【Panasonic愛】僕のGirl Friendを紹介します。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Panasonic愛】僕のGirl Friendを紹介します。

[ Category:Panasonic|掲載日時:2013年04月08日 14時48分]

メーカー愛スプリングバトルPanasonic編




null

こんにちは!
【Panasonic愛】です。

愛 という事で

今回はガールフレンドと一緒に撮影に行ってきました。
そんな私生活をブログに載せるなって?
すいません、でも紹介しちゃいます。
という訳で、可愛いこの子です。

じゃん。




null

。。。
Girl Friend 。。。
頭文字だけ取るとGF。。

本当はもっと引っ張るつもりでしたが
視線が痛いので耐えられませんでした。。。

はい、という訳で今回は
この DMC-GF1 と 名玉と名高い Lumix 20mm F1.7 で
散歩してきました。

このDMC-GF1 今では動画の性能が優れていると知れ渡っている
Panasonic のミラーレスですが実は動画機能が搭載されたのは
このDMC-GF1 からなんです。
最初に出た DMC-G1 には動画機能が搭載されていないんですね。
私自身、全機種に搭載されていると勘違いしていたので知った時は
軽い衝撃でした。

そしてこのカメラ、2009年発売という流れの速いデジタルの世界では
だいぶ前のモデルにも関わらず、現在も多くの方に愛されているカメラです。
そしてレンズキット DMC-GF1C というセットで一緒に発売になった
Lumix 20mm F1.7 もパンケーキの薄さでありながら開放からシャープに撮れるレンズです。
写り、携帯性、値段、コストパフォーマンス的に
今でも最も人気のあるPanasonicの看板レンズといっても
言いすぎではないのではないでしょうか。

null

個人的にこのDMC-GF1の「フィルムモード」が好きです。
カラーで「スタンダード」「ダイナミック」「ネイチャー」「スムーズ」「バイブラント」「ノスタルジック」
モノクロで「スタンダード」「ダイナミック」「スムーズ」
が選ぶ事が出来ます。

何が好きか、というと この名称を選んだ事です。
特に、」「ネイチャー」「スムーズ」「バイブラント」「ノスタルジック」
こんな言葉で色味を表現するというそこに惹かれます。

ノスタルジック、、そんな言葉を出されたらちょっとそれで
撮ってみたくなりませんか。。?浪漫、感じますよね?
と言いつつ好みが「ネイチャー」「スムーズ」だったりするんですけど。
今回の撮影ではほとんど「ネイチャー」「スムーズ」です。

null

そして基本的に絞って撮影したんですが
たまにF1.7で撮影してみるとこのレンズのボケが
個人的に気に入ってF1.7を多用いたしました。。

null

実はこの日カメラを二台持って散歩していたのですが
どちらもコンパクト。二台持って歩くという事があまり
ストレスにならないで撮影出来ました。
携帯性って日常の撮影をするのにはすごい大事な部分ですよね。
いつも持ち歩く、自分にとっての「いつもの」の記憶を記録出来る
っていうのは、その時はなんでもない事でも
大掃除した時、見つけたアルバムを掃除放棄してずっと見てしまう、、
っていうのと同じでなんだか感慨深いものがあるんじゃないでしょうか。

null

null

さて、今回DMC-GF1を使ってみて色々と調べていると
今でもDMC-GF1を現役で使い続けている【Panasonic愛】な
方々が本当に沢山いらっしゃるという事でした。
そんな方々の作例から伝わる愛からしたら僕は霞んでしまいますね。

カメラは道具です。
でもカメラは相棒にも恋人にも出来ない
自分の感じた世界を切り取ってくれるという事を一緒にやってくれる
かけがえない存在です。
大袈裟だけど、言いすぎでもない。と思ってます。

そういう親密度で言うならば
僕とこのGFはまさにまだまだGirlFreind(女友達)くらいですね。
さあ、ちょっと気持ち悪くなってきたところで
おしまいにさせていただきます。

自分にしか撮れない一瞬を
自分が好きなカメラでぜひ撮ってくださいませ。

null

今回使用したレンズはこちら↓↓
Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.(H-H020)

DMC-GF1の入荷は少ないですが・・・↓↓
Panasonic DMC-GFシリーズ




↓クリックで1票!

[ Category:Panasonic|掲載日時:2013年04月08日 14時48分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】E-M5MK2×梅雨色 2019年06月13日
雨の音。 夏の前の、気だるい6月。 この時期は毎年頭痛と戦う筆者です。 頭を抱えながら早く夏空が見たいと思う月。 こんな淀んだ気分になってしまう時期でも、好きなものがあります。 それはこの時期だけの色。音。 ƒ/3.5 1/60sec ISO-1000 梅雨は他の時期の雨とは違う、静かで少し暗みがかった青というイメージがあります。 雨の色、紫陽花の色、傘の色。 雨の影響か人が少なく、いつもは子供の声が聞こえる場所も雨音だけ。 そんな今だけの、非日常のような光景を今回はお届け出来たら...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]