Select Language

【スプリングバトル】Nikon 80-400mm 新旧望遠ズーム対決

[ Category: Nikon|掲載日時:2013年03月31日 20時30分]

Nikon 80-400mm F4.5-5.6


人気の望遠ズームレンズ「AF VR 80-400mm F4.5-5.6D ED」が12年ぶりのリニューアルを果たしました。
他のズームレンズでは捉えきれない400mmという超望遠域をカバーし、優れた手ブレ補正機能による使いやすさで人気を博したレンズは、絞りリングを有していることから
以前のカメラでも使用できるというフレキシブルさもあり、新型レンズと併売されています。
価格差も考慮すると、少しお買い得感も出てきた旧型レンズ。はたして新旧どちらのレンズを買うのが得なのか?
実際の撮影画像を見比べて検討していただければと思います。


Nikon AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR 使用機材:D4 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:400mm) / シャッターシャッタースピード:1/400秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100

Nikon AF VR80-400mm F4.5-5.6D ED 使用機材:D4 +AF VR80-400mmF4.5-5.6D ED(焦点距離:400mm) / シャッターシャッタースピード:1/400秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100


高い光学性能を発揮するスーパーEDレンズやナノクリスタルコートを採用した新レンズの描写はとてもクリアーです。
新旧見比べるとその差は歴然で、暖かみのある春の日差しもよく再現されている新型レンズとは空気感が明らかに違います。
奥に広がるボケの中にも細かな階調があり、奥行き感も新型の方が深く表現されているように感じます。


Nikon AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR 使用機材:D4 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:80mm) / シャッターシャッタースピード:1/800秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100

Nikon AF VR80-400mm F4.5-5.6D ED 使用機材:D4 +AF VR80-400mmF4.5-5.6D ED(焦点距離:80mm) / シャッターシャッタースピード:1/800秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100


コントラストが高いのも新型レンズの特徴です。手前の桜の鮮やかさが際立っています。
周辺光量落ちも若干ですが旧型の方が強いように見受けられます。


Nikon AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR 使用機材:D4 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:400mm) / シャッターシャッタースピード:1/320秒 / 絞り:F8 / ISO:100

Nikon AF VR80-400mm F4.5-5.6D ED 使用機材:D4 +AF VR80-400mmF4.5-5.6D ED(焦点距離:400mm) / シャッターシャッタースピード:1/400秒 / 絞り:F8 / ISO:100


少し絞り込めば、旧型レンズも優れた解像力を発揮してくれます。


Nikon AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR 使用機材:D4 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:80mm) / シャッターシャッタースピード:1/60秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100

Nikon AF VR80-400mm F4.5-5.6D ED 使用機材:D4 +AF VR80-400mmF4.5-5.6D ED(焦点距離:80mm) / シャッターシャッタースピード:1/60秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100


質感が伝わりやすい近距離での撮影では、やはり新型の解像力がものを言います。
窓枠の木の質感やガラスの透明感など、光学系が一新されたというのがよく分かります。


Nikon AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR 使用機材:D4 +AF-S 80-400mmF4.5-5.6G ED VR(焦点距離:300mm) / シャッターシャッタースピード:1/500秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100

Nikon AF VR80-400mm F4.5-5.6D ED 使用機材:D4 +AF VR80-400mmF4.5-5.6D ED(焦点距離:300mm) / シャッターシャッタースピード:1/400秒 / 絞り:F5.6 / ISO:100


両レンズとも良く解像していますが新型の方がコントラストが高い分、陰の出方が強調されより立体感ある画になっています。
また画面左上にそれぞれフリンジが見られますが、旧型の方が少し目立つ出方をしています。

新型の画を見なければ旧型でも十分といった素晴らしい解像力ですが、見比べてしまうと空気感や質感描写で見劣る部分が見受けられ、価格差に見合う性能差をはっきり感じました。カメラの進化に見合った高性能のレンズ方が後悔しないかもしれません。



[ Category: Nikon|掲載日時:2013年03月31日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!212票


D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
D780徹底レポート!

【D780徹底レポート!】第二回 魅惑のDタイプレンズ[2020年02月12日]

この度発売となったD780、その魅力をマップカメラNikon担当スタッフがご紹介するブログ連載の第二弾。 第二弾でご紹介するのはDタイプとも呼ばれる、カメラ内蔵モーターによってAFを駆動させるレンズ3種とD780の組み合わせです。 DタイプレンズはZシリーズでもマウントアダプターFTZを介することで装着することができますが、内蔵モーターがないためAFは駆動しません。しかし、Fマウントを受け継い...
続きを読む
D780 + 24-85/3.5-4.5G VR

【D780徹底レポート!】第一回 鉄板標準ズームでお散歩[2020年02月05日]

Nikon D780 × AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G ED VR 【 1/640 | f4.5 | ISO 100 】 今年のNikonは年明け早々からカメラ業界を賑やかしてくれました。 およそ6年の間を空け、 ミドルレンジのデジタル一眼レフとして待望の新型機が登場しました。 D780。 760でも770でもない、圧倒的な進化を遂げた最新機。 このD780の魅力をいろんな視点からレビューすべく、 マップカメラ本館のNikon担当フロ...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む