【スプリングバトル】SIGMA 30mm/f1.4 新旧対決! | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【スプリングバトル】SIGMA 30mm/f1.4 新旧対決! | THE MAP TIMES
Select Language

【スプリングバトル】SIGMA 30mm/f1.4 新旧対決!

[ Category: SIGMA|掲載日時:2013年03月31日 20時30分]






SIGMAから発売されている『30mm/f1.4 EX DC HSM』はAPS-C用大口径標準レンズとして長く親しまれてきた銘レンズですが、この度ARTラインとしてリニューアルされ、『30mm/f1.4 DC HSM』にモデルチェンジされました。SIGMA社自ら"APS-C用標準レンズの会心作"と銘打つ新モデル。どうしても気になってしまうのはその新旧の描写の差ですが…はたしていかほどのものなのか。実際に撮影して、その差を徹底チェックしました!



Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM


まずは平面の建物。パッと見てお分かり頂けるでしょうか?中心部の解像感はどちらもある様ですが、旧型モデルは周辺に行くにつれ光量落ちと滲みが顕著に現れています。また中心も含めた全体の解像力も、拡大すれば一目瞭然の差が。うむむ、これがSIGMA社の自信の現れでしょうか。新モデルでは古いペンキのはがれた質感等もしっかりと再現されています。旧モデルは良く言えば少々オールドレンズ的な滲みが特徴です。












Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM

新モデルでは最短撮影距離が10cm短縮されました。常用レンズとしてもう一歩寄りたい!という声の大きかったポイント、この改良は嬉しい限りです。そして近接領域の描写でも、想像以上に顕著な違いが。やはり下の旧モデルでは、花の花弁のピントピークの周りにフレアが伴っています。新モデルではピント面はしっかりとシャープに、ボケは大きく出ますのでメリハリがしっかりと効いている感じです。近接時にはどうしてもボケが大きくなるので、被写体をしっかりと捉えたい時には新型モデルの描写は心強いのではないでしょうか。












絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

少し絞り込むと、その描写は最高点に達します。逆光耐性もありますし、色も実に鮮やか。満を持してのリニューアルでしたが、その効果目覚ましいもの。当初に想像していた以上のこの描写、期待を裏切らないモデルチェンジとなった様です。




このレンズのお買い物はこちら このレンズのお買い物はこちら


試写レポート"




[ Category: SIGMA|掲載日時:2013年03月31日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!290票


MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む