Select Language

【Nikon愛】Nikonと戦艦大和

[ Category: Nikon|掲載日時:2013年04月17日 15時25分]
メーカー愛スプリングバトルNikon編




平和を愛し、カメラを愛し、妻を愛する私ですが、カメラと戦争の歴史というのは切っても切り離せない関係でもあります。

ニコンこと日本光学工業は大正時代に設立された歴史ある光学メーカーです。


ニコン製カメラが生まれる前は狙撃銃用の狙撃眼鏡、双眼鏡の製作などの光学製品を作っていました。

昭和初期には東京光学(現・トプコン)・高千穂光学(現・オリンパス)・富岡光学(現・京セラオプテック【ヤシカ・コンタックス】)・榎本光学(現・富士フイルム)などとともに日本軍の光学兵器を開発・製造をしています。

有名な「陸(陸軍)のトーコー(トプコン)・海(海軍)のニッコー(ニコン)」と言われたのもこの頃です。


1941年、日本軍は当時の建艦技術の粋を集めて連合艦隊の旗艦を建造します。
史上最大の戦艦大和の誕生です。

戦艦大和には『倒分像立体視式十五米二重測距儀』といわれる光学機器が搭載されていました。

左右に離れた2個の対物レンズで取り込んだ画像を接眼レンズから覗き込み、左右の画像を重ね合わせて距離を測定する。

そう、レンジファインダーカメラの距離計と同じ仕組みです。


ただし、その距離計の大きさはカメラと比べて桁外れ。

『十五米』とあるようにその大きさは15m
測距範囲は5,000~50,000m
操作も5~7名で行う巨大なものでした。

その『倒分像立体視式十五米二重測距儀』を作ったのが日本光学工業、ニコンなのです。

同じ測距儀は大和型戦艦の二番艦・戦艦武蔵にも搭載されていました。




後のニコンSPなどのレンジファインダーカメラにも
もしかすると『倒分像立体視式十五米二重測距儀』の経験や技術が生かされているかも知れません。


戦争や兵器の技術が善だ悪だという話とは別に
戦艦大和とニコンの歴史的つながりにロマンを感じてしまいますね。


ニコンのレンジファインダーカメラは⇒⇒⇒ コチラから

↓クリックで1票!

[ Category: Nikon|掲載日時:2013年04月17日 15時25分]

面白いと思ったらコチラをClick!217票


D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
D780徹底レポート!

【D780徹底レポート!】第二回 魅惑のDタイプレンズ[2020年02月12日]

この度発売となったD780、その魅力をマップカメラNikon担当スタッフがご紹介するブログ連載の第二弾。 第二弾でご紹介するのはDタイプとも呼ばれる、カメラ内蔵モーターによってAFを駆動させるレンズ3種とD780の組み合わせです。 DタイプレンズはZシリーズでもマウントアダプターFTZを介することで装着することができますが、内蔵モーターがないためAFは駆動しません。しかし、Fマウントを受け継い...
続きを読む
D780 + 24-85/3.5-4.5G VR

【D780徹底レポート!】第一回 鉄板標準ズームでお散歩[2020年02月05日]

Nikon D780 × AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G ED VR 【 1/640 | f4.5 | ISO 100 】 今年のNikonは年明け早々からカメラ業界を賑やかしてくれました。 およそ6年の間を空け、 ミドルレンジのデジタル一眼レフとして待望の新型機が登場しました。 D780。 760でも770でもない、圧倒的な進化を遂げた最新機。 このD780の魅力をいろんな視点からレビューすべく、 マップカメラ本館のNikon担当フロ...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む