Select Language

【PENTAX RICOH愛】PENTAXの便利な機能です。2

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2013年04月30日 10時35分]
メーカー愛スプリングバトルPENTAX RICOH編



前回は前置きで終わってしまいましたので
今回は「ハイパー(Hyper)」系の機能の説明です。

ハイパーマニュアル(Hyper M)
撮影モードが「M(マニュアル)」の場合
露出計などがないと基準値がなく
シャッター・絞り値を変更しながら
露出バー等を見ながら適正値にします。
この動作が結構面倒だと思います。
この面倒な動作(この動作が良いと言う方・・・)をしないですむのが
ハイパーマニュアル(Hyper M)」です。
グリーンボタン」を押すことで
プログラムライン上の適正値を表示します。
Z-1P Hyper MK-5II Hyper M
「ハイパーマニュアル(Hyper M)」左「Z-1P」右「K-5II」

K-5II/IIs」ですとプログラムラインも6種類から選べます。
プログラムライン選択画面
「K-5II」のプログラムライン選択画面

後はシャッターダイヤル・絞りダイヤルを使って
ご自分の好み撮影が出来ます。
グリーンボタン」を再度押すと適正値に戻ります。
私は「プログラムライン・MTF/スポット測光」でよく使用します。
グリーンボタン」を押すことで
高度の反射式露出計が動作する」ということです。

ハイパープログラム(Hyper p)
撮影モードが「P(プログラム)」の場合で
グリーンボタン」を押すことで
プログラムライン上の適正値が表示されるのは
ハイパーマニュアル(Hyper M)」と同じです。
Z-1P Hyper PK-5II Hyper P
「ハイパープログラム(Hyper P)」左「Z-1P」右「K-5II」

この時に「絞りダイヤル」を使って絞りを変更すると
絞り優先オート(AV)」に移行し「ハイパーAV(Hyper AV)」モードになります。
Z-1P Hyper AVK-5II Hyper AV
「ハイパーAV(Hyper AV)」左「Z-1P」右「K-5II」

逆のパターンで「シャッターダイヤル」使用すると
シャッタースピード優先オート(SV)」に移行して「ハイパーTV(Hyper TV)」モードになります。
Z1p Hyper TVK-5II Hyper TV
「ハイパーTV(Hyper TV)」左「Z-1P」右「K-5II」

そして「ハイパーAV(Hyper AV)」の状態で「シャッターダイヤル」で
シャッタースピードを変更すると「ハイパーTV(Hyper TV)」に移行します。
逆の「ハイパーTV(Hyper TV)」から「ハイパーAV(Hyper AV)」も同じです。
絞り優先オート(AV)」と「シャッタースピード優先オート(SV)」が
変幻自在に切替できます。

ハイパー(Hyper)」系操作を覚えてしまえば本当に便利です。
モードダイヤル」をいちいち切り替える必要がなくなります。

一度、手にとってお試し下さい。

「PENTAX」デジタル一眼の詳細とインターネットでのショッピングは⇒コチラ



↓クリックで1票!

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2013年04月30日 10時35分]

面白いと思ったらコチラをClick!265票


猫×男子

【Canon】猫×男子 ~猫とポートレート~[2019年12月13日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM Canon RF50mm F1.2L USMといえば、誰もが使ってみたくなるポートレートレンズです。 早速EOS Rと組み合わせて撮ってきました。 今回の被写体は『猫×男子』。 F1.2の極薄ピントと美しいボケ、50mmから得られる自然な画角、そして猫の愛らしさと猫好きのモデルさんの表情をお楽しみください! ...
続きを読む
新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 新品・中古デジタルカメラ 欲しいリストランキング 〜

新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 欲しいリスト 人気デジタルカメラランキング 〜[2019年12月13日]

2019年も残すところ1ヶ月を切りました。今年も数々の新製品が発売された一方で、消費増税もあり、より商品人気の明暗差がはっきり出た1年だったように感じています。 今回からは2018年11月1日~2019年10月31日を対象にカメラ・レンズ・アクセサリなど、各カテゴリーにおいてお客様が「欲しいリスト」に入れたランキングを集計。1年を振り返りつつ、今年最後のお買い物の参考にしていただ...
続きを読む

【OLYMPUS】晴色景色 2日目【E-M5 Mark III】[2019年12月13日]

筆者が写真を撮影しに出かけると大体雨が降ります。 帰り際、僅かに晴れることがありますが、それは稀です。 紅葉も終わりいよいよ冬本番。 今回は『OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III』を使って撮影を行ってきました。 焦点距離:12mm(換算24mm) /絞り:F4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / ArtFilter:ブリーチバイパスII 使用したレンズはPanasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT ...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3[2019年12月12日]

α7R IVの登場によりレンズに求められる性能が更にシビアになったと感じています。ソニーからはハイクラスのレンズシリーズとしてGマスターがラインアップされていますが、6100万画素や将来登場するであろう超高画素センサーに対応はできているのでしょうか? 中西 氏: 以前Gマスターインタビューの際にも少し話させていただきましたが、ソニーはイメー...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.2

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.2[2019年12月12日]

α7R IVに採用された6100万画素の超高画素センサーは、既にセンサーがあってカメラ(α7R IV)を作ったのでしょうか?それとも先にカメラの企画があり、センサーを開発したのでしょうか? 中西 氏: どちらが先かというようなことは具体的にお話はできないのですが、イメージセンサーのリーディングカンパニーとして、新しいイメージセンサーの開...
続きを読む