お手軽撮影セット『PHOTOLA(フォトラ) PH004』の紹介 | THE MAP TIMES 
Select Language



お手軽撮影セット『PHOTOLA(フォトラ) PH004』の紹介

[ Category:etc.|掲載日時:2013年03月12日 19時45分]

料理を卓上で撮ってブログに公開したり、ネットオークションに不要なものを出して販売をしたりなど、
手軽に綺麗にモノを撮影する需要とういうものは必ず存在すると思います。


私もカメラやレンズこそ当店にて下取に出したりしますが、手広く揃えた用品は正直値段が付かないようなもの多く、
ネットオークションを活用することが多いです。

やはり同じ中古品であってもきとんと商品状態がわかる写真や、
綺麗に撮影されているなぁと感じるものは目にとまったりするものです。


そこで今回は手軽に綺麗に小物を撮影をすべく、当店でも取扱中の撮影セット『PHOTOLA(フォトラ) PH004』をご紹介します。

null
製品の使用イメージはこんな具合です。





商品内容は下記の通り。
■フォトラ本体×2台(専用拡散パネル×2枚/ランプ×2個を写真は装着済み)
■背景紙台×1枚
■背景紙×5枚
グレー(グラデーション)、ブルー(グラデーション)、ピンク(マーブル柄)、ブラウン(英字柄)、ブラック
■説明書×1冊
■専用ディフューザー(白/黒)×各2枚
■背景紙用クリップ ×2個





真ん中のボール紙が背景紙のスタンドとなります。




折り目に沿って組み上げ...




上から付属のクリップで背景紙をはさみます。
正直手軽すぎて大丈夫かな...と感じましたが引き続き見ていきましょう。




フォトラを2灯コンセントへ接続して準備。


フォトラは調光機能こそありませんが、なかなかの光量のため被写体からの距離のとりかたで対応できます。

また、光を拡散させる白色のディフューザーと陰を作る黒色のディフューザーが付属してますので、ライティングにバリエーションも出すことができます。

撮影時に使うカメラについては光量が充分に確保できますので、コンパクトデジタルカメラでも綺麗に撮れるはずです。
ただし露出合わせきれないケースが有りえる(露出補正幅が狭い)ので、マニュアル露出モードが選べるものが向いていると言えます。


null
それでは早速撮影をしてみましょう。


メーカーからはフィギュア撮影にうってつけ!と聞いてはいましたが、
我が家にはなかなか撮影に向く小物がなく...ひとまずカメラを。





当たりをとるためフォトラをカメラの前面左右に配置して試し撮り。

左側の照明が後ろすぎたため、レンズ前玉の全面に光があたらず醜い感じに。
さらにカメラの右側に強い陰ができているのも気になります。




そこで単純に左側のフォトラを前面に移動、さらにカメラに近づけました。

レンズ前玉の反射は均一になりましたが光量が強すぎ、露出オーバーですね。




それではと左側のフォトラにのみ白色のディフューザーを装着。


おおっ!グッと引き締まり良い雰囲気になりましたね。

今回はここでフィニッシュとしました。
準備時間を除き、撮影で試行錯誤した時間はたったの2分。手軽!!




他にも何かないかと引っ張り出してきた、妻が結婚式のときに用意してくれたウェディング仕様の某クマさん。

素材のふんわり感が感じられます。




娘が3歳の誕生日にピンクのカメラを欲しがっていたので与えた「IXY 220F」。
最近の子供はスマホも一眼も使いこなし、こういったコンデジもなんだかんだ使ってくれます。




他にも料理や時計など、難しいとされている被写体も手軽に撮れるか是非試してみたいところです。

フォトラの発光部の上に透明のアクリル板を乗せて、下から透過させてガラス製品を撮ったりと色々と楽しめそうな製品です。



商品へのリンクは以下からどうぞ。
・PHOTOLA 撮影セット フォトラ PH004・・・¥29,800-(税込)


[ Category:etc.|掲載日時:2013年03月12日 19時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]