二眼レフは、いかがですか?! 番外編⑤ | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?! 番外編⑤

[ Category:etc.|掲載日時:2013年03月16日 20時00分]

撮り較べてみました! ローライフレックス 2.8Fプラナー&ハッセルブラッド CF80mmプラナー

null

 今回はいつもの二眼レフ対決を拡張、中判カメラの雄同士で較べてみました。

 ハッセルブラッド500シリーズといえば、中判一眼レフカメラを代表する存在。 シンプルでクラシカルなスタイルのローライか、多くの交換レンズを備えたシステマチックなハッセルか、当店でも人気を二分するまさに「好敵手」ともいえるカメラです。

 私自身は両機種を所有しているのですが、普段のお出かけに持ち出すのは圧倒的に二眼レフの方が多く、より重くかさばるハッセルはタンスの肥やしになってしまっている傾向が… うぅ、ごめんなさい…
 今回は、そんなかわいそうなハッセルを久々に表に出しての撮影。 とはいえ、やっぱりこの二つを持ち出すとなると、かなりな荷物です…

 レンズは、ともに「カールツァイス プラナー 80mmF2.8」。 …まぁ、だから撮り較べてみようという気になったのですが… はたして、同じ「プラナー」の名を冠したレンズ、写りにどんな違いが出るのか、または出ないのか…

null
  2.8F プラナー80mmF2.8

null
  CFプラナー80mmF2.8T*

 そう、ハッセルブラッドのCFレンズには「T*」マークが。 つまりツァイスのTスターコーティングが施されています。 このへんも写りに影響が出るか…


null
  (2.8F) F2.8

null
  (CF80mm) F2.8

 まずは、絞り開放での撮影。 …と、ここでいきなりのお詫びです。 先にハッセルを久々に出して、と書きましたが、本当に久々だったせいかフィルムマガジンの調子が悪く、きちんと装填したにもかかわらず1枚目の最初の部分(画面では下の方)が切れてしまいました。 …やっぱり時々は出して動かしてあげないと、カメラも機嫌を損ねてしまうんですよね…

 気を取り直して見える範囲での比較ですが、CFレンズの方が色味が鮮やかな印象を受けます。(PC上でどのくらい再現できているかなのですが…) 2.8Fの方は、少しくすんだ感じに。
 背景のボケは同じくらいですが、近くのボケは2.8Fの方が若干大きいようです。


null
  (2.8F) F4

null
  (CF80mm) F4

 1段絞っても、近くのボケは2.8Fの方が大きく見え、そのぶん焦点の合っている対象の浮き上がりが大きく感じられます。


null
  (2.8F) F5.6

null
  (CF80mm) F5.6


null
  (2.8F) F8

null
  (CF80mm) F8

 CFレンズの方がいわゆる「色の抜け」が良く、植木鉢の白がより鮮明に見えます。


null
  (2.8F) F5.6

null
  (CF80mm) F5.6

 2.8Fの方が、背景のボケがわずかに大きいです。


null
  (2.8F) F2.8

null
  (CF80mm) F2.8

 CFレンズの方が、色味が鮮やかでくっきりしています。 そのぶんシャープさが強く感じられ、逆に言うとどぎつい印象さえ受けます。


null
  (2.8F) F2.8

null
  (CF80mm) F2.8

 ここでもCFレンズの方が色鮮やかで、2.8Fの方は柔らかい印象を受けます。 背景のボケも同じく2.8Fの方が大きいか。


null
  (2.8F) F8

null
  (CF80mm) F8

 絞っても、2.8Fの方がより背景のボケが大きく、CFレンズのシャープな印象は同様です。


null
  (2.8F) F5.6

null
  (CF80mm) F5.6

 提灯や手前のすだれ1本1本の再現から見ても、CFレンズはコントラストが高くシャープ、2.8Fはより柔らかな描写と言えます。


 普段お店でも「ローライのプラナーの方が、ハッセルより柔らかい感じで撮れますよ」と紹介していたのですが、今回の撮り較べでよりはっきりしたでしょうか。
 できれば人物などを撮影して肌の感じを較べてみたかったのですが、如何せんモデルさんが… 
 というわけで、今回はモデルの募集を行いながら締めくくらせていただきます。 どなたかお願い!!


 続く…  (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:2013年03月16日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Panasonic LUMIX DC-S1R+Leica  テレエルマリート M90mm F2.8 【私のお気に入り】新しいお気に入り、S1R 2019年07月18日
私にはお気に入りがありません。 別にネガティブな理由ではありません。 ただ単純にお気に入りの移り変わりが多いだけです。 今までのお気に入りはオリンパスを始め、キヤノン・フジフィルム・ペンタックスと色々変わってきました。 そして、今、新しくお気に入りになろうとしているカメラがあります。 「Panasonic LUMIX DC-S1R」 動画に強みを持ったミラーレスカメラLUMIXシリーズ。 そこから出た待望のフルサイズミラーレス機。 発表された日から手に取りたい1台でした。そして今私の手元に。 ...
続きを読む
Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]