【SONY愛】METABONES製 SPEED BOOSTERを使って見ました。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY愛】METABONES製 SPEED BOOSTERを使って見ました。

[ Category:SONY|掲載日時:2013年04月06日 17時15分]

メーカー愛スプリングバトルSONY編



今月は【愛】語るということで
「SONY」製品を使った情報も【SONY愛】
入れさせて頂きます。
どんどん「クリック」して下さい!!

今回は「METABONES製 SPEED BOOSTER」「SONY Eマウント」用を試してみました。
METABONES製 SPEED BOOSTER
METABONES製 SPEED BOOSTER/SONY Eマウント用(レンズはCanon EF)

写真を見ていただくとレンズが入っているのが分かると思います。
4枚のレンズが入っており、画角を0.71倍にします。
35mmのレンズを装着すると24.85mm相当になり、
「SONY NEX-5R」に装着すると24.85 X 1.5倍になりますので
37.275mm相当でほぼ画角が同じになります。
そして、本来35mmフイルムサイズのイメージサークルをカバーする光を、
より狭いAPS-Cサイズのイメージサークルに集約する。
光量は変化しないため、ひとまわり小さい範囲によりたくさんの光が集まり、
結果として1段分明るくなるとのことです。
1段分明るくなるので「SPEED BOOSTER」と名づけられたとの事です。
電子接点もありますので「Canon EFレンズ」では絞り及び一部のレンズではオートフォーカスも動作します。

では、早速「Canon EF35mm F2 IS USM」で試してみましょう。
「SPEED BOOSTER」に「Canon EF35mm F2 IS USM」を装着
「SPEED BOOSTER」に「Canon EF35mm F2 IS USM」を装着

使用するカメラ「NEX-5R」
NEX-5Rに装着
NEX-5Rに装着

「SPEED BOOSTER」に取外し可能の三脚座があります。
フォーカスポイントを中央に設定して絞り開放
シャッターを半押しで
シャッター半押しの状態
シャッター半押しの状態

画像を見ていただく「NEX-5R」の液晶モニターの左下の
絞りの数値が「F1.4」を表示しております。
「開放F2」のレンズですので1段分明るくなっているのが分かります。
そして、液晶モニターの真ん中の
フォーカスフレームが緑色になっているのも分かります。
オートフォーカスが動作してピントが合っている状態を表しています。
液晶モニター部分の拡大
液晶モニター部分の拡大

絞りの設定を絞って撮影しますと
レンズの絞り羽根が動作します。
レンズの絞り羽根が動作している状態
レンズの絞り羽根が動作している状態

今までのマウントアダプター(SONY純正以外)殆どマニュアルですが
「METABONES製 SPEED BOOSTER」だとほぼ専用レンズと同じ使用感です。

最後に撮影した画像の比較です。
左が「NEX-5R」で撮影した画像、右側が「Canon EOS5D MarkIII」撮影した画像です。(クリックしますと拡大します。)
NEX-5R SPEED BOOSTER EF35mm F2 IS USMEOS 5D MarkIII EF35mm F2 IS USM
撮影データは「NEX-5R シャッター速度1/500 絞り値F1.4 感度100 WBオート
EOS5D MarkIII シャッター速度1/100 絞り値F2.0 +1.0 感度100 WBオート
画角はほぼ同じです。ボケもそれほど違いが有るとは思われません。

最後にマウントアダプターをご使用際には無理にカメラ・レンズの装着はしないで下さい。
カメラ・レンズの故障原因になりますので十分ご注意下さい。


「METABONE」製「SONY NEX」用マウントアダプターは「Canon EFレンズ」用以外「YASHICA/CONTAX」用等ご用意しております。
商品のお問い合わせはマップカメラ本館3階までお願い致します。

Tel 03-3342-3381≪本館代表≫

皆様のご来店・お問い合わせを心からお待ちしております。


↓クリックで1票!

[ Category:SONY|掲載日時:2013年04月06日 17時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G ☆9/19写真追加しました☆ 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]