Select Language

【LEICA愛】色鮮やかなこの世界に、さようなら。

[ Category: Leica|掲載日時:2013年04月05日 10時50分]
メーカー愛スプリングバトルLEICA編

フィルムライカユーザーの皆様は、

ご自分のライカにどんなフィルムを入れて楽しまれているだろうか?

もちろん、カラーフィルムを入れても味わい深いカメラではあるが、

やはりライカ、ということでモノクロフィルムを用いて撮影している方が多いように思う。

筆者もその一人。

ILFORD DELTAやKODAK TRI-X等々、愛機に通したフィルムは数知れず。

そんなモノクロフィルム派の私とって、

M8をはじめとしたデジタルM型ライカという存在は、

「便利そうだなぁ」という感情は抱いても、

「自分はモノクロフィルムでいけるところまで行こう」と、

それほど大きく心を動かされる対象ではなかった。

だが、2012年8月。

その考えを根底から覆すライカが登場してしまった。

“Leica M Monochrom”である。

null

世界初の35mmフルサイズ・モノクロ撮影専用センサー。

ローパスフィルターに加え、カラーフィルターも非搭載。

単純に光の強弱の記録に特化したセンサーが織り成す写真は、私にとって衝撃だった。

作例写真を見た瞬間、なにかが自分の中で崩れた音がした。

「どうしても、欲しい。」

モノクロしか撮影できない。それでいながら、大変に高価なカメラである。

一般人から見れば、どう考えても理解の範疇を超えた存在だが、

しかし同時に、モノクロ写真を本気でやってきた人間にとって・・・

そして、その特異なセンサーの構造をある程度理解する者にとっては、

大きな意味を持つカメラである。

こんなにも尖ったモデルを一般マーケットにおいて販売できるのも、ライカだからこそ。

悩みに悩んで発売から約半年。

ついに、手にしてしまった。

null

他のM型デジタルと同様、今まで愛用してきたレンズは、一部を除いてそのまま活用できる。

まず、情報量がとてつもなく多いRAWデータに驚かされた。

現像ソフトで処理する際は、ネガフィルムを紙焼きする暗室作業と同様、

シャドーからハイライトにかけての調整作業が楽しませてくれる。

現像ソフトのスライダーを少しでも動かすと浮き上がる、シャドー部に隠されていたもの。

拡大すると気付かされる、恐ろしいほどの解像感。

目を疑うような高感度ノイズの少なさ・・・

フィルムを用いた撮影とは、また違った世界がそこには広がっていた。

私は、自分の選択が間違っていなかったことを確信した。

“M Monochrom”はモノクロ撮影派にとって、最高のパートナーであると。

null

M Monochromのライカ社における開発コードネームは“Henri”

そう、偉大なる写真家・・・アンリ・カルティエ=ブレッソンの名前が冠されていたのだ。

私もこの漆黒のカメラで『決定的瞬間』を捉えることができるだろうか。



To be continued.


(文責/写真:R.Hirokawa)



Leica M Monochromボディの詳細・webからのご注文は⇒コチラからどうぞ。

こんなコンセプトのカメラは、もう二度と出てこないかもしれませんよ。







↓クリックで1票!

[ Category: Leica|掲載日時:2013年04月05日 10時50分]

面白いと思ったらコチラをClick!176票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む