【Nikon愛】不変のマウント | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon愛】不変のマウント

[ Category:Nikon|掲載日時:2013年04月10日 12時00分]

メーカー愛スプリングバトルNikon編

「ニコンの魅力は?」と聞かれたら、真っ先に思いつくのが不変のFマウントではないでしょうか?
不変のFマウントのおかげで、今でもマニュアルカメラが残る凄いメーカーです。

私がカメラデビューしたのはニコンF4が発売された1988年。
フラッグシップのF一桁機もAF化された、まさにカメラの主流がMFからAFへ切り替わった時期でした。

ライバル各社がAF化を進める際にマウントごと一新したのに対し、ニコンはMF時代から続くFマウントをさらに進化させていきます。
そんなAFカメラの黎明期にに面白い製品がありました。その製品の名は「AFテレコンバーター TC-16AS」。
TC-16ASとF-501
1.6倍のテレコンバーター内にAF駆動レンズを搭載し、マスターレンズをリアフォーカシングをすることで、現存のMFレンズをAFレンズにしてしまうという代物です。
今まで培ってきたMF資産を捨てた他社をあざ笑うかのような製品に「ニコンって凄い」と感動したのを今でも覚えています。

Nikon F-501 +TC-16AS +Ai24mmF2s
最新カメラに慣らされた今、改めてこのテレコンを使ってみると遅いピント合わせに不満も感じますが、最近視力が落ちてきている筆者にとっては心強い機能です。
さらにレンズ固有の最短まで寄っても、テレコンのピント合わせ機能でもう一歩寄れるというおまけ付きで、楽しさも広がります。

Nikon F-501 +TC-16AS +Ai24mmF2s
Ai24mmF2sが38mm相当の画角に。
当時レンズが望遠側にシフトするのに抵抗がありましたが、APS-Cやフォーサーズサイズのデジカメに慣らされたおかげか、逆に使い勝手が良く感じるから不思議です。

Nikon F-501 +TC-16AS +Ai85mmF1.4s

強烈な逆光で絞ったら、想像以上にシャープな描写でビックリ!

Nikon F-501 +TC-16AS +Ai85mmF1.4s

Nikon F-501 +TC-16AS +Ai85mmF1.4s
25年以上、我が家に住み着いている相棒も最近は防湿庫の片隅で置物と化していました。
久しぶりの使用にまだ動くのか心配でしたが、なんの問題もなく作動しました。さすが丈夫さにも定評のあるニコン製品です。


このテレコンは急激に進むレンズのAF化により、F4とF-501の2機種にのみ対応してわずか数年で消えてしまいました。
それでもMFからAFへのつなぎ役としての功績は大きかったと思っています。
そして今もなお続くMFとの共存には驚くばかりです。

AF / MFで撮り比べてみるのも楽しいですよ!!

ニコンAFレンズは > こちら
ニコンMFレンズは > こちら



↓クリックで1票!

[ Category:Nikon|掲載日時:2013年04月10日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]