二眼レフは、いかがですか?! 番外編⑤ | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?! 番外編⑤

[ Category:etc.|掲載日時:2013年03月16日 20時00分]

撮り較べてみました! ローライフレックス 2.8Fプラナー&ハッセルブラッド CF80mmプラナー

null

 今回はいつもの二眼レフ対決を拡張、中判カメラの雄同士で較べてみました。

 ハッセルブラッド500シリーズといえば、中判一眼レフカメラを代表する存在。 シンプルでクラシカルなスタイルのローライか、多くの交換レンズを備えたシステマチックなハッセルか、当店でも人気を二分するまさに「好敵手」ともいえるカメラです。

 私自身は両機種を所有しているのですが、普段のお出かけに持ち出すのは圧倒的に二眼レフの方が多く、より重くかさばるハッセルはタンスの肥やしになってしまっている傾向が… うぅ、ごめんなさい…
 今回は、そんなかわいそうなハッセルを久々に表に出しての撮影。 とはいえ、やっぱりこの二つを持ち出すとなると、かなりな荷物です…

 レンズは、ともに「カールツァイス プラナー 80mmF2.8」。 …まぁ、だから撮り較べてみようという気になったのですが… はたして、同じ「プラナー」の名を冠したレンズ、写りにどんな違いが出るのか、または出ないのか…

null
  2.8F プラナー80mmF2.8

null
  CFプラナー80mmF2.8T*

 そう、ハッセルブラッドのCFレンズには「T*」マークが。 つまりツァイスのTスターコーティングが施されています。 このへんも写りに影響が出るか…


null
  (2.8F) F2.8

null
  (CF80mm) F2.8

 まずは、絞り開放での撮影。 …と、ここでいきなりのお詫びです。 先にハッセルを久々に出して、と書きましたが、本当に久々だったせいかフィルムマガジンの調子が悪く、きちんと装填したにもかかわらず1枚目の最初の部分(画面では下の方)が切れてしまいました。 …やっぱり時々は出して動かしてあげないと、カメラも機嫌を損ねてしまうんですよね…

 気を取り直して見える範囲での比較ですが、CFレンズの方が色味が鮮やかな印象を受けます。(PC上でどのくらい再現できているかなのですが…) 2.8Fの方は、少しくすんだ感じに。
 背景のボケは同じくらいですが、近くのボケは2.8Fの方が若干大きいようです。


null
  (2.8F) F4

null
  (CF80mm) F4

 1段絞っても、近くのボケは2.8Fの方が大きく見え、そのぶん焦点の合っている対象の浮き上がりが大きく感じられます。


null
  (2.8F) F5.6

null
  (CF80mm) F5.6


null
  (2.8F) F8

null
  (CF80mm) F8

 CFレンズの方がいわゆる「色の抜け」が良く、植木鉢の白がより鮮明に見えます。


null
  (2.8F) F5.6

null
  (CF80mm) F5.6

 2.8Fの方が、背景のボケがわずかに大きいです。


null
  (2.8F) F2.8

null
  (CF80mm) F2.8

 CFレンズの方が、色味が鮮やかでくっきりしています。 そのぶんシャープさが強く感じられ、逆に言うとどぎつい印象さえ受けます。


null
  (2.8F) F2.8

null
  (CF80mm) F2.8

 ここでもCFレンズの方が色鮮やかで、2.8Fの方は柔らかい印象を受けます。 背景のボケも同じく2.8Fの方が大きいか。


null
  (2.8F) F8

null
  (CF80mm) F8

 絞っても、2.8Fの方がより背景のボケが大きく、CFレンズのシャープな印象は同様です。


null
  (2.8F) F5.6

null
  (CF80mm) F5.6

 提灯や手前のすだれ1本1本の再現から見ても、CFレンズはコントラストが高くシャープ、2.8Fはより柔らかな描写と言えます。


 普段お店でも「ローライのプラナーの方が、ハッセルより柔らかい感じで撮れますよ」と紹介していたのですが、今回の撮り較べでよりはっきりしたでしょうか。
 できれば人物などを撮影して肌の感じを較べてみたかったのですが、如何せんモデルさんが… 
 というわけで、今回はモデルの募集を行いながら締めくくらせていただきます。 どなたかお願い!!


 続く…  (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:2013年03月16日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

カメラを持って奥多摩方面へ 【Canon】カメラを持って奥多摩方面へ 2019年05月26日
写真を撮りたい。 単純な興味から三年ほど前にCanon 80Dを購入しました。 以来、休日になればカメラを持って写真を撮りに出かける日が増えました。 初めは自分の知っている範囲内で写真を撮る事に満足をしていましたが、それでは飽き足らずに、少しずつ、まだ訪れた事のない場所へと足を運ぶようになりました。 とある休日前、明日はどこへ行こうか、と考えを巡らせ、今回は東京の奥多摩方面にある白丸ダムを訪れてみる事にしました。 JR青梅線鳩ノ巣駅。 青梅線にある木造の無人駅です。...
続きを読む
写真展のご案内 〜『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』~ 写真展のご案内 〜『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』~ 2019年05月25日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
ALPA in Wonderland ALPA in Wonderland 2019年05月24日
この度私が紹介させていただくのは【Alpa Reflex II】です。 はじめに、アルパとは。 スイスの時計部品メーカー、ピニオン社製のカメラ。 レンズは他社から供給を受けていました。 【アルパ】のカメラは多くの種類がありますが、 この度私が使いますのは【アルパフレックス】のII型、前期モデルにあたります。 まずはこのカメラの機械的な仕組みの説明から。 鉄板削り出しの文字どおり重厚な造りのボディ。 シャッタースピードは...
続きを読む
【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 2019年05月23日
カメラと旅を。第6弾。 今回はウサギが有名なとある島とともにお届けいたします。 持って行ったのはOLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PRO 焦点距離:12mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200 島自体は1周1時間で回れる大きさ。 人口20人前後、それに比べウサギは900羽を超える数が生息しています。 焦点距離:100mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO:200 船から降りるといたるところにもふっ。もふっ。 地面に穴を掘って寝ていたり、追い...
続きを読む
Motorsports photo #7 Motorsports photo #7 2019年05月22日
「シーズンイン」 今年もモータースポーツの季節がやってきました。 令和最初の撮影ということもあり、テンションを上げて撮影に臨みました!(5月3.4、富士スピードウェイにて撮影) Nikon Z7 FTZ + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM(ss1/80 F10) 普段、撮影しているダンロップコーナー立ち上がりをZ7で撮影に臨みました。 比較的コーナー続きなため、Z7でもなんとか撮影可能であります。 Z7にテレコンバーターを使用し撮影すると、ピントを外すことが多いので、今回は普段使用している1.4倍のテレコ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]