【スプリングバトル】SIGMA 30mm/f1.4 新旧対決! | THE MAP TIMES 
Select Language



【スプリングバトル】SIGMA 30mm/f1.4 新旧対決!

[ Category:SIGMA|掲載日時:2013年03月31日 20時30分]







SIGMAから発売されている『30mm/f1.4 EX DC HSM』はAPS-C用大口径標準レンズとして長く親しまれてきた銘レンズですが、この度ARTラインとしてリニューアルされ、『30mm/f1.4 DC HSM』にモデルチェンジされました。SIGMA社自ら"APS-C用標準レンズの会心作"と銘打つ新モデル。どうしても気になってしまうのはその新旧の描写の差ですが…はたしていかほどのものなのか。実際に撮影して、その差を徹底チェックしました!



Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM


まずは平面の建物。パッと見てお分かり頂けるでしょうか?中心部の解像感はどちらもある様ですが、旧型モデルは周辺に行くにつれ光量落ちと滲みが顕著に現れています。また中心も含めた全体の解像力も、拡大すれば一目瞭然の差が。うむむ、これがSIGMA社の自信の現れでしょうか。新モデルでは古いペンキのはがれた質感等もしっかりと再現されています。旧モデルは良く言えば少々オールドレンズ的な滲みが特徴です。












Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM

新モデルでは最短撮影距離が10cm短縮されました。常用レンズとしてもう一歩寄りたい!という声の大きかったポイント、この改良は嬉しい限りです。そして近接領域の描写でも、想像以上に顕著な違いが。やはり下の旧モデルでは、花の花弁のピントピークの周りにフレアが伴っています。新モデルではピント面はしっかりとシャープに、ボケは大きく出ますのでメリハリがしっかりと効いている感じです。近接時にはどうしてもボケが大きくなるので、被写体をしっかりと捉えたい時には新型モデルの描写は心強いのではないでしょうか。












絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

少し絞り込むと、その描写は最高点に達します。逆光耐性もありますし、色も実に鮮やか。満を持してのリニューアルでしたが、その効果目覚ましいもの。当初に想像していた以上のこの描写、期待を裏切らないモデルチェンジとなった様です。




このレンズのお買い物はこちら このレンズのお買い物はこちら


試写レポート"




[ Category:SIGMA|掲載日時:2013年03月31日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

WOR...!? 新登場!オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター 」! 2019年02月21日
皆様こんにちは。 マップカメラでは2019年2月22日より、新オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター」の販売を開始いたしました。 目指したのは「安心の国内生産」「撥水撥油コーティング」、そして嬉しい「お買い得価格」。さっそく見ていきましょう。 ■安心の国内生産■ 当店では長らく定番品として「MC-Nノーマルフィルター」を取り扱っていますが、より高機能なフィルターを求める声も頂戴しており、今回「WORプロテクトフィルター」という名で待望の商品化に漕ぎ着けまし...
続きを読む
【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 2019年02月21日
以前のブログでは<Panasonic GX7MK3 標準ズームレンズキット>のクリエイティブフィルターを使った雰囲気写真に挑戦しました。 前回ブログはこちら↓ 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る 今回は、鮮やかな色と打って変わってモノクロームを使った撮影を試みました。 焦点距離12mm ISO200 F3.5 1/60秒 ラフモノクローム 高架下 粒子のような質感を出せるモノクロフィルターです。 ざらついた写真がフィルムを現像したような雰囲気を醸せます。 焦点距離12mm ISO1000 F3.5 1...
続きを読む
発売まであと1日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO 2019年02月21日
17mm F1.2 1/20秒 ISO200 E-M1X発売カウントダウンブログは、遂に本日最終日となりました。 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約35mm相当の準広角レンズ。 引けば広角、寄れば標準レンズに近い使い方が出来る便利なレンズ。 融通が利くゆえに中途半端な使い方をすると中途半端な写り方にもなりかねない画角という認識です。 いつも以上に気を引き締めて挑みました! 17mm F1.2 1/20秒 ISO200 狭い路地でも広めの画角で難なくパシャリ。...
続きを読む
null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]