【Leica愛】 ライカ研究 ズミクロンM35mmF2 6枚玉 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica愛】 ライカ研究 ズミクロンM35mmF2 6枚玉

[ Category:Leica|掲載日時:2013年04月14日 17時30分]

メーカー愛スプリングバトルLEICA編


ライカは1913年に「UR LEICA(ウルライカ)」というカメラを試作してから
今年で100年を迎えようとしています。

日ごろみなさまがお使いの「カメラ」の原型といっても過言ではない
(中判クラス以上の大きなカメラを除く、ということです)
このライカを可能な限り掘り下げていこうと思います。
撮影とは全く関係のないこの不明瞭かつ危険なトンネルへレッツゴー

本日のテーマは「Leica ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)」。

突然ですがこのレンズを見て何かお気づきでしょうか。

null

そうです。6枚玉です。

Leica ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)は1969年から1979年にかけて生産されたモデルで、
大きく分類すると「ツノつきモデル」と「ツノなしモデル」の2種類に分類されます。
当初、絞り指標を動かすのに俗に言う「ツノ」をつまんで回すことにより
絞りの設定をする仕様になっていたのですが
「使いづらい」
という理由でクレームがあったそうです。

null

従来はこうなんですよ。
上の写真との違い、わかりますかね?!


よく見ていただくと判るのですが、絞り指標の位置が上と下では
位置が違うんです。
ここがクレームになったとされる原因なんです。

絞りの位置を示す指標、通常ボディに取り付けした際絞りの値を示す指標が
真上に来るのが普通なのですが・・・


null

それだと、設定値を「距離の表記を無限遠」「絞りをF2」にした場合
上の写真のように絞りの「ツノ」がピントリングのレバーに重なり
非常に動かしにくくなるんです。

null

もし、お手持ちのレンズの指標がずれていた場合、「不良」ではなく
後でライカ、もしくは修理業者でわざと絞りの位置をずらした可能性があるんです。
もちろん、指標は修理業者に依頼すれば従来の位置に戻すことも可能ですので
気にされる方は当店で修理の受付を承っております。お気軽にご相談くださいませ。

null


というわけで「ツノつきモデル」はすぐに後期タイプの「ツノなしモデル」に
変わっていくわけなんです。
ちなみにレンズ構成は変わっていないそうです。

今回ご紹介できなかったのですが、「ツノつきモデル」にはフィルターネジの
付いているタイプがあったり極初期の物にはフィルターネジが無いモデルも存在します。
これも「ツノ」以前にクレーム対象となりすぐフィルターネジは追加されます。
フィルターネジの無いモデルには「12504フード」を併用し、フードに「シリーズ7フィルター」を
挟み込んで使用するわけなのですが・・・

ご検討の際にはご注意下さい。
なお、極初期のフィルターネジなしモデルは数が少なく希少です。

大変ですね。

Leica ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)の在庫は ⇒⇒⇒ こちらをクリック



↓クリックで1票!

[ Category:Leica|掲載日時:2013年04月14日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】カラーフィルターを外して 2019年06月04日
シンプルにいたい今日この頃。 人は視覚からの色彩だけでなく 日々の言葉や経験から蓄積されていく色を介して また外の世界を見ていくのだと、思います。 summicron M90mm F2 グラスとコーラが別々で出てくるタイプの喫茶店にいました。 6月です。 早いもので入社して3ヶ月目に突入して、 めまぐるしく時が過ぎ去っていくのを感じます。 このままでは浦島太郎状態になるのではないかと不安になります。 summicron M90mm F2 Elmer L50mm F3.5 写りこみも、モノクロなら...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 2019年04月28日
あと数日で平成も終わり、新たな元号へと変わります。 今回のブログ企画の話が来て、所有しているカメラでちょうどいい話ができそうだと思いました。そのカメラは『Leica M9』。平成はフィルムからデジタルへ変わった時代。35mmフィルムカメラの歴史そのものとも言えるライカが作った、初のフルサイズセンサーを搭載したM型ライカになります。 M9の発売は今から10年前の2009年。1800万画素のコダック製ローパスレスCCDを搭載した伝統のMマウント・レンジファインダー機。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 2019年04月02日
桜の開花宣言から数日経ち、そろそろ見頃を迎えた3月30日。神奈川・鎌倉にて開催いたしました『花見月をライカと楽しむ 鎌倉の旅』のイベントをレポートいたします。 今回16名の参加者にお貸し出しをした機種は最新の『M10』と『M10-P』。レンズは35mmと50mmをご用意し、春の鎌倉を思い思いに撮影していただくイベントです。 新宿から貸切バスで移動し、一行は“鎌倉大仏”で有名な大仏殿高徳院へ。 ツアーの講師としてお招きしたのはプロカメ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]