【LEICA愛】LEICA M-Eのグレーなお話 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【LEICA愛】LEICA M-Eのグレーなお話 | THE MAP TIMES
Select Language

【LEICA愛】LEICA M-Eのグレーなお話

[ Category: Leica|掲載日時:2013年04月10日 16時00分]
メーカー愛スプリングバトルLEICA編



さてさて、LEICA愛を語る夕べ、もといBlogもぞくぞくと増えて参りました。
志を共にする記事を見ると、嬉しくなってしまいます。


さて、LEICAデジタルMボディも"M9"から"M"、"M-E"、"Monochrom"の3ラインにリニューアル!
2012年のPhotokinaで登場して以来、待ち遠しかった新しいLEICAデジタルボディ達…
いや〜愛してやまない者としては、長い長い日々でした。
(もちろん買える、買えないは別ですけれどw)

そこで個人的に気になっていたのは"LEICA M-E"、そのボディカラーが…
何と過去の軍用ボディを考えて造られたと言うではないですか…!!



こちらがその、魅惑のグレーボディ。心を惑わせるその色合い。

フォトキナ2012で伺った、ライカカメラAGのプロダクトマネージャーStefan Daniel氏の
『僕はこのグレーが好きなんだ、カッコイイだろう!』という発言…!
もちろんでございます!

カッコイイからこの色、というのは素晴しいですね。売れる・売れないじゃなく"カッコイイ"!
うーん好きだなぁ。。


さてさて、でも実際このグレーはどれだけ過去の軍用モデルに近いのでしょう?
せっかくなので、ここは一つ比べてみる事に致しましょう!



ジャーン!という事でLEICA IIIcグレーモデルをご用意しました!

このIIIcグレーモデルは第二次世界大戦中に生産されたモデルです。グレーペイントであるのは
戦時中のためクロームメッキの素材が貴重だったという話や、カモフラージュの為など諸説ございます。
軍用だと『luftwaffen eigentum』と刻印があったりしますね。これは『空軍所有物』を示します。

この時期のLEICAには『赤幕』や『W.H』、『段付き』やグレーでも様々なバリエーションがある時代で、
それを調べているのもなかなか楽しいのですが今回は脱線するのでここまでにします。

さて、『LEICA M-E』のグレーはどんなグレーなのか!
さっそく見てみましょうこちらです!



グレーの色合いは似ている気がしますね…ただ少し、IIIcの方が色が濃い様です。ブルーがかった"M-E"のグレーは
ここから来ているのでしょうか。ただIIIcは時代を経ているので、厳密な事は言えません。



第二次世界大戦を乗り越えてきた『IIIc』、デジタルとなって生まれ変わった最新の『M-E』、
そしてレンズはエルマーの新旧…
ここには歴史が、そしてロマンがありますね…これぞまさにロマンスグレ…いえ、これはみなまで言いますまい。




A型から最新のデジタルボディまで、多くの人々に愛されているLEICA。それぞれのボディにそれぞれの物語が存在します。
撮って良し、眺めて良し、そして調べて良しのまさに楽しみが詰まっているLEICA。こんなカメラ、ちょっとなかなか無いものです!!




↓クリックで1票!

[ Category: Leica|掲載日時:2013年04月10日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!176票


SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む