力端子/IPS液晶パネル搭載フィールドモニター CL76HOX・・・¥58,800-(税込)

その他ADTECHNO(エーディテクノ)製品はこちら≫

その他デジタル一眼ムービー関連用品はこちら≫


[ Category:etc.|掲載日時:2013年03月12日 16時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]