【Nikon愛】夜想曲 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon愛】夜想曲

[ Category:Nikon|掲載日時:2013年05月05日 21時30分]

メーカー愛スプリングバトルNikon編




こんにちは。

本館5階 Nikonフロア、タケチョフです。


メーカー愛Spring Battle!!」もいよいよ佳境となりました!!

日頃、Nikonを応援して下さっている皆様には心から御礼申し上げます。


そんな皆様に、今回はこんなレンズのご紹介です。


Nikon Ai-S Noct Nikkor 58mm f1.2

null



幾多のNikonレンズの中で、メーカーから発売が終了してなお、

高い人気を誇るMFレンズです。


こちらが発売されたのは1977年―――


アメリカではカーターが大統領となり、

日本では巨人の王貞治選手がホームラン世界新記録の756号を達成、

国民栄誉賞第1号となった頃のレンズです。


Nikonの一眼レフでは、

「Nikon F2 Photomic A」が発売された年に当たります。


Noctとは、

ノクターン ~Nocturne~ の事で、

レンズより、フレデリック・ショパンやクロード・ドビュッシーといった

音楽家が思い浮かぶ方もいらっしゃると思います。


語源はラテン語で「Nox」、

日本語では「夜想曲」と呼び

字が如く「夜」を表しています。 


このレンズはその名の通り、主に夜間撮影を目的としたレンズなのです。



写真のレンズは、明るさが増す毎、広角化・大口径化する毎に

収差補正が難しくなり、

そのような、周辺に写る収差を「サジタルコマフレア」といいます。


通常、この収差は数段絞り込むことによって表れなくなり、

通常の撮影環境においてはさほど気になるものではありません。



しかし、

この収差が大きく写真の出来を左右する環境があります。

それが「夜」

夜景です。



被写体が暗く、小さな点で構成され、コントラストも高い、

サジタルコマフレアがもっとも気になる被写体といえるでしょう。




対処法として、絞りこめば解決するものの、

それでは明るいレンズの良さを殺してしまう。

そんな夜景撮影時の問題を解決するのが、この

「Noct」なのです。



現行タイプの「Ai-S Nikkor 50mm F1.2」とかなり近い構成を持ちながら、

一部を特殊な非球面としたことで、

サジタルコマフレアを抑制することに成功したのです。



この非球面加工は、非常に細かい精度要求され、加工技術や検査には

膨大なコストがかかります、



このことが、「Noct」が他のレンズと値段が大きく違う理由なのかもしれません。

しかし、それだけの価値を持つレンズであることは言うまでもありません。



あぁ、物欲が…(沼)(沼)(沼)



こちらは既に生産完了となっていますが、現在でも根強い人気を誇っています。


Nikon愛する皆様。夜景を愛する皆様。

一度、「Noct」を手にしてみてはいかがですか?








↓クリックで1票!

[ Category:Nikon|掲載日時:2013年05月05日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.1 2019年08月21日
蝉の鳴き声と、青々と力強く生きる植物のにおいが、少し落ち着いてきました。お盆のお休みだった方々も、いつもの日常に戻りつつあるかもしれません。とはいえ、まだまだ夏休み折り返し地点という方もいらっしゃるでしょう。 存分に写真を撮られた方、あるいは、これからたくさん写真を撮られる方。それから、写真を撮るために、新しい機材を探されている方…。 そんな皆様に宛てて、本日は売れ筋のNikon製カメラを各種ご紹介いたします。 題して、「Nikon デジタルカメラ徹底比較レポート」です...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]