【Panasonic愛】僕のGirl Friendを紹介します。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Panasonic愛】僕のGirl Friendを紹介します。

[ Category:Panasonic|掲載日時:2013年04月08日 14時48分]

メーカー愛スプリングバトルPanasonic編




null

こんにちは!
【Panasonic愛】です。

愛 という事で

今回はガールフレンドと一緒に撮影に行ってきました。
そんな私生活をブログに載せるなって?
すいません、でも紹介しちゃいます。
という訳で、可愛いこの子です。

じゃん。




null

。。。
Girl Friend 。。。
頭文字だけ取るとGF。。

本当はもっと引っ張るつもりでしたが
視線が痛いので耐えられませんでした。。。

はい、という訳で今回は
この DMC-GF1 と 名玉と名高い Lumix 20mm F1.7 で
散歩してきました。

このDMC-GF1 今では動画の性能が優れていると知れ渡っている
Panasonic のミラーレスですが実は動画機能が搭載されたのは
このDMC-GF1 からなんです。
最初に出た DMC-G1 には動画機能が搭載されていないんですね。
私自身、全機種に搭載されていると勘違いしていたので知った時は
軽い衝撃でした。

そしてこのカメラ、2009年発売という流れの速いデジタルの世界では
だいぶ前のモデルにも関わらず、現在も多くの方に愛されているカメラです。
そしてレンズキット DMC-GF1C というセットで一緒に発売になった
Lumix 20mm F1.7 もパンケーキの薄さでありながら開放からシャープに撮れるレンズです。
写り、携帯性、値段、コストパフォーマンス的に
今でも最も人気のあるPanasonicの看板レンズといっても
言いすぎではないのではないでしょうか。

null

個人的にこのDMC-GF1の「フィルムモード」が好きです。
カラーで「スタンダード」「ダイナミック」「ネイチャー」「スムーズ」「バイブラント」「ノスタルジック」
モノクロで「スタンダード」「ダイナミック」「スムーズ」
が選ぶ事が出来ます。

何が好きか、というと この名称を選んだ事です。
特に、」「ネイチャー」「スムーズ」「バイブラント」「ノスタルジック」
こんな言葉で色味を表現するというそこに惹かれます。

ノスタルジック、、そんな言葉を出されたらちょっとそれで
撮ってみたくなりませんか。。?浪漫、感じますよね?
と言いつつ好みが「ネイチャー」「スムーズ」だったりするんですけど。
今回の撮影ではほとんど「ネイチャー」「スムーズ」です。

null

そして基本的に絞って撮影したんですが
たまにF1.7で撮影してみるとこのレンズのボケが
個人的に気に入ってF1.7を多用いたしました。。

null

実はこの日カメラを二台持って散歩していたのですが
どちらもコンパクト。二台持って歩くという事があまり
ストレスにならないで撮影出来ました。
携帯性って日常の撮影をするのにはすごい大事な部分ですよね。
いつも持ち歩く、自分にとっての「いつもの」の記憶を記録出来る
っていうのは、その時はなんでもない事でも
大掃除した時、見つけたアルバムを掃除放棄してずっと見てしまう、、
っていうのと同じでなんだか感慨深いものがあるんじゃないでしょうか。

null

null

さて、今回DMC-GF1を使ってみて色々と調べていると
今でもDMC-GF1を現役で使い続けている【Panasonic愛】な
方々が本当に沢山いらっしゃるという事でした。
そんな方々の作例から伝わる愛からしたら僕は霞んでしまいますね。

カメラは道具です。
でもカメラは相棒にも恋人にも出来ない
自分の感じた世界を切り取ってくれるという事を一緒にやってくれる
かけがえない存在です。
大袈裟だけど、言いすぎでもない。と思ってます。

そういう親密度で言うならば
僕とこのGFはまさにまだまだGirlFreind(女友達)くらいですね。
さあ、ちょっと気持ち悪くなってきたところで
おしまいにさせていただきます。

自分にしか撮れない一瞬を
自分が好きなカメラでぜひ撮ってくださいませ。

null

今回使用したレンズはこちら↓↓
Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.(H-H020)

DMC-GF1の入荷は少ないですが・・・↓↓
Panasonic DMC-GFシリーズ




↓クリックで1票!

[ Category:Panasonic|掲載日時:2013年04月08日 14時48分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 2019年05月21日
のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。 喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。 カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。 私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは 撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。 このレンズが実現するボケ描写はあらゆる...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 2019年05月20日
先日リサイクルショップの陰にひっそりと転がっていた一つのカメラを購入しました。 本日はこのカメラについて書いていきたいと思います。 色々なカメラに興味が湧いてくると、最終的にたどり着くのがオールドカメラ。 そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか? この世の中には様々なメーカーのカメラやレンズたちが眠っていますが、多くは大量生産されたレンズやボディ、希少性があってもLeicaなどの高価な有名メーカーが占めており 生産数が少ない無名メーカーのカメラはな...
続きを読む
null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]