【Leica愛】 メガネッ子は、いかがですか?! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica愛】 メガネッ子は、いかがですか?!

[ Category:Leica|掲載日時:2013年05月05日 15時30分]

メーカー愛スプリングバトルLEICA編


おしとやかで可憐な? ズマロン

今回ご紹介するのは、こちら。
null
ライカM3 + ズマロンM35mmF2.8眼鏡付 です。

M型ライカのボディの中で、最もファインダー倍率の高いM3(0.91倍)は、
50mmのフレームがファインダー画面いっぱいに表示されます。

50mmよりも広角のレンズを使用する場合、通常は外付けファインダーをストロボシューに付け、
ピントはボディ側ファインダーで合わせ、写る範囲を外付けファインダーで確認する手順になります。

でもライカの使い手には、35mmを標準レンズとして愛用する人も多いし・・・
そんなわけで、M3発売と同時期の35mmレンズに採用されたのが、この眼鏡付レンズです。

null

ズミルックスM35mmF1.4、ズミクロンM35mmF2、ズマロンM35mmF3.5、ズマロンM35mmF2.8と
35mmの眼鏡付は4種類あります。

ボディに装着すると、ファインダー窓と距離計窓の前にレンズが付き、
50mmフレーム枠が35mmの画角範囲を示すように、見える画角が調整されます。

null

分厚いレンズが前にくる為、ファインダーのクリアーさは若干落ちます。
おまけに無理やり画角を広げている為、ゆがみも生じてしまいます。

…でもメリットも。
通常M3ボディのファインダーは最短が1m、眼鏡なしズマロンの最短も70cmですが、
この眼鏡付レンズを使えば、M3でも65cmまでの近接撮影が可能です。

null
M3ボディの最短1mで撮るとこんな感じ。

null
そしてこれが、眼鏡付レンズの最短65cm。
日頃、M3の最短1mに苦汁をなめてきた方々も、これなら満足いただけるのでは…

そしてそして何より、レンズを装着した時のこの顔立ち!
う~ん、ラブリ~!!

街中でこのお顔は、みんなの注目を集めること必至!

先述のように、眼鏡付ズマロンには、開放値がF2.8のほかにF3.5のものもあります。
どちらのレンズにも固定ファンがいて、人気を二分していますが、
容姿のうえでは、上級クラスのズミルックスやズミクロンと同様の無限遠ストッパーを備えたF2.8の方が、
より洗練された印象を受けます。

null
無限遠にセットしたときの「カチッ」という音に、ズキュンときてしまいます…


気になるレンズの描写ですが、上に掲載した写真のように発色に派手さはなく、地味な印象。

開放時のボケもオールドレンズ特有の乱れが出ています。
とはいえ、同時期のズミルックスM35mmF1.4のような暴れるようなボケではなく、
ちょっとワサワサしている程度で、おとなしい印象。

場面や被写体を選ぶ必要なく、常用レンズとして使用できると思います。

null

null

…いうなれば、おとなしくて、クラスでそんなに目立つわけではないけど、
気になりだしたらついつい目がいってしまうような存在。
そんでもって、ちょっとした仕草に心奪われちゃって、
「この子の本当の魅力をわかるのは、僕だけだぁ!!」みたいな…

……すみません、熱くなりすぎました…

null

null

というわけで、この春かわいい眼鏡付ズマロンを付けて、街に繰り出してみては!


なお、今回名前の挙がった眼鏡付の35mmレンズは、
機構上、眼鏡が付いた状態でファインダー内でのピント合わせが可能なように
調整されていますので、眼鏡を外してしまうとピント合わせができません。

「眼鏡を外すとその下に、誰も知らない意外な素顔が…」なんて、
マニアックな妄想を抱いていた方、残念でした。
(私もそれを知って大いに残念がった一人ですので、よくわかります…)


ズマロンM35mmF2.8眼鏡付の在庫状況は⇒⇒⇒コチラ

お問い合わせは、マップカメラ本館地下1階まで
03-3342-3381


《写真と文章:ニョロ》



↓クリックで1票!

[ Category:Leica|掲載日時:2013年05月05日 15時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.1 2019年08月21日
蝉の鳴き声と、青々と力強く生きる植物のにおいが、少し落ち着いてきました。お盆のお休みだった方々も、いつもの日常に戻りつつあるかもしれません。とはいえ、まだまだ夏休み折り返し地点という方もいらっしゃるでしょう。 存分に写真を撮られた方、あるいは、これからたくさん写真を撮られる方。それから、写真を撮るために、新しい機材を探されている方…。 そんな皆様に宛てて、本日は売れ筋のNikon製カメラを各種ご紹介いたします。 題して、「Nikon デジタルカメラ徹底比較レポート」です...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]