マルミフィルターのフラッグシップ「EXUS」を試す | THE MAP TIMES 
Select Language



マルミフィルターのフラッグシップ「EXUS」を試す

[ Category:etc.|掲載日時:2013年05月06日 13時50分]

マルミEXUS


高い撥水・防汚効果を持つマルミの「スーパーコーティング」フィルターは、水滴を弾くので雨の中での撮影に重宝します。
この「スーパーコーティング」をより進化させた新コーティングを採用したフラッグシップブランド「EXUS」が2013年4月にデビュー。
表面反射を極力抑え最高画質を実現し、より解像力が求められる最新デジタルカメラに対応した期待の「EXUS」の効果を試してみました。

撥水テスト

まずは、これから梅雨の季節ということもあり撥水効果からの検証です。
レンズ保護用の「EXUS LENS PROTECT」(写真左)と、従来のマルチコートフィルター(写真右)に雨を想定して水滴を垂らしてみました。
水滴が玉のまま残る「EXUS」フィルターと、表面に水跡が伸びていくマルチコートフィルターとの差は一目瞭然です。

EXUSの撥水 従来品の撥水

フィルターを傾けると「EXUS(写真左)」は水が流れ落ちたのに対し、従来のフィルター(写真右)は油膜のような跡を残してしまいました。
レンズ面が垂直になる事をが多い一般的な撮影において自然に流れ落ちる「EXUS」と、拭き取る手間が必要な従来品との利便性の差は大きく、一瞬のシャッターチャンスを狙っているときはなおさらです。

油汚れのテスト

撥水・防汚コーティングは、単に水を弾くだけではありません。油性マジックでフィルター面に落書きをしてもご覧のとおり。
「EXUS(写真左)」なら油性マジックをも弾いてしまいます。
フィルターにマジックとは、あまり現実的ではないように思えますが、要は油汚れにも強いということ。
これなら食事中のお子様の汚れた手で触られても乾拭きだけでOK!不意のアクシデントでもすぐに元に戻せるのは大きな魅力です。

静電効果テスト

EXUS用に進化した新スーパーコーティングは、帯電防止効果も有しています。静電気の帯びた発泡スチロールに近づけるとご覧のとおり。
塵ホコリもブロアーで吹くだけで簡単に飛ばせるので、ストレスなく撮影することができます。
雨水を弾き、仮に拭き取ることになってもホコリが付かない。まさに雨の日の撮影には最適なフィルターと言えます。

低反射加工

EXUSは単にコーティングが優れているだけではありません。可視光に影響を与えない無色透明なガラスは平面度が高く、強度も向上しています。
外周部の墨入れはもちろん、薄枠設計の中に遮光線を施すなど乱反射を軽減する加工が施されており、従来品と見比べてみると細部までよく作り込まれていることが分かります。
まさにフラグシップの名に相応しいフィルターでした。


同時発売の「EXUS CIRCULAR P.L」にも同等の高性能が施されています。

EXUS PLフィルター

さらに従来品(写真左)と見比べてみると偏光膜の色の違いに気づかされます。
高透過偏光膜を採用したという「EXUS CIRCULAR P.L」(写真右)は、ガラス面が明るくなった見た目通り透過率が30%(約1段分)向上。光量の乏しい場所での撮影に効果を発揮するのはもちろん、ファインダー内が明るく見やすくなったおかげでピントの見え方やPL効果がより明確になり、とても便利になりました。
また常時付け放しではないPLフィルターの用途を考慮し、レンズ装着のねじ山にフッ素加工を採用。滑りが良くなったネジのおかげで、フードを装着したままでもスムーズな脱着が可能です。

使いやすさと光学性能が向上した便利なフィルターは、梅雨に限らず活躍してくれることでしょう。
なかなか買い替える機会のないフィルターですが、高画質レンズを使用するならその性能を損なうことのない「EXUS」をお奨めします。



[ Category:etc.|掲載日時:2013年05月06日 13時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 2019年05月21日
のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。 喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。 カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。 私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは 撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。 このレンズが実現するボケ描写はあらゆる...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 2019年05月20日
先日リサイクルショップの陰にひっそりと転がっていた一つのカメラを購入しました。 本日はこのカメラについて書いていきたいと思います。 色々なカメラに興味が湧いてくると、最終的にたどり着くのがオールドカメラ。 そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか? この世の中には様々なメーカーのカメラやレンズたちが眠っていますが、多くは大量生産されたレンズやボディ、希少性があってもLeicaなどの高価な有名メーカーが占めており 生産数が少ない無名メーカーのカメラはな...
続きを読む
null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]