Select Language

【LEICA愛】HektorL73mmF1.9と白黒

[ Category: Leica|掲載日時:2013年04月04日 17時10分]

こんにちは。

ライカが数多くの写真撮影者たちによって使われ、
100年経った今でもたくさんの方々に愛されてきたのは、
一言では言えないことではありますが、
レンズに魅力があるのは、ひとつの理由だと思います。

その中で、昔生産されていたレンズ
今で言う"オールドレンズ"は
モノクロで撮影をすると
非常に豊かな階調が出ます。

作例を合わせて、
オールドレンズと白黒写真の魅力を伝えていけたらと思います。


今回ヘクトールL73mmF1.9というレンズをご紹介致します。

null
このレンズは、1931年より製造された
エルンスト・ライツ社(ライカの旧社名)の
スクリューマウント大口径レンズです。


当時では少し前にヘクトールL50mmF2.5というレンズの製造を始め、
それが一番明るいレンズでしたが、
ほぼ同時期に製造を開始したライツ社では初めてF2.0を切るレンズでした。
(明るいレンズの製造をいろいろと試みていたのでしょう。)

"73mm"という焦点距離は、中途半端な数字のようですが、
ポートレイトでは使いやすい焦点距離であります。
(当時のガラス硝材やコーティング技術を考えると収差をなるべく抑える最適な焦点距離であった為、
この焦点距離が採用されたみたいです。)


1931年ー1946年まで長い期間作られたレンズですが、
総生産数は7225本と非常に少ないレンズです。
また、まだカメラに距離計が入っていないライツC型カメラの時代より作られている為、
距離計連動カムがあったりなかったり、鏡胴バリエーションが変更になるなど
製造ロットによって仕様が異なります。


以下作例になります。

null
使用機材:M9-P+Hektor L73mmF1.9  F値1.9(開放)

開放では、光が滲み面白い写りをしています。
シャンデリアにピントを合わせていますが、
少し柔らかい印象です。


null
使用機材:M9-P+Hektor L73mmF1.9  F値5.6

フレアやゴーストが盛大に発生します。
F5.6まで絞るとすごくシャープな印象です。


ライカレンズは星の数ほど!?ありますが、
ライカの奥深さも星の数ほどです。
とてもすべてを理解することはできませんが(?!)
だからこそ長く付き合っていける
カメラであると思います。


また、下記よりライカの作例レポートを載せていますので、
よろしければ、そちらもご覧ください。






▼今回使用した機材はこちら▼





[ Category: Leica|掲載日時:2013年04月04日 17時10分]

面白いと思ったらコチラをClick!119票


ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む