Select Language

【PENTAX RICOH愛】こだわり

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2013年05月06日 11時50分]
メーカー愛スプリングバトルPENTAX RICOH編



6X7」・「645」・「35mm(24×36mm)」・「110サイズ(13×17mm)」
今までに「PENTAX」が製造した
一眼レフカメラ(Single-lens reflex camera)」の
フイルムのフォーマットサイズです。
そして、全て専用レンズマウントが開発されてます。
四種類のレンズ交換式一眼レフカメラを
同時に販売したメーカーは「PENTAX」ほかありません。
PENTAX」には一眼レフたいする
なみなみならぬこだわりを感じます。
PENTAX SLR
我が家の「PENTAX」レンズ交換式一眼レフカメラ
(6X7/67が有りません)


その中でも「asahi PENTAX auto110」は
驚異的というしかありません。
auto110 super
「PENTAX auto110 SUPER」
(「auto110」の改良版)


ほぼ手のひらサイズに
一眼レフカメラの「ミラー機構」と「プリズム」を装備していることと
レンズ交換式」で「交換レンズ」・「ストロボ」等を用意して
システム群が構成されていることです。
「MINOLTA」からレンズ固定式一眼レフ「110 ZOOM SLR/Mk2」や
「Canon」から高級機「110ED」などが発売されていますが
大きさ、システムチャートが出来るくらいの完成度は
asahi PENTAX auto110」しかありません。
auto110 SUPER & WINDER
グリップ兼用「WINDER II」を装着、連続撮影に対応に

技術的にも考えられていて
シャッターを「絞り羽根兼用ビハインドレンズシャッター」に
ミラーを「フイルム用遮光板兼用ミラー」にして
絞り連動機構などを排除して
ミラーボックス」を小さくまとめることに成功しました。
MOUNT
「黒い部分が絞り羽根兼用ビハインドレンズシャッター」
「スプリットイメージ」が見えます


プログラムAE」のみして電子化を図りボディ内の回路をへらし
あわせてダイヤル類を廃しすることでコンパクトに収めています。
軍艦部分
auto110 SUPER」軍艦部分
左側の大きなキャップはストロボ用


絞り機構はカメラ側にありますので
レンズ」側には何もありませんので
そして開放絞り値を交換レンズ全て同じ(F2.8)に
統一することで測光や複雑なプログラムが不要になり
レンズ」も小さくすることが出来てます。
auto110 Lens
左「18mm/F2.8 PanFocus」右「50mm/F2.8」
専用フィルターも各サイズ用意されていました


そして、最終的には交換レンズ「6本」ストロボ「2種類」ワインダーなど
本格的なシステムが構築されてます。
各種キャップ類
左から「ボディキャップ「レンズフロンキャップ」「レンズリヤキャップ」
各レンズ用のフィルター・フードも用意されていました


28mm F2.8
PENTAX-110 28mm F2.8 プログラムオート Kodak 100
28mm F2.8
PENTAX-110 28mm F2.8 プログラムオート Kodak 100

PENTAX」はこだわり貫いて「asahi PENTAX auto110」を
世に送り出したと思います。




↓クリックで1票!

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2013年05月06日 11時50分]

面白いと思ったらコチラをClick!235票


大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む
Pentaxlx

【11月30日はカメラの日】父の使ったフィルムカメラ PENTAXLX[2019年11月23日]

11月30日はカメラの日という事で、 私が紹介するカメラはPENTAX LXです。 ふと、昔父の使っていたカメラが実家の屋根裏にあるのではないかと探してみたところ、 長い事使われておらず埃を被った状態のフィルムカメラ、PENTAX LXを見つけました。 フィルムの入れ方も知らなかった私ですが、このカメラで撮影をしてみたいと、 近所でフィルムとボタン電池を買い、初めてのフィルムカメラ...
続きを読む
THETA V

【RICOH】地下探検 THETA V[2019年10月20日]

本日は、我が愛機と共にとある地下道へと散策してきました。 緊張した面持ちでいざ地下道探検に出発です。 地下道に入るとそこは別世界。 天井からわずかに光差す薄暗い道を奥へ奥へと進んでいきます。 人とすれ違う様子はありません。そもそもここは誰かが通った形跡もありません。 また、奥までずいぶん続いているようです。 先はまだ長く、 途中、雰囲気の変わった通...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ...
続きを読む
【RICOH】楽しい白黒

【RICOH】楽しい白黒[2019年10月09日]

『RICOH GRⅢ』 -言葉を写真に- 1/100 F2.8 ISO1000 ハイコントラスト白黒 今回は最強のスナップシューターと呼ばれるRICOH GRⅢを使用しました。 GRⅡよりも、大きさが一回り小さくなったため、とても扱いやすく、 まるで自分の体の一部に思えてしまうような感覚でストレスフリーに撮影することが出来ました。 1/200 F4 ISO1000 ハイコントラスト白黒 電源ボタンを押してから、撮影ができ...
続きを読む