Select Language

【Leica愛】 がんばります?! ライカ研究

[ Category: Leica|掲載日時:2013年04月03日 17時30分]
メーカー愛スプリングバトルLEICA編




実は、ライカは1913年に「UR LEICA(ウルライカ)」というカメラを試作してから
今年で100年を迎えようとしています。

日ごろみなさまがお使いの「カメラ」の原型といっても過言ではない
(中判クラス以上の大きなカメラを除く、ということです)
このライカを可能な限り掘り下げていこうと思います。
撮影とは全く関係のないこの不明瞭かつ危険なトンネルへレッツゴー

本日のテーマは「エルマー50mm」。

null

突然ですがみなさま、赤エルマーの「赤」って何だかご存知でしょうか?

エルマー50mmには違いありませんが、他との違いは被写界深度スケールに
表示されている文字が「赤色」というところにあります。それまでのレンズは
ここの表記が「黒色」で表記されレンズ鏡胴の根元に表記されていたのですが、(写真左側)
赤エルマーになるとその表記がレンズのマウント側に移動します。(写真右側)

null

そしてさらに赤エルマーは2種類のバリエーションが存在します。

2本のレンズの被写界深度スケール中央を見てみますと・・・

null

写真右側が通常モデルです。
そして、左側のレンズのスケール中央が「菱形」になっているのがわかりますか?
これは通称「ダイヤマーク入り」といって一昔前はこのモデルをご指定で
お問い合わせいただくことも多かったのですが現在ではライカ以外でも
お使いの方も多く、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんね。


そしてこちらはご存知の方も多いはず。
古いライカレンズは輸出国によって「feet(フィート)表示」、「mtr(メートル)表示」と
2種類のスケールに作り分けられていました。
ちなみに、写真左のように、輸出仕様のレンズに対しては「Germany」の
表記が刻印されていました。

null

エルマーL50mmF3.5はライカの創世記より約30年の間に
約310,000本が生産されたといわれています。
店内にあるレンズだけでもこれだけのバリエーションがあるわけですから
探せばまだまだ多くのバリエーションが存在するはずです。

さぁ、次は何を語ろうか・・・

エルマーL50mmF3.5の在庫は ⇒⇒⇒ こちらをクリック!!







↓クリックで1票!

[ Category: Leica|掲載日時:2013年04月03日 17時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!167票


【街で見つけた形にフォーカス】近所歩きのすすめ【PENTAX】

【街で見つけた形にフォーカス】近所歩きのすすめ【PENTAX】[2020年01月29日]

近所歩きのすすめ 『PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM』 f/1.4 1/400 ISO100 WB AUTO 遠くまで行かなくていい。 有名な観光地へ行かなくても、大それた街へ出かけなくてよい。 あなたの生活圏である近所を歩く。 いつもの通勤路を足早ではなく、ゆっくり歩いてみる。 車やバス、自転車を使用している道を、1日かけて歩いてみる。 f/3.5 1/400 ISO100 WB AUTO 家しか並んでいない道も...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む