【SONY愛】 SONYというメーカー | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY愛】 SONYというメーカー

[ Category:SONY|掲載日時:2013年04月26日 20時35分]

メーカー愛スプリングバトルSONY編




今回は、少しカメラから話はそれますが・・・

“SONY〟世界でも知らない人が殆どいないであろう、

有名な日本企業。

勿論、昔から有名ではありませんでした。

戦後、井深 大は樋口 晃、太刀川正三郎などの仲間とともに疎開先の長野県須坂から上京し、
日本橋の白木屋の3階、電話交換台があった狭い部屋が新しい仕事場で、名前は「東京通信研究所」という名前で
ラジオの修理や改造(当時は、戦争で壊れたラジオ、敵の放送を聴くことができないようにと短波を切られたラジオが世間にはたくさんあった)を短波放送の聴けるコンバーター(周波数変換器)を開発から始めたそうです。このときはまだ盛田昭夫はおらず・・・

とまぁ・・・これ以上はこの場では書ききれませんので割愛を(汗)

以前のブログでもかかれていますし、私がこの場で話さなくても

SONYは皆が驚く斬新な製品を造り、大ヒットさせてきました。


今現在はパソコン等のデジタル製品が普及し、写真や動画の保存はHDD。テレビにも内蔵されていたりしますよね。


しかし、ほんの少し前までは写真や動画もフィルムでした。

テレビの録画機器はVHS、β・・・懐かしいですね。

あのVHSという規格は、ビクター(当時ナショナルの子会社)から発売された世界共通の規格です。

規格が統一されていない当時は、

各電機メーカーからVHSもβも同時に販売されていました。

一般の消費者はどちらの規格にしたらいいか悩んだものです・・・

そういう理由から規格を統一することになり、VHSに統一されました。


しかし、SONYにはβがあるのに何故VHS規格に・・・?
と思う人もいたと思います。

これは当時、規格を統一する為、
SONYとPanasonicのトップ会談で決まった事だそうです。

その理由とは、今では少なくなりましたが町の電気屋さんの店舗数だそうです。
(SONYやNationalのお店がたくさんありましたよね)

SONYよりPanasonicの店舗数の方が若干多いという事が理由で、

一般家庭向けのビデオデッキはVHS、
テレビ関係等のプロ用の規格はβになったとの事でした。

しかし、テープの構造のパテントはSONYが持っていたとの事です。


今はデジタル全盛の時代、勿論SONYは様々な商品を生み出しています。

コニカミノルタから引き継いだαシリーズにミラーレスのNEXシリーズと

フルサイズセンサー搭載のコンパクトデジタルカメラを何処よりも早く製品化しました。


SONYというメーカーはこれからも、あっと驚く製品を造ってくれるメーカーで有り続けると思っています。



何せあのアップル社の故スティーブ・ジョブスが憧れ、目差した会社が

"SONY”ですから。








↓クリックで1票!

[ Category:SONY|掲載日時:2013年04月26日 20時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G ☆9/19写真追加しました☆ 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]