Select Language

【OLYMPUS愛】いつでもそばに「PEN S」を。

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2013年04月16日 21時20分]
メーカー愛スプリングバトルOLYMPUS編




今回のオリンパス愛は、

OLYMPUS 【PEN S】

との思い出についてお届けします。


null


OLYMPUSのPENシリーズは、1959年にハーフサイズカメラとして生まれました。

「ハーフサイズ」とは、多くのカメラで使用される35ミリ判(フルサイズ)のフィルムを
半分のハーフ判で使用するカメラの事を呼びます。




現在では「PEN」の名前は、デジタルカメラとして多くの人に愛されていますが、

今回ご紹介する【PEN S】は、PENとして2代目の世に出たカメラになります。


null


現像したフィルムはこんな感じ。

半分の小ささで撮影を行うので、撮れる枚数は通常の2倍になります。



36枚撮りのフィルムが、2倍の72枚撮りフィルムに。

フィルム代も現像代もお得な、お財布にやさしいカメラでした。。



PEN Sには露出計もオートモードも搭載されていないので、

ネガフィルムを入れて、露出などは適当に勘で撮影するのが楽しいカメラだとも思います。





一昨年の夏、私は海が好きな妻といっしょに神奈川県の江ノ島へと散歩に出かけました。

null


この日はとってもよく晴れた絶好のお散歩日和。
うきうき気分でデジタル一眼レフを構えた私は、愕然としました。
なんと、バッテリーがカメラに入っていなかったのです。

バッテリーの入っていないデジタルカメラなどただの重たい荷物ですよね。。



絶好の日に、何をやっているんだ俺は!
…と、情けなくて申し訳なくて、穴があったら入りたい。この世の終わりです。

そんなやるせない気持ちでカメラを鞄にしまうと、鞄の中でちいさなシャッター音が聞こえました。


「・・・!!」


それは、お散歩カメラとして鞄に忍ばせておいたPEN Sのシャッター音でした。

null null

null null


露出計も無い。

入れたフィルムの感度が100だったか400だったかも分からない。



そんな状況でありながらも「OLYMPUS PEN S」は、
ZUIKOレンズはハーフサイズとは思えない描写で大切な瞬間を写し撮ってくれました。


null


私の巻き上げ失敗による多重露光写真もフィルムカメラならでは。

あったかい気持ちになります。


null

思い出すことも悲しくなるはずだった小旅行が、

「OLYMPUS PEN S」のおかげでいつでも思い出せる幸せな思い出になりました。






私は今でも、お出かけには「PEN S」を必ず連れています。






OLYMPUS PENシリーズは → コチラ


フィルムのPENは → WEST2階。

デジタルのPENは → WEST3階まで。


Tel.03-3342-3382(WEST代表)






↓クリックで1票!

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2013年04月16日 21時20分]

面白いと思ったらコチラをClick!165票


ライカ ブティック 7周年

LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 7th Anniv.[2020年02月20日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 今回、7周年の感謝を込めて、...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZE

【Carl Zeiss 】 Milvus 50mm F2 M ZEで写す風景[2020年02月20日]

みなさんは神社やお寺に足を運ぶ機会は、どのくらいありますか。 私は初詣やちょっとした出先に、それも時間に余裕がある時でもない限り、その土地の神社やお寺に行くことは中々ありませんでした。 神社巡りや御朱印集めが趣味として人気を集める中、私は何かきっかけが無ければ、神社やお寺に訪れることはほとんどありません。 そんな中、突然ですが浅草に行く機会がありましたので、久しぶりにカ...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む