Select Language

【Nikon愛】Nikon F2

[ Category: Nikon|掲載日時:2013年04月07日 19時20分]
メーカー愛スプリングバトルNikon編

写真を始めたばかりの頃、カメラは絶対Nikon!!な人に
写真やカメラ、自家現像、プリントを教えてもらっていました。


長らく借りていたF3を返すことになり、
ついに自分のカメラを買うことになりました。

当時、今から10年ほど前のF3はまだまだ高嶺の花。
肩からぶら下げて歩いているだけで、
カメラをご存知の方は振りかえるようなカメラでした。

F3の打ち立てた、燦然と輝く金字塔に圧倒されそうで、
自分のカメラにF3という選択肢はなくなっていました。

そうなると、FかF2。
しかし、F3のファインダーの見やすさ、手にしっくりなじむグリップの感触、
段階巻上げの滑らかさ...。
最初にフラッグシップ機を使ってしまったら、
もう後には戻れないのではないだろうか...。

null


早速新宿にある「マップカメラ」に行ってみました。あは

まずFを手に取り、シャッターを押してみる。
ん~、シャッターボタンの位置がストレスだぁ。
フィルムを装填してみる...あっ!ガシャ。裏蓋ごと外れるんだ。
不器用な私には使いこなせそうにないので却下。

F2を手にとってみる。
フォトミックファインダーの単純な露出表示に好感がもてます。
シャッターボタンの場所も押しやすく、
裏蓋も蝶番で止まり、フィルムの交換もらくらく。

なにより、F3のようなカメラに圧倒される感覚もなく
気軽に持ち歩けるような気がしました。



null


いつしか、フォトミックファインダーから
アイレベルファインダーに交換して、より精悍なF2になっています。

どこに行くにも連れ出していたF2。
完全機械式なところがとっても信頼できて、長旅にも連れて行きました。
F3に負けず劣らずの視界良好のファインダー。

中に詰めていたのは、常にコダックのトライX。
F2とトライXの組み合わせが、
実力以上の写真を撮らせてくれる様な気がしていました!


カメラボディ上面左にシリアルナンバーが刻印されています。
少しだけ私より年上のF2。

null

そんなところにも親近感をもっています。

コンパクトカメラやデジタルカメラを使うようになって、
ついにF2が大きく感じるようになりました。
出番はずいぶんと少なくなってきたけれど、
それでもやっぱりここぞ!って時はF2しかない。

街行く人の肩から下げられているカメラがNikon F2だった時、
中に詰めてあるフィルムはモノクロであって欲しい!
できればトライXであって欲しい!

null








↓クリックで1票!

[ Category: Nikon|掲載日時:2013年04月07日 19時20分]

面白いと思ったらコチラをClick!187票


D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む
ライカ ブティック 7周年

LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 7th Anniv.[2020年02月20日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 今回、7周年の感謝を込めて、...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZE

【Carl Zeiss 】 Milvus 50mm F2 M ZEで写す風景[2020年02月20日]

みなさんは神社やお寺に足を運ぶ機会は、どのくらいありますか。 私は初詣やちょっとした出先に、それも時間に余裕がある時でもない限り、その土地の神社やお寺に行くことは中々ありませんでした。 神社巡りや御朱印集めが趣味として人気を集める中、私は何かきっかけが無ければ、神社やお寺に訪れることはほとんどありません。 そんな中、突然ですが浅草に行く機会がありましたので、久しぶりにカ...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む