Select Language

【スプリングバトル】Nikon 80-400mm 新旧望遠ズーム対決

[ Category: Nikon|掲載日時:2013年03月31日 20時30分]

Nikon 80-400mm F4.5-5.6


人気の望遠ズームレンズ「AF VR 80-400mm F4.5-5.6D ED」が12年ぶりのリニューアルを果たしました。
他のズームレンズでは捉えきれない400mmという超望遠域をカバーし、優れた手ブレ補正機能による使いやすさで人気を博したレンズは、絞りリングを有していることから
以前のカメラでも使用できるというフレキシブルさもあり、新型レンズと併売されています。
価格差も考慮すると、少しお買い得感も出てきた旧型レンズ。はたして新旧どちらのレンズを買うのが得なのか?
実際の撮影画像を見比べて検討していただければと思います。


Nikon AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR 使用機材:D4 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:400mm) / シャッターシャッタースピード:1/400秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100

Nikon AF VR80-400mm F4.5-5.6D ED 使用機材:D4 +AF VR80-400mmF4.5-5.6D ED(焦点距離:400mm) / シャッターシャッタースピード:1/400秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100


高い光学性能を発揮するスーパーEDレンズやナノクリスタルコートを採用した新レンズの描写はとてもクリアーです。
新旧見比べるとその差は歴然で、暖かみのある春の日差しもよく再現されている新型レンズとは空気感が明らかに違います。
奥に広がるボケの中にも細かな階調があり、奥行き感も新型の方が深く表現されているように感じます。


Nikon AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR 使用機材:D4 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:80mm) / シャッターシャッタースピード:1/800秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100

Nikon AF VR80-400mm F4.5-5.6D ED 使用機材:D4 +AF VR80-400mmF4.5-5.6D ED(焦点距離:80mm) / シャッターシャッタースピード:1/800秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100


コントラストが高いのも新型レンズの特徴です。手前の桜の鮮やかさが際立っています。
周辺光量落ちも若干ですが旧型の方が強いように見受けられます。


Nikon AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR 使用機材:D4 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:400mm) / シャッターシャッタースピード:1/320秒 / 絞り:F8 / ISO:100

Nikon AF VR80-400mm F4.5-5.6D ED 使用機材:D4 +AF VR80-400mmF4.5-5.6D ED(焦点距離:400mm) / シャッターシャッタースピード:1/400秒 / 絞り:F8 / ISO:100


少し絞り込めば、旧型レンズも優れた解像力を発揮してくれます。


Nikon AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR 使用機材:D4 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:80mm) / シャッターシャッタースピード:1/60秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100

Nikon AF VR80-400mm F4.5-5.6D ED 使用機材:D4 +AF VR80-400mmF4.5-5.6D ED(焦点距離:80mm) / シャッターシャッタースピード:1/60秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100


質感が伝わりやすい近距離での撮影では、やはり新型の解像力がものを言います。
窓枠の木の質感やガラスの透明感など、光学系が一新されたというのがよく分かります。


Nikon AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR 使用機材:D4 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:300mm) / シャッターシャッタースピード:1/500秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100

Nikon AF VR80-400mm F4.5-5.6D ED 使用機材:D4 +AF VR80-400mmF4.5-5.6D ED(焦点距離:300mm) / シャッターシャッタースピード:1/400秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100


両レンズとも良く解像していますが新型の方がコントラストが高い分、陰の出方が強調されより立体感ある画になっています。
また画面左上にそれぞれフリンジが見られますが、旧型の方が少し目立つ出方をしています。

新型の画を見なければ旧型でも十分といった素晴らしい解像力ですが、見比べてしまうと空気感や質感描写で見劣る部分が見受けられ、価格差に見合う性能差をはっきり感じました。カメラの進化に見合った高性能のレンズ方が後悔しないかもしれません。



[ Category: Nikon|掲載日時:2013年03月31日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!212票


みんなのライカ

みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッ...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む
SIGMA fp + SIGMA MC-21 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

【SIGMA】しぐまびより Part35[2020年02月25日]

SIGMA fp から使えるようになった「ティールアンドオレンジ」 Quattroから使えるようになったアスペクト比「21:9」と 合わせることがすっかりマイブームになりました。 現像ソフト「Adobe Lightroom」に SIGMAの カラーモードを反映できるプリセットが用意されるようになってから最近はこちらで現像しています。 「ティールアンドオレンジ」のみだけでなく「サンセットレッド」なども使えま...
続きを読む
【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで

【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで[2020年02月24日]

川崎で用事を済ませ時間が余った午後の日のこと。 天気もいいのでどこに行こうかと予定もなく駅の路線図を眺めていたら目に留まったのが秘境駅「海芝浦」でした。 「海芝浦」駅に向かうにはひとつの方法しかありません。それは鶴見線に乗ること。 早速、電車に乗り換え鶴見線の始発駅である鶴見駅に向かいました。 昭和の面影を色濃く残すレトロなホームに3両編成の短い電車入ってきます。...
続きを読む
スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む