Select Language

【LEICA愛】色鮮やかなこの世界に、さようなら。

[ Category: Leica|掲載日時:2013年04月05日 10時50分]
メーカー愛スプリングバトルLEICA編

フィルムライカユーザーの皆様は、

ご自分のライカにどんなフィルムを入れて楽しまれているだろうか?

もちろん、カラーフィルムを入れても味わい深いカメラではあるが、

やはりライカ、ということでモノクロフィルムを用いて撮影している方が多いように思う。

筆者もその一人。

ILFORD DELTAやKODAK TRI-X等々、愛機に通したフィルムは数知れず。

そんなモノクロフィルム派の私とって、

M8をはじめとしたデジタルM型ライカという存在は、

「便利そうだなぁ」という感情は抱いても、

「自分はモノクロフィルムでいけるところまで行こう」と、

それほど大きく心を動かされる対象ではなかった。

だが、2012年8月。

その考えを根底から覆すライカが登場してしまった。

“Leica M Monochrom”である。

null

世界初の35mmフルサイズ・モノクロ撮影専用センサー。

ローパスフィルターに加え、カラーフィルターも非搭載。

単純に光の強弱の記録に特化したセンサーが織り成す写真は、私にとって衝撃だった。

作例写真を見た瞬間、なにかが自分の中で崩れた音がした。

「どうしても、欲しい。」

モノクロしか撮影できない。それでいながら、大変に高価なカメラである。

一般人から見れば、どう考えても理解の範疇を超えた存在だが、

しかし同時に、モノクロ写真を本気でやってきた人間にとって・・・

そして、その特異なセンサーの構造をある程度理解する者にとっては、

大きな意味を持つカメラである。

こんなにも尖ったモデルを一般マーケットにおいて販売できるのも、ライカだからこそ。

悩みに悩んで発売から約半年。

ついに、手にしてしまった。

null

他のM型デジタルと同様、今まで愛用してきたレンズは、一部を除いてそのまま活用できる。

まず、情報量がとてつもなく多いRAWデータに驚かされた。

現像ソフトで処理する際は、ネガフィルムを紙焼きする暗室作業と同様、

シャドーからハイライトにかけての調整作業が楽しませてくれる。

現像ソフトのスライダーを少しでも動かすと浮き上がる、シャドー部に隠されていたもの。

拡大すると気付かされる、恐ろしいほどの解像感。

目を疑うような高感度ノイズの少なさ・・・

フィルムを用いた撮影とは、また違った世界がそこには広がっていた。

私は、自分の選択が間違っていなかったことを確信した。

“M Monochrom”はモノクロ撮影派にとって、最高のパートナーであると。

null

M Monochromのライカ社における開発コードネームは“Henri”

そう、偉大なる写真家・・・アンリ・カルティエ=ブレッソンの名前が冠されていたのだ。

私もこの漆黒のカメラで『決定的瞬間』を捉えることができるだろうか。



To be continued.


(文責/写真:R.Hirokawa)



Leica M Monochromボディの詳細・webからのご注文は⇒コチラからどうぞ。

こんなコンセプトのカメラは、もう二度と出てこないかもしれませんよ。







↓クリックで1票!

[ Category: Leica|掲載日時:2013年04月05日 10時50分]

面白いと思ったらコチラをClick!176票


【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4 50mmノ比較 その②

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4 50mmノ比較 その②[2019年12月31日]

We are Summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズ...
続きを読む
Leica SL2+スーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.

【Leica】SL2の所感[2019年12月24日]

今回、発売して間もないLeica SL2を使用する機会がありましたので、使用感などをレポートいたします。 まず手にもって驚いたのが、「持ちやすさ」です。 ともすると日本人の手には大きすぎた感もある前作「SL」と違い、しっかりと抉れのついたグリップは長時間の撮影でも疲れを感じさせないものでした。 大柄なスーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.をマウントしても、まるで手に吸い...
続きを読む
Leica M3×ズマロン M35mm F2.8 眼鏡付

【Leica】東京下町×モノクロ×M3[2019年12月21日]

Leica M3/Summaron M35mm F2.8 眼鏡付/フィルム:Adox Silvermax(以下すべて同じ) 令和の時代になっても昭和レトロな雰囲気が残る東京の下町。 時代の流れとともに多くの地域で再開発が進み変貌していく中で、その雰囲気を写真に残したいという思いでカメラを向けました。 今回撮影に行ったのは東京都葛飾区立石。 京成立石駅の周辺では再開発計画があり、数年前に訪れた際より建物の取り壊...
続きを読む
ところにより霧雨

【Leica】ところにより霧雨、空を覗く[2019年12月01日]

日に日に朝の冷え込みが 厳しくなる今日この頃、 瞼を擦る冷たい手で冬の到来を感じます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は先のモノクロ記事で あえて触れなかったレンズになりますが 改めて紹介させていただきたく存じます。 またお付き合いいただけると幸いです。 皆様にとって標準レンズとは どういったものを想像されるでしょうか。 目でみえるすべて...
続きを読む
【11月30日はカメラの日】私の答えは『Leica M9』

【11月30日はカメラの日】私の答えは『Leica M9』[2019年11月30日]

  11/15より始まったブログ企画『11月30日はカメラの日』。そのタイトルに掲げられている本日11/30は、今から42年前の1977年(昭和52年)に小西六写真工業(コニカ)が世界初のオートフォーカス搭載カメラ「コニカC35AF」を発売した日です。 今やオートフォーカス技術は格段に進化しました。AIと組み合わせることによってカメラが被写体を自動認識し、手動で行うマニュアル...
続きを読む