Select Language

【RICOH GR 】いよいよ登場まで・・・あと2日!!

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2013年05月22日 10時15分]
~ ようこそ WEST 2F World へ ~

マップカメラ WEST 2階よりご案内いたします。

【RICOH GR 】いよいよ登場まで・・・あと2日!!

null

今回はGRのコンセプトについて・・・それは変わらずに進化すること


➀最強のSnap Shooterであること・・・写真撮影の基本はスナップだとGRは考えます。


➁本質的な価値、高画質と携帯性の両立・・・シャッターチャンスへの対応力を考えるとき、

いつでも取り出せる携帯性と片手で操作できることで、決定的瞬間に反応できるのです。


➂優れた道具の追求と使い込むほどに手放せなくなること・・・カメラにおいて、それは俊敏なレスポンス、

ホールディング性の良いグリップ、心地よい操作感、最適な操作ボタン配置など、使い込むほどに使い手の癖を受けとめる。


GRを超えるものは・・・GRしかない!

だから・・・GRなのです!

THE GR いよいよ登場まで・・・あと2日!!


null

【ご予約特典:GRオリジナルREDリング付き】


【GRデビューキャンペーン対象】


インターネット 【新品】予約は⇒⇒⇒コチラ


商品に関してのお問い合わせはマップカメラ WEST2階までお願いいたします!

Tel 03-3342-3382《WEST代表》

皆様のご来店&お問い合わせを心よりお待ちしております!

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2013年05月22日 10時15分]

面白いと思ったらコチラをClick!100票


大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む
Pentaxlx

【11月30日はカメラの日】父の使ったフィルムカメラ PENTAXLX[2019年11月23日]

11月30日はカメラの日という事で、 私が紹介するカメラはPENTAX LXです。 ふと、昔父の使っていたカメラが実家の屋根裏にあるのではないかと探してみたところ、 長い事使われておらず埃を被った状態のフィルムカメラ、PENTAX LXを見つけました。 フィルムの入れ方も知らなかった私ですが、このカメラで撮影をしてみたいと、 近所でフィルムとボタン電池を買い、初めてのフィルムカメラ...
続きを読む
THETA V

【RICOH】地下探検 THETA V[2019年10月20日]

本日は、我が愛機と共にとある地下道へと散策してきました。 緊張した面持ちでいざ地下道探検に出発です。 地下道に入るとそこは別世界。 天井からわずかに光差す薄暗い道を奥へ奥へと進んでいきます。 人とすれ違う様子はありません。そもそもここは誰かが通った形跡もありません。 また、奥までずいぶん続いているようです。 先はまだ長く、 途中、雰囲気の変わった通...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ...
続きを読む
【RICOH】楽しい白黒

【RICOH】楽しい白黒[2019年10月09日]

『RICOH GRⅢ』 -言葉を写真に- 1/100 F2.8 ISO1000 ハイコントラスト白黒 今回は最強のスナップシューターと呼ばれるRICOH GRⅢを使用しました。 GRⅡよりも、大きさが一回り小さくなったため、とても扱いやすく、 まるで自分の体の一部に思えてしまうような感覚でストレスフリーに撮影することが出来ました。 1/200 F4 ISO1000 ハイコントラスト白黒 電源ボタンを押してから、撮影ができ...
続きを読む