【Nikon愛】夜想曲 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon愛】夜想曲

[ Category:Nikon|掲載日時:2013年05月05日 21時30分]

メーカー愛スプリングバトルNikon編




こんにちは。

本館5階 Nikonフロア、タケチョフです。


メーカー愛Spring Battle!!」もいよいよ佳境となりました!!

日頃、Nikonを応援して下さっている皆様には心から御礼申し上げます。


そんな皆様に、今回はこんなレンズのご紹介です。


Nikon Ai-S Noct Nikkor 58mm f1.2

null



幾多のNikonレンズの中で、メーカーから発売が終了してなお、

高い人気を誇るMFレンズです。


こちらが発売されたのは1977年―――


アメリカではカーターが大統領となり、

日本では巨人の王貞治選手がホームラン世界新記録の756号を達成、

国民栄誉賞第1号となった頃のレンズです。


Nikonの一眼レフでは、

「Nikon F2 Photomic A」が発売された年に当たります。


Noctとは、

ノクターン ~Nocturne~ の事で、

レンズより、フレデリック・ショパンやクロード・ドビュッシーといった

音楽家が思い浮かぶ方もいらっしゃると思います。


語源はラテン語で「Nox」、

日本語では「夜想曲」と呼び

字が如く「夜」を表しています。 


このレンズはその名の通り、主に夜間撮影を目的としたレンズなのです。



写真のレンズは、明るさが増す毎、広角化・大口径化する毎に

収差補正が難しくなり、

そのような、周辺に写る収差を「サジタルコマフレア」といいます。


通常、この収差は数段絞り込むことによって表れなくなり、

通常の撮影環境においてはさほど気になるものではありません。



しかし、

この収差が大きく写真の出来を左右する環境があります。

それが「夜」

夜景です。



被写体が暗く、小さな点で構成され、コントラストも高い、

サジタルコマフレアがもっとも気になる被写体といえるでしょう。




対処法として、絞りこめば解決するものの、

それでは明るいレンズの良さを殺してしまう。

そんな夜景撮影時の問題を解決するのが、この

「Noct」なのです。



現行タイプの「Ai-S Nikkor 50mm F1.2」とかなり近い構成を持ちながら、

一部を特殊な非球面としたことで、

サジタルコマフレアを抑制することに成功したのです。



この非球面加工は、非常に細かい精度要求され、加工技術や検査には

膨大なコストがかかります、



このことが、「Noct」が他のレンズと値段が大きく違う理由なのかもしれません。

しかし、それだけの価値を持つレンズであることは言うまでもありません。



あぁ、物欲が…(沼)(沼)(沼)



こちらは既に生産完了となっていますが、現在でも根強い人気を誇っています。


Nikon愛する皆様。夜景を愛する皆様。

一度、「Noct」を手にしてみてはいかがですか?








↓クリックで1票!

[ Category:Nikon|掲載日時:2013年05月05日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

寒い冬はみんなで囲えるものを 【SONY】寒い冬はみんなで囲えるものを 2019年02月23日
年も明けて、もうすぐ3月になってしまいます。 まだまだ寒いですが桜が咲くのが待ち遠しいです。 今回は毎度同じく食べ物シリーズです。 おなかに入れる前の撮影は勝手に期待値があがります。 【SONY Cyber-shot DSC-RX100M5A】 が今回のお供です。 まずは馬刺し。 シーンセレクションの料理を選択して撮影してみました。 そして、鍋料理で一番好きなもつ鍋。 もつがプリプリで、にんにくと出汁のマッチング具合がたまりません…。 どうしてこんなに九州料理っておいしいんでしょう。 ...
続きを読む
トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート 2019年02月22日
2019年2月17日 東京・新宿。マップカメラ本館地下1階『ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU』の6周年記念イベントとして、世界中の“奇妙なもの”を撮影されている佐藤健寿氏をお招きしたトークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』を開催いたしました。今回はその様子を、写真を交えてレポートいたします。 テレビ番組をはじめとする様々なメディアでご活躍されている佐藤氏。今回のトークイベントでは実際に使用している『Leica M10』と、発売されたばかりの...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~Beginning~ 【Leica】私のライカライフ~Beginning~ 2019年02月22日
日頃よりマップカメラをご愛顧のほど、まことにありがとうございます。 2月20日でライカブティックMapCamera Shinjukuはおかげさまでオープン6周年目を迎えることが出来ました。 今回は【スタッフM】が記事を書かせて頂きます。 さて、この度のテーマである「私のライカライフ」。 皆様はどのような思い出をお持ちでしょうか。 私は実は初めて自分で選んで手に取ったカメラがライカでした。 出会いは今から半年前、暑い夏の休日の事でした。 行く当てもなく自転車にまた...
続きを読む
【OLYMPUS】ミラーレスぶら下げ横浜散策 【OLYMPUS】ミラーレスぶら下げ横浜散策 2019年02月22日
良く晴れた休日。 旧友に誘われOLYMPUSのミラーレスPEN E-PL8をぶら下げ横浜散策へ行ってきました。 横浜に到着したのがお昼過ぎだったので、まず向かったのが中華街。 日曜日という事もあり、たくさんの人で大賑わいでした。 普段食にはあまりこだわりのない僕ですが、旧友に会うのは2年ぶりで募る話もありつつ昼食は少し豪勢に。 昼食後、のんびりしたいなと思い、日本郵船氷川丸のある山下公園へ。 綺麗な花が咲いていてとても癒され...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月21日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]