Select Language

【本館地下1階】 ライカ、はじめてみませんか?

[ Category: Leica|掲載日時:2013年05月29日 21時10分]


本館B1階からこんばんは。

突然ですが、皆様。

・・・ライカ、はじめてみませんか?

「そう言われましても」 と、聞こえてきそうですが・・・。

ブログをご覧の皆様の中には、「初めてのカメラがデジタルカメラだった」

なんて方も大勢いらっしゃると思います。

デジタルカメラに囲まれ、とても便利な今だからこそ!

オススメしたいのが、ライカ


ライカという名前を聞いただけで・・・取っ付き難い印象、持っていませんか?

そんなお客様のために。

この度、わたくし、オススメの組み合わせをいくつか選んでみました。

ご覧下さい。

・・・

例えば、ライカM3ズミクロン50mm F2の組み合わせ。

null

ライカを触るのが初めて・・・いや、フィルムカメラに触るのが初めての方にも。

「いつかはM3」ではなく、「いきなりM3」でもいいじゃありませんか。

まさに、M型ライカのはじまりの一台なんですよ。

null

1954年に初のM型として登場したM3の中でも、後期型に位置する1964年製。

ライカを代表する標準レンズとの組み合わせは、いわゆる王道セット。

露出計は、ついていません。

ゆえに、絞りとシャッタースピードは、すべて持つ者の判断に委ねられます。

二重像がピタリと重ね、ピントを合わせ・・・

シャッターをコトリ、と切った時。きっと良さを体感できると思います。

null

「ちょっと不便かな?」と思う部分を「楽しさ」に置き換えて永く付き合えば・・・

撮り手を育ててくれる、素敵なカメラです。


・・・


お次は、ライカⅢfとエルマー50mm F3.5

null

M型ライカになる前の・・・いわゆる、バルナック型ライカ。

全盛期に作られた、ひとつの完成形とも言えるモデルです。

null

ご覧ください・・・この美しさ。

このカタチを見るだけで、グッときませんか?

null

M型と比べ、撮影時にはひと手間必要ですが・・・

それもまた、愛らしく思えてくるはず。

コンパクトでよく手に馴染む小柄なボディは、何処にでも連れて歩きたくなると思います。


・・・


いきなり近代に飛びまして・・・ライカM6とエルマー50mmF2.8

null

ロングセラーモデルに、持ち歩きに便利な沈胴式の標準レンズ。

露出計も搭載。ファインダー内にアンダーとオーバーがLEDで表示されます。

null

便利さ、使いやすさを兼ねそろえ、その上丈夫な機械式シャッター。

ゆえに、今までご紹介した中では最も取っ付き易い組み合わせ。

null

昔のライカに比べると、感触の良さが議論される事もありますが、

そんなこともありません。

そこはライカ。使い込めば使い込むほどに、自分の延長になっていきます。


・・・


最後に、ライカM8とズミクロン35mmF2 ASPH

null

ライカの初代デジタルM型ライカです。

センサーサイズはフルサイズではないので、付けたレンズは約1.33倍の画角になります。

null

フィルムに良さがあるのと同じく、デジタルにも良さがあります。

そう、「便利さ」です。

null

デジタルだからと侮るなかれ。

やはり、ライカなんです。

質感・・・そしてもちろん、撮れる写真もなにかが一味違います。


・・・


いかがでしたでしょうか。

ほんのちょっぴりでも、ライカに興味を持っていただければ幸いです。

ご来店はもちろん、お電話でのご相談も喜んでお応え致します。

我々スタッフ一同、心よりお待ちしております!

null


ご紹介した商品の詳細・webからのご注文は・・・

Leica M3 ⇒コチラ

Summicron 50mm F2 (第一世代固定鏡胴) ⇒コチラ

Leica M6 ⇒コチラ

Elmar-M 50mm F2.8 ⇒コチラ

Leica Ⅲf ⇒コチラ

Elmar L 50mm F3.5 ⇒コチラ

Leica M8 ⇒コチラ

Summicron 35mm F2 ASPH 6-bit ⇒ コチラ



[ Category: Leica|掲載日時:2013年05月29日 21時10分]

面白いと思ったらコチラをClick!134票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む