【Leica】 魅惑の“大ライカ”M5 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





M型ライカの長い歴史の中で唯一、異色を放つモデルがあります。

null

そう・・・Leica M5です。

ライカとしては初の露出計内蔵機。

露出計機構を内蔵する為、少々大柄になり独特のデザインに。

“大ライカ”なんてニックネームが付けられていたりしますが、

大きいだけが取り柄じゃありません。実はもの凄く実用的なカメラです。

今回はそんなM5に焦点を当ててみたいと思います。

null

まるで航空母艦のような軍艦部。

“Leitz”表記のロゴが精悍なイメージを引き立てます。

大柄なボディは男性の手にはちょうど良い大きさ。

スローシャッター使用時には抜群の安定感を発揮します。

null

フィルム巻き戻しクランクはボディ上部ではなく、底部に配置。

「底にあると巻き戻しの時に使いにくそう・・・」と思われがちですが、

実際に使ってみると、自然に扱える合理的な配置だという事に気付かされます。

null

M5が“実用的”な最たる理由がこのシャッタースピードダイヤル。

ボディ前面に一部が張り出すように配置されており、

ファインダーから目を離さずに人差し指のみを使って任意のシャッタースピードに変更する事が可能。

さらに、ファインダー内の露出計はM型ライカで唯一の追針式

シャッタースピードとセットで、ブライトフレーム下部に表示されます。

2つの針と針が重なれば適正露出。瞬時に判断が可能です。

null

ボディーカラーは、ブラッククロームもしくはシルバークローム。

合わせて3万台程度の生産台数のうち、シルバーは約1万台とやや少なく、

中古市場に出回る数もそれに比例します。

ストラップを取り付ける為の金具が原則的に片側へ2箇所設けられており、

縦にカメラを吊れるところも特徴的。持ち歩きも体に沿わせてラクラク。

M5が誕生したのはライカ社の経営が厳しい時代。

如何にして今までに無かった新しい技術を盛り込み、世の中に反響を与えられるか。

この特徴的な形をしたボディと対峙していると、技術者の創意工夫の塊のようにも思えてきます。


さぁ・・・あなたはブラックとシルバー・・・どちらのM5にしますか・・・?

Leica M5の中古商品のお買い物は⇒コチラから。

お問い合わせ・ご相談もお気軽に。

スタッフ一同お待ちしております。





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:07月14日 16時07分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む
null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]