【Leica】 魅惑の“大ライカ”M5 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】 魅惑の“大ライカ”M5

[ Category:Leica|掲載日時:2013年07月14日 16時07分]



M型ライカの長い歴史の中で唯一、異色を放つモデルがあります。

null

そう・・・Leica M5です。

ライカとしては初の露出計内蔵機。

露出計機構を内蔵する為、少々大柄になり独特のデザインに。

“大ライカ”なんてニックネームが付けられていたりしますが、

大きいだけが取り柄じゃありません。実はもの凄く実用的なカメラです。

今回はそんなM5に焦点を当ててみたいと思います。

null

まるで航空母艦のような軍艦部。

“Leitz”表記のロゴが精悍なイメージを引き立てます。

大柄なボディは男性の手にはちょうど良い大きさ。

スローシャッター使用時には抜群の安定感を発揮します。

null

フィルム巻き戻しクランクはボディ上部ではなく、底部に配置。

「底にあると巻き戻しの時に使いにくそう・・・」と思われがちですが、

実際に使ってみると、自然に扱える合理的な配置だという事に気付かされます。

null

M5が“実用的”な最たる理由がこのシャッタースピードダイヤル。

ボディ前面に一部が張り出すように配置されており、

ファインダーから目を離さずに人差し指のみを使って任意のシャッタースピードに変更する事が可能。

さらに、ファインダー内の露出計はM型ライカで唯一の追針式

シャッタースピードとセットで、ブライトフレーム下部に表示されます。

2つの針と針が重なれば適正露出。瞬時に判断が可能です。

null

ボディーカラーは、ブラッククロームもしくはシルバークローム。

合わせて3万台程度の生産台数のうち、シルバーは約1万台とやや少なく、

中古市場に出回る数もそれに比例します。

ストラップを取り付ける為の金具が原則的に片側へ2箇所設けられており、

縦にカメラを吊れるところも特徴的。持ち歩きも体に沿わせてラクラク。

M5が誕生したのはライカ社の経営が厳しい時代。

如何にして今までに無かった新しい技術を盛り込み、世の中に反響を与えられるか。

この特徴的な形をしたボディと対峙していると、技術者の創意工夫の塊のようにも思えてきます。


さぁ・・・あなたはブラックとシルバー・・・どちらのM5にしますか・・・?

Leica M5の中古商品のお買い物は⇒コチラから。

お問い合わせ・ご相談もお気軽に。

スタッフ一同お待ちしております。





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2013年07月14日 16時07分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

WOR...!? 新登場!オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター 」! 2019年02月21日
皆様こんにちは。 マップカメラでは2019年2月22日より、新オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター」の販売を開始いたしました。 目指したのは「安心の国内生産」「撥水撥油コーティング」、そして嬉しい「お買い得価格」。さっそく見ていきましょう。 ■安心の国内生産■ 当店では長らく定番品として「MC-Nノーマルフィルター」を取り扱っていますが、より高機能なフィルターを求める声も頂戴しており、今回「WORプロテクトフィルター」という名で待望の商品化に漕ぎ着けまし...
続きを読む
【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 2019年02月21日
以前のブログでは<Panasonic GX7MK3 標準ズームレンズキット>のクリエイティブフィルターを使った雰囲気写真に挑戦しました。 前回ブログはこちら↓ 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る 今回は、鮮やかな色と打って変わってモノクロームを使った撮影を試みました。 焦点距離12mm ISO200 F3.5 1/60秒 ラフモノクローム 高架下 粒子のような質感を出せるモノクロフィルターです。 ざらついた写真がフィルムを現像したような雰囲気を醸せます。 焦点距離12mm ISO1000 F3.5 1...
続きを読む
発売まであと1日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO 2019年02月21日
17mm F1.2 1/20秒 ISO200 E-M1X発売カウントダウンブログは、遂に本日最終日となりました。 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約35mm相当の準広角レンズ。 引けば広角、寄れば標準レンズに近い使い方が出来る便利なレンズ。 融通が利くゆえに中途半端な使い方をすると中途半端な写り方にもなりかねない画角という認識です。 いつも以上に気を引き締めて挑みました! 17mm F1.2 1/20秒 ISO200 狭い路地でも広めの画角で難なくパシャリ。...
続きを読む
null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]