【Nikon愛】3種類のフォーマット | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon愛】3種類のフォーマット

[ Category:Nikon|掲載日時:2013年04月13日 12時00分]

メーカー愛スプリングバトルNikon編

現在ニコンからは、センサーサイズの異なる3種類のレンズ交換式デジタル一眼カメラが発売されています。

135フォーマットの画角とボケ味、高感度、広ダイナミックレンジ性能を求めた35mmフルサイズのFXフォーマット。
機動性、操作性と画質のバランスを重視したAPS-CサイズのDXフォーマット。
スピーディーなパフォーマンスと、ボディだけではなくレンズも小型軽量化した1インチサイズのCXフォーマット。
それぞれに魅力を感じる素晴らしいラインアップです。

センサーサイズが異なるとレンズの画角に差が生じるため、それぞれに撮影用途に合った画角のレンズを用意しなくてはならないという不便さもありますが、統一マウント採用(CXフォーマットのみ要マウントアダプター)のニコンなら、1本のレンズで3通りの画角が楽しめるといった逆の発想が成り立ちます。

そこで今回は、ボディ1台に対してレンズ3本という組み合わせではなく、レンズ1本に対しボディ3台という形で撮影に挑戦してみることにしました。
ボディ3台にレンズ1本で出発
今回チョイスしたレンズは「AF-S Micro 60mm F2.8G ED」。
小型軽量のCXフォーマットのカメラに装着してもバランスを損なわない小型軽量サイズで、描写力に定評のあるマイクロレンズです。

まずはセンサーサイズによる画角差の確認から。
FXフォーマット60mm
FXフォーマット60mmの画角(Nikon D4 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED)

DXフォーマット90mm相当
DXフォーマットでの90mm相当の画角(Nikon D7100 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED)

CXフォーマット162mm相当
CXフォーマットでの162mm相当の画角(Nikon 1 V2 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED +マウントアダプターFT1)

見事1本のレンズで、標準・中望遠・望遠と3段階の撮影が可能になりました。
Nikon D4 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon D4 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED

Nikon D4 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED
絞り:F3.2 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon D4 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED


先日のファームウェアの更新で画像の鮮鋭感、立体感が向上した「D4」。FXフォーマットの大きなボケ味で被写体をグッと持ち上げています。小雨が降り始めたウエットな空気感など質感描写も素晴らしいです。



Nikon D7100 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon D7100 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED

4960759136770Nikon D7100 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED
絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon D7100 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED


今回使用した3機種の中で最高画素数を誇る「D7100」も素晴らしい描写です。花びらのグラデーションなど細部までよく写っています。



Nikon1 V2 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:Nikon 1 V2 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED + マウントアダプターFT1

Nikon1 V2 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:160 / 使用機材:Nikon 1 V2 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED + マウントアダプターFT1


CXフォーマットの「Nikon 1 V2」も大健闘。ボケの中に少しザラザラとしたものも感じれますが、メインの被写体は細部までよく描写しています。なにより162mm相当の焦点距離で20cm前後まで寄れるのが凄いです。


と、まあ「ズームレンズ使えばいいのに...」と思うような馬鹿な実験も、重い機材にへこたれずチャレンジするのが私のメーカー愛です!!



ニコンデジタル一眼カメラのショッピングは > こちら


↓クリックで1票!

[ Category:Nikon|掲載日時:2013年04月13日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Motorsports photo #8 【増税前にデビュー】アートな世界へお散歩に 2019年09月23日
【増税前にデビュー】アートな世界へお散歩に SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0 8月から続いた暑さも和らぎ、ふらっとカメラ片手に出歩きたくなるような、秋風が心地よい季節になりました。 まだまだ紅葉には少し早いですが、写真撮影を行うには最高のベストシーズンの到来です。 ちょっとした用事で都内に行く機会があり、カメラ片手に銀座で行われている金魚のアートアクアリウムと渋谷の万華鏡展に行ってきました。 アートアクアリウムは最終日が近かったせいか会場は大賑...
続きを読む
Motorsports photo #8 【増税前にデビュー】Motorsports photo #8 2019年09月23日
「ミラーレスカメラでモータースポーツデビュー」 筆者は6年ほどNikon D4でモータースポーツを撮影しておりましたが、ここ1年ほどはミラーレスカメラで撮ることが多くなっています。 筆者がミラーレスカメラに移行し始めた理由は、機材の軽量化とファインダーが見やすいという点から。 サーキットでは1日中、様々なコーナーから撮影をするので、ボディが軽くなることはとても助かります。ですが筆者が移行を決めた1番の理由は小型軽量よりも、ファインダーの見やすさなのです。このことだけでミラーレスカ...
続きを読む
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]