【Panasonic愛】僕のGirl Friendを紹介します。 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【Panasonic愛】僕のGirl Friendを紹介します。 | THE MAP TIMES
Select Language

【Panasonic愛】僕のGirl Friendを紹介します。

[ Category: Panasonic|掲載日時:2013年04月08日 14時48分]
メーカー愛スプリングバトルPanasonic編




null

こんにちは!
【Panasonic愛】です。

愛 という事で

今回はガールフレンドと一緒に撮影に行ってきました。
そんな私生活をブログに載せるなって?
すいません、でも紹介しちゃいます。
という訳で、可愛いこの子です。

じゃん。




null

。。。
Girl Friend 。。。
頭文字だけ取るとGF。。

本当はもっと引っ張るつもりでしたが
視線が痛いので耐えられませんでした。。。

はい、という訳で今回は
この DMC-GF1 と 名玉と名高い Lumix 20mm F1.7 で
散歩してきました。

このDMC-GF1 今では動画の性能が優れていると知れ渡っている
Panasonic のミラーレスですが実は動画機能が搭載されたのは
このDMC-GF1 からなんです。
最初に出た DMC-G1 には動画機能が搭載されていないんですね。
私自身、全機種に搭載されていると勘違いしていたので知った時は
軽い衝撃でした。

そしてこのカメラ、2009年発売という流れの速いデジタルの世界では
だいぶ前のモデルにも関わらず、現在も多くの方に愛されているカメラです。
そしてレンズキット DMC-GF1C というセットで一緒に発売になった
Lumix 20mm F1.7 もパンケーキの薄さでありながら開放からシャープに撮れるレンズです。
写り、携帯性、値段、コストパフォーマンス的に
今でも最も人気のあるPanasonicの看板レンズといっても
言いすぎではないのではないでしょうか。

null

個人的にこのDMC-GF1の「フィルムモード」が好きです。
カラーで「スタンダード」「ダイナミック」「ネイチャー」「スムーズ」「バイブラント」「ノスタルジック」
モノクロで「スタンダード」「ダイナミック」「スムーズ」
が選ぶ事が出来ます。

何が好きか、というと この名称を選んだ事です。
特に、」「ネイチャー」「スムーズ」「バイブラント」「ノスタルジック」
こんな言葉で色味を表現するというそこに惹かれます。

ノスタルジック、、そんな言葉を出されたらちょっとそれで
撮ってみたくなりませんか。。?浪漫、感じますよね?
と言いつつ好みが「ネイチャー」「スムーズ」だったりするんですけど。
今回の撮影ではほとんど「ネイチャー」「スムーズ」です。

null

そして基本的に絞って撮影したんですが
たまにF1.7で撮影してみるとこのレンズのボケが
個人的に気に入ってF1.7を多用いたしました。。

null

実はこの日カメラを二台持って散歩していたのですが
どちらもコンパクト。二台持って歩くという事があまり
ストレスにならないで撮影出来ました。
携帯性って日常の撮影をするのにはすごい大事な部分ですよね。
いつも持ち歩く、自分にとっての「いつもの」の記憶を記録出来る
っていうのは、その時はなんでもない事でも
大掃除した時、見つけたアルバムを掃除放棄してずっと見てしまう、、
っていうのと同じでなんだか感慨深いものがあるんじゃないでしょうか。

null

null

さて、今回DMC-GF1を使ってみて色々と調べていると
今でもDMC-GF1を現役で使い続けている【Panasonic愛】な
方々が本当に沢山いらっしゃるという事でした。
そんな方々の作例から伝わる愛からしたら僕は霞んでしまいますね。

カメラは道具です。
でもカメラは相棒にも恋人にも出来ない
自分の感じた世界を切り取ってくれるという事を一緒にやってくれる
かけがえない存在です。
大袈裟だけど、言いすぎでもない。と思ってます。

そういう親密度で言うならば
僕とこのGFはまさにまだまだGirlFreind(女友達)くらいですね。
さあ、ちょっと気持ち悪くなってきたところで
おしまいにさせていただきます。

自分にしか撮れない一瞬を
自分が好きなカメラでぜひ撮ってくださいませ。

null

今回使用したレンズはこちら↓↓
Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.(H-H020)

DMC-GF1の入荷は少ないですが・・・↓↓
Panasonic DMC-GFシリーズ




↓クリックで1票!

[ Category: Panasonic|掲載日時:2013年04月08日 14時48分]

面白いと思ったらコチラをClick!147票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む