Select Language



【Leica】 魅惑の“大ライカ”M5

[ Category:Leica|掲載日時:2013年07月14日 16時07分]



M型ライカの長い歴史の中で唯一、異色を放つモデルがあります。

null

そう・・・Leica M5です。

ライカとしては初の露出計内蔵機。

露出計機構を内蔵する為、少々大柄になり独特のデザインに。

“大ライカ”なんてニックネームが付けられていたりしますが、

大きいだけが取り柄じゃありません。実はもの凄く実用的なカメラです。

今回はそんなM5に焦点を当ててみたいと思います。

null

まるで航空母艦のような軍艦部。

“Leitz”表記のロゴが精悍なイメージを引き立てます。

大柄なボディは男性の手にはちょうど良い大きさ。

スローシャッター使用時には抜群の安定感を発揮します。

null

フィルム巻き戻しクランクはボディ上部ではなく、底部に配置。

「底にあると巻き戻しの時に使いにくそう・・・」と思われがちですが、

実際に使ってみると、自然に扱える合理的な配置だという事に気付かされます。

null

M5が“実用的”な最たる理由がこのシャッタースピードダイヤル。

ボディ前面に一部が張り出すように配置されており、

ファインダーから目を離さずに人差し指のみを使って任意のシャッタースピードに変更する事が可能。

さらに、ファインダー内の露出計はM型ライカで唯一の追針式

シャッタースピードとセットで、ブライトフレーム下部に表示されます。

2つの針と針が重なれば適正露出。瞬時に判断が可能です。

null

ボディーカラーは、ブラッククロームもしくはシルバークローム。

合わせて3万台程度の生産台数のうち、シルバーは約1万台とやや少なく、

中古市場に出回る数もそれに比例します。

ストラップを取り付ける為の金具が原則的に片側へ2箇所設けられており、

縦にカメラを吊れるところも特徴的。持ち歩きも体に沿わせてラクラク。

M5が誕生したのはライカ社の経営が厳しい時代。

如何にして今までに無かった新しい技術を盛り込み、世の中に反響を与えられるか。

この特徴的な形をしたボディと対峙していると、技術者の創意工夫の塊のようにも思えてきます。


さぁ・・・あなたはブラックとシルバー・・・どちらのM5にしますか・・・?

Leica M5の中古商品のお買い物は⇒コチラから。

お問い合わせ・ご相談もお気軽に。

スタッフ一同お待ちしております。





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2013年07月14日 16時07分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

デジタル一眼はじめました。 デジタル一眼はじめました。 2018年06月22日
マップカメラに入社してからはや数年、子供たちの小学校入学を機にミラーレス一眼カメラの購入を決めました。 ボディは、オートフォーカスと連続撮影に定評がありタッチパネルを装備している、α6500。 レンズは、まずは標準ズームと思い SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を選びました。 これがデジタル一眼初体験という状態にもかかわらず、入学式1週間前にやっと購入。 機能の確認や試し撮りする時間もほとんどないまま、ほぼぶっつけ本番での撮影となりました。 ...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『水のとき』 2018年06月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『水のとき』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
写真に残す。 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 2018年06月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ・アシスタント写真展 - 『Sunrise』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【PENTAX】K-1と散歩 【PENTAX】K-1と散歩 2018年06月20日
今回は「K-1 Mark II」でフラり、ブラり、プラり散歩をしてきました。 一緒に連れてきたレンズは「HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR」 「K-1 Mark II」からキットとして登場した標準レンズです。 焦点距離:28mm/絞り:f3.5/シャッタースピード:1/200秒/ISO:200 『皆何を考えているんだろう…』 通り過ぎる電車と、それを見届ける人々。 焦点距離:35mm/絞り:f11/シャッタースピード:1/80秒/ISO:800 高架下で撮影した一枚は光と影が層になり少しだけ神秘的な世界に。 焦点距離:50mm/絞り...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]