【Leica愛】 ライカ研究 ズミクロンM35mmF2 6枚玉 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica愛】 ライカ研究 ズミクロンM35mmF2 6枚玉

[ Category:Leica|掲載日時:2013年04月14日 17時30分]

メーカー愛スプリングバトルLEICA編


ライカは1913年に「UR LEICA(ウルライカ)」というカメラを試作してから
今年で100年を迎えようとしています。

日ごろみなさまがお使いの「カメラ」の原型といっても過言ではない
(中判クラス以上の大きなカメラを除く、ということです)
このライカを可能な限り掘り下げていこうと思います。
撮影とは全く関係のないこの不明瞭かつ危険なトンネルへレッツゴー

本日のテーマは「Leica ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)」。

突然ですがこのレンズを見て何かお気づきでしょうか。

null

そうです。6枚玉です。

Leica ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)は1969年から1979年にかけて生産されたモデルで、
大きく分類すると「ツノつきモデル」と「ツノなしモデル」の2種類に分類されます。
当初、絞り指標を動かすのに俗に言う「ツノ」をつまんで回すことにより
絞りの設定をする仕様になっていたのですが
「使いづらい」
という理由でクレームがあったそうです。

null

従来はこうなんですよ。
上の写真との違い、わかりますかね?!


よく見ていただくと判るのですが、絞り指標の位置が上と下では
位置が違うんです。
ここがクレームになったとされる原因なんです。

絞りの位置を示す指標、通常ボディに取り付けした際絞りの値を示す指標が
真上に来るのが普通なのですが・・・


null

それだと、設定値を「距離の表記を無限遠」「絞りをF2」にした場合
上の写真のように絞りの「ツノ」がピントリングのレバーに重なり
非常に動かしにくくなるんです。

null

もし、お手持ちのレンズの指標がずれていた場合、「不良」ではなく
後でライカ、もしくは修理業者でわざと絞りの位置をずらした可能性があるんです。
もちろん、指標は修理業者に依頼すれば従来の位置に戻すことも可能ですので
気にされる方は当店で修理の受付を承っております。お気軽にご相談くださいませ。

null


というわけで「ツノつきモデル」はすぐに後期タイプの「ツノなしモデル」に
変わっていくわけなんです。
ちなみにレンズ構成は変わっていないそうです。

今回ご紹介できなかったのですが、「ツノつきモデル」にはフィルターネジの
付いているタイプがあったり極初期の物にはフィルターネジが無いモデルも存在します。
これも「ツノ」以前にクレーム対象となりすぐフィルターネジは追加されます。
フィルターネジの無いモデルには「12504フード」を併用し、フードに「シリーズ7フィルター」を
挟み込んで使用するわけなのですが・・・

ご検討の際にはご注意下さい。
なお、極初期のフィルターネジなしモデルは数が少なく希少です。

大変ですね。

Leica ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)の在庫は ⇒⇒⇒ こちらをクリック



↓クリックで1票!

[ Category:Leica|掲載日時:2013年04月14日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む
TeleElmare135mm+monochrom 【私のお気に入り】MMvol.3 2019年08月14日
前回に続きわたしのお気に入り『LEICA M Monochrom』 まだまだレンズを模索する日々、 今回は普段個人では使わない望遠を攻めてみました。 ここでいきなり【Tele Elmar135mm】を持ち出す事に。 ちなみにわたしが使っているモノクロームCCDタイプのもの ライブビューありません。AFもそこはM型、ありません。 いけるのでしょうか… よって撮ってみたり 眼圧の限界を感じながらも引いてみたり 通りがかりでやっていた阿波踊り とてつもなく混み合っていた...
続きを読む
嵐のち晴天、潮風にゆられて 【私のお気に入り】嵐のち晴天、潮風にゆられて 2019年08月09日
冷夏と呼ばれた先月からうって変わり 強い日差しと熱帯夜が続いております。 昼には蝉の大合唱が、夜には羽虫の演奏会が。 まさに日本の夏も本番となってまいりました。 冷たい物の摂りすぎにはご用心を。 さてこの度のお題目は【私のお気に入り】。 お気に入りの場所をお気に入りの機材と 【スーパーアンギュロンM21mm f4】で 数枚撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 電車に飛行機、バスに船。 ありとあらゆる交通手段を...
続きを読む
Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM 【私のお気に入り】M9-Pと長野への旅 2019年07月27日
先日のお休みに愛機のM9-Pを携えて日帰りで長野旅行に行ってまいりました。 東京駅から長野駅までは2時間弱ですが、朝食をとって旅行のプランを考えているとあっという間に到着しました。 Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM 長野といえば善光寺ということで参拝に訪れると、ながの祇園祭当日で御祭礼屋台巡行が行われておりました。 Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM 町内毎の屋台の賑やかなお囃子や舞を堪能することができました。 Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM ...
続きを読む
【私のお気に入り】広角ライカ! 【私のお気に入り】広角ライカ! 2019年07月23日
「ライカレンズのメジャーラインは35mmと50mm」という言葉を、よく耳にします。 確かにこの焦点距離は使い易い。銘玉も多い。 ですが筆者は、あえて28㎜をチョイスすることがままあります。 元はと言えば、インターネット上での作例が少なかった為に「自分で使ってみよう」と思い立った所から始まったのですが、今ではすっかりお気に入りになりました。 今日はそんな私のおすすめレンズであるズミルックス M28mm F1.4 ASPH.についてお話ししたいと思います。 まずこのレンズ、フィルターの装着...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]