Select Language

【スプリングバトル】ローパスフィルターありなし対決

[ Category: Nikon|掲載日時:2013年03月31日 20時30分]

レンズが持つシャープな描写力を最大限に引き出すとして「光学ローパスフィルターレス」仕様のカメラが注目されています。
実際に先日発売されたNikon D7100の画を見た時は、その細部まで描写する細かい解像力にとても驚きました。
しかし冷静に考えてみると、それがローパスフィルターレスの恩恵なのかそれとも高精細2400万画素の凄さなのか、判断に悩むところ。
そこで今回は、そのうやむやを解決すべくもう1台の2400万画素カメラD5200と同じ条件で撮り比べてみることにしました。題して
Nikon D5200 vs D7100


D5200はD7100より約3ヶ月前に発売されたエントリーモデル。しかしながら最上位機のD4と同等の画像処理エンジン「EXPEED3」を搭載し、横開き方式のバリアングル液晶モニター搭載するなど、高い基本性能を小型ボディに凝縮した意欲作です。
手にしたときはその小型軽量ボディから「本当に勝負になるのか?」とも思いましたが...


Nikon D5200 使用機材:D5200 +AF-S Micro 60mmF2.8G ED / シャッターシャッタースピード:1/1250秒 / 絞り:F4 / ISO:200

Nikon D7100 使用機材:D7100 +AF-S Micro 60mmF2.8G ED / シャッターシャッタースピード:1/1250秒 / 絞り:F4 / ISO:200


最初のカットから全く優劣の付けようのない、驚愕の描写を披露してくれました。
若干D5200の方が暗部でのコントラストが高く、よく解像しているように見えますが、透き通る空の青さなど画全体での透明感はD7100の方が高く感じます。


Nikon D5200 使用機材:D5200 +AF-S Micro 60mmF2.8G ED / シャッターシャッタースピード:1/1600秒 / 絞り:F5.6 / ISO:200

Nikon D7100 使用機材:D7100 +AF-S Micro 60mmF2.8G ED / シャッターシャッタースピード:1/1600秒 / 絞り:F5.6 / ISO:200


D5200の性能の高さが分かったところで、今度は強い反射光を入れた意地悪なシチュエーションで撮影です。
規則正しいタイル地からモアレの発生を期待しましたがまったく見られません。余裕のある解像力でモアレ問題は十分にカバーできるといった感じです。
逆に強い光により、屋上の鉄骨部分でD5200側にうっすらとにじみが見受けられます。


Nikon D5200 使用機材:D5200 +AF-S Micro 60mmF2.8G ED / シャッターシャッタースピード:1/500秒 / 絞り:F5.6 / ISO:200

Nikon D7100使用機材:D7100 +AF-S Micro 60mmF2.8G ED / シャッターシャッタースピード:1/400秒 / 絞り:F5.6 / ISO:200


予想外の大接戦で白黒つくのか不安がよぎりましたが、植物園のカットでようやく違いが見受けられるようになりました。
葉の裏に細かい棘のあるオオオニバス。D7100の方がその棘をよりとげとげしく描写しているのがわかります。
葉っぱ自体の凹凸も全体的なコントラストの差に対して強めに表現され、より立体感が出ているように見えます。


Nikon D5200 使用機材:D5200 +AF-S Micro 60mmF2.8G ED / シャッターシャッタースピード:1/1600秒 / 絞り:F5.6 / ISO:200

Nikon D7100 使用機材:D7100 +AF-S Micro 60mmF2.8G ED / シャッターシャッタースピード:1/1000秒 / 絞り:F4 / ISO:200


絞り優先オートでの撮影でシャッタースピードに差が生じてしまい、D5200の方が少し明るめに記録されてしまいましたが、D7100の方が花びらの皺などをより強く描写しているのがわかります。
遠景では分かりづらくても、より質感が伝わるマクロ的な撮影時にその差が大きくなるようです。


Nikon D5200Nikon D7100 左)使用機材:D5200 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:200mm)/ シャッターシャッタースピード:1/1250秒 / 絞り;F5.6 / ISO:200
右)使用機材:D7100 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:200mm)/ シャッターシャッタースピード:1/1250秒 / 絞り;F5.6 / ISO:200


最後はレンズを最新望遠ズームに交換しての撮影。両機とも解像力の高いレンズの描写力を落とすことなく細部までよく解像しています。
D5200の方が外壁に黄色味がかった感があるものの、階段の隙間に差し込む光はD7100の方が黄色味がかった様にも見受けられます。
色の好みはRaw現像等で如何様にもなりますが、黄砂がかった日に撮影した当時の撮影条件を思い起こしてみると、D7100の方が当時の情景に近かった様に感じました。

APS-Cサイズの2400万画素では、その画素ピッチの細かさからローパスフィルターレスでもモアレの影響の出にくくD7100の方が優位とおもっていましたが、圧倒的な解像力はローパスフィルターにより多少の解像感が失われても、肉眼では区別がつかないレベルに達しておりD5200の健闘ぶりが伺えました。
一方で差がはっきり出たのがクリアーな透明感です。自然な発色により空気感と呼ばれるものが明らかに違いました。
これにより拡大するとさほど分からない差でも、全体で見ると質感が明らかに違うのです。
ローパスフィルターレスは、よりクリアーになった画でコントラストとは少し異なる、細かな階調表現の差で勝りました。


[ Category: Nikon|掲載日時:2013年03月31日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!303票


みんなのライカ

みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッ...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む
SIGMA fp + SIGMA MC-21 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

【SIGMA】しぐまびより Part35[2020年02月25日]

SIGMA fp から使えるようになった「ティールアンドオレンジ」 Quattroから使えるようになったアスペクト比「21:9」と 合わせることがすっかりマイブームになりました。 現像ソフト「Adobe Lightroom」に SIGMAの カラーモードを反映できるプリセットが用意されるようになってから最近はこちらで現像しています。 「ティールアンドオレンジ」のみだけでなく「サンセットレッド」なども使えま...
続きを読む
【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで

【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで[2020年02月24日]

川崎で用事を済ませ時間が余った午後の日のこと。 天気もいいのでどこに行こうかと予定もなく駅の路線図を眺めていたら目に留まったのが秘境駅「海芝浦」でした。 「海芝浦」駅に向かうにはひとつの方法しかありません。それは鶴見線に乗ること。 早速、電車に乗り換え鶴見線の始発駅である鶴見駅に向かいました。 昭和の面影を色濃く残すレトロなホームに3両編成の短い電車入ってきます。...
続きを読む
スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む