アルカスイス規格の雲台、クイックリリースプレートのすゝめ Vol.1【プレート編】 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  アルカスイス規格の雲台、クイックリリースプレートのすゝめ Vol.1【プレート編】 | THE MAP TIMES
Select Language

アルカスイス規格の雲台、クイックリリースプレートのすゝめ Vol.1【プレート編】

[ Category: etc.|掲載日時:2013年09月05日 19時00分]
その名の通りARCA SWISS(アルカスイス)というブランドで採用されているアルカスイス規格のクイックリリース機構を採用した雲台、プレートが日本国内で手に入る製品としても充実してきました。

ひとえにアルカスイス規格といっても明確に溝のサイズが規格化されているわけではなく、アルカスイス互換という表現のほうが正しいかもしれませんが今回はそういった雲台やクイックリリースプレートをひたすら紹介していきます。

多彩な形状のプレート全てに互換性
null
上記写真のように色々な用途に合わせた形状のクイックリリースプレートが存在しますが、全て互換性を保っています。


null null
左から汎用プレート、三脚座付きレンズ用プレート、Canon EOS 5D MarkIII専用、Canon EOS 5D MarkIIIバッテリーグリップ付き専用


特におすすめしたいカメラ用L型ブラケットタイプ
null null
※写真の製品はphotoclam(フォトクラム)Lブラケット LB-5dMarkIII-UP2(EOS 5D Mark III専用)


カメラ装着例
null
※写真の製品はSUNWAYFOTO(サンウェイフォト) Nikon D800/D800E専用L型ブラケット PNL-D800


null
特徴は見てわかる通りサイドまでL字にプレートが備わっています。これにより縦位置での撮影時に抜群の安定性を発揮します。


通常の雲台での縦位置撮影時
null
横位置撮影時に比べてカメラの位置がかなり低く、レンズ光軸も横にそれてしまい三脚の位置もしくはエレベーターの高さの調整が大幅に必要になります。


L型ブラケットを使用した撮影時
null
雲台の角度はそのまま、縦位置用のクイックリリースでカメラを接続できます。カメラ、三脚の調整も軽微で済み非常に便利です。


null
またカメラ底部にストラップの通し穴を追加できます。
ハンドストラップを装着したり、ネックストラップをグリップ側の上下に装着して手に巻き取ることでハンドストラップのように取り回すこともできます。

カメラ専用設計タイプはカメラ底の形状にピッタリ沿うように作られており、雲台装着時にガッチリとしたホールド力を発揮します。


null
カメラのサイドにある端子へのアクセスも問題なく、しっかり端子カバーの開閉が行えます。


フラッグシップモデル(縦位置グリップ一体型カメラ)用L型ブラケット
null
Nikon D4用Canon EOS EOS-1D X用などの大型カメラ専用タイプもあります。


null
縦位置装着が可能なL字のプレート形状。


null
カメラが重い分、雲台を倒して縦位置に構えてしまうと安定性の面で不安です。
こちらのブラケットを使用することで非常に安定した縦位置撮影が行えます。



null
もちろんサイドの端子部へアクセスが可能。


null
また、横挿しのバッテリー交換にも対応して死角なしです。


カメラごとに用意するのが大変なら...
null null
カメラ専用設計のものがカメラとの接合部のホールド力で圧倒的におすすめではありますが、こういった汎用タイプも存在します。
単純に縦位置撮影で安定感を得たい方はこちらをどうぞ。


レンズ用もアルカスイス規格で揃えましょう
null
三脚座つきの重量級レンズは同じくアルカスイス互換で揃えると便利です。


null
回転防止の機構を持つものを使えばこういった組み合わせでも安心して使えます。


なかなか写真と言葉だけでは使い勝手を伝えきれないですが、商品の検索は以下のリンクからどうぞ!



アルカスイス規格のクイックリリースプレート等の一覧は>>コチラ
アルカスイス規格のボールヘッド(自由雲台)の一覧は>>コチラ

[ Category: etc.|掲載日時:2013年09月05日 19時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!195票


null

【MapTimes】One More Times!! vol.7【Foveon】[2019年10月19日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードは「Foveon」 10月25日に発売されるSIGMA Lマウントカメラ「fp」 期待に胸膨らみすぎて眠れなかったため 今までマップカメラスタッフが撮影してきた「Foveon」をまとめてみました。 SIGMA「Foveon」は各シリーズ、各世代に根強いファンが...
続きを読む
SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む