Select Language

【SONY愛】 SONYというメーカー

[ Category: SONY|掲載日時:2013年04月26日 20時35分]
メーカー愛スプリングバトルSONY編




今回は、少しカメラから話はそれますが・・・

“SONY〟世界でも知らない人が殆どいないであろう、

有名な日本企業。

勿論、昔から有名ではありませんでした。

戦後、井深 大は樋口 晃、太刀川正三郎などの仲間とともに疎開先の長野県須坂から上京し、
日本橋の白木屋の3階、電話交換台があった狭い部屋が新しい仕事場で、名前は「東京通信研究所」という名前で
ラジオの修理や改造(当時は、戦争で壊れたラジオ、敵の放送を聴くことができないようにと短波を切られたラジオが世間にはたくさんあった)を短波放送の聴けるコンバーター(周波数変換器)を開発から始めたそうです。このときはまだ盛田昭夫はおらず・・・

とまぁ・・・これ以上はこの場では書ききれませんので割愛を(汗)

以前のブログでもかかれていますし、私がこの場で話さなくても

SONYは皆が驚く斬新な製品を造り、大ヒットさせてきました。


今現在はパソコン等のデジタル製品が普及し、写真や動画の保存はHDD。テレビにも内蔵されていたりしますよね。


しかし、ほんの少し前までは写真や動画もフィルムでした。

テレビの録画機器はVHS、β・・・懐かしいですね。

あのVHSという規格は、ビクター(当時ナショナルの子会社)から発売された世界共通の規格です。

規格が統一されていない当時は、

各電機メーカーからVHSもβも同時に販売されていました。

一般の消費者はどちらの規格にしたらいいか悩んだものです・・・

そういう理由から規格を統一することになり、VHSに統一されました。


しかし、SONYにはβがあるのに何故VHS規格に・・・?
と思う人もいたと思います。

これは当時、規格を統一する為、
SONYとPanasonicのトップ会談で決まった事だそうです。

その理由とは、今では少なくなりましたが町の電気屋さんの店舗数だそうです。
(SONYやNationalのお店がたくさんありましたよね)

SONYよりPanasonicの店舗数の方が若干多いという事が理由で、

一般家庭向けのビデオデッキはVHS、
テレビ関係等のプロ用の規格はβになったとの事でした。

しかし、テープの構造のパテントはSONYが持っていたとの事です。


今はデジタル全盛の時代、勿論SONYは様々な商品を生み出しています。

コニカミノルタから引き継いだαシリーズにミラーレスのNEXシリーズと

フルサイズセンサー搭載のコンパクトデジタルカメラを何処よりも早く製品化しました。


SONYというメーカーはこれからも、あっと驚く製品を造ってくれるメーカーで有り続けると思っています。



何せあのアップル社の故スティーブ・ジョブスが憧れ、目差した会社が

"SONY”ですから。








↓クリックで1票!

[ Category: SONY|掲載日時:2013年04月26日 20時35分]

面白いと思ったらコチラをClick!147票


【SONY】初心にかえる50mm 「APO-LANTHAR 50mm F2」

【SONY】初心にかえる50mm 「APO-LANTHAR 50mm F2」[2020年02月03日]

SONY α7RⅣ + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical 焦点距離:50mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/2500秒 ISO:100 「最近50mmで写真を撮っていないなぁ・・・。」 カメラを始めて間もないころは、35mmのフィルムカメラに安い50mmのレンズをつけて、なんでもかんでもシャッターを切っていた。 そのうち、画角の違いを覚えて、いろんな焦点距離のレンズを試した。 ...
続きを読む
コツメカワウソ×SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

【SONY】コツメカワウソがかわいい!【α6600×超望遠ズーム】[2020年02月02日]

「SONY α6600」と「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」を組み合わせて、動物園へ撮影に行ってきました。 70-350mmといえば、35mm換算で105-525mm。 これがまた、動物園の撮影でちょうどいい長さなのです。 私のお気に入りの動物の中から(動物はみんな好きですが!)、今日はコツメカワウソの写真をご紹介します。 まずはとても可愛い「へそ天」姿からどうぞ! 「ガオー!」 可愛い写...
続きを読む
α7II

【SONY】小さなゾナーレンズ[2020年02月01日]

α7IIを使い始めて数ヵ月が経ち、カメラと仲良くなってきた頃。 マウントアダプターという魔法のようなアクセサリーを使いMFレンズを使用して撮影を楽しんでいるのですが、やっぱりAFのレンズを カールツァイスのレンズを使いたい。 使いやすい焦点距離で、小振りな単焦点レンズが良いなぁと思い選んだのは Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z ボディに装着してみると、本当に小さいです。...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む