Select Language

『コシナ長野工場見学バスツアー』レポート

[ Category: Information|掲載日時:2013年09月14日 15時13分]


毎年恒例の創業祭イベント、コシナ長野工場見学バスツアーも
今年で5回目を迎えることができました。

9月11日、早朝より皆さまにお集まりいただき、いざ長野へ。

null

当日の新宿はあいにくの小雨模様。天候に不安を抱えながらの出発と
なりましたが、道中徐々に晴れ間が広がり、現地に到着するころには
すっかり好天となりました。


まずは小布施事業所の見学です。皆さまバスで4時間もの長時間移動の
疲れも見せず、熱心に見入られておりました。

null

※工場内は撮影禁止のため、外観中心の写真となりますことをご了承ください。

null

小布施事業所では、光学硝子の溶解・製造を行っています。
昼時ではありましたが、溶解用の炉に火が入っている様子も
間近で見学することができました。


小布施事業所見学の後は、近隣のお食事処『泉石亭』で昼食をいただきます。

null

小布施は栗やフルーツが有名なところとのことで、今回のお食事にも名物「栗おこわ」が。
長野名物のおそばとともに大変おいしくいただきました。
昼食後には泉石亭のお庭での撮影を楽まれる方もいらっしゃいました。

null

お腹も満たされたところで、次は飯山事業所の見学です。

null

飯山事業所では、レンズの研磨などを行っています。
水と研磨剤でレンズがひたすら磨かれ、白かったレンズがどんどんと
透明になっていく様を見学させていただきました。
研磨の過程では、わずかなキズなども見逃さない厳しいチェックも
行われており、コシナ製レンズの品質の高さを肌で感じることができました。


3か所目は中野事業所です。
中野事業所では、レンズの部品加工・組み立てを行っており
日頃目にするレンズが徐々に出来あがっていく過程を見ることができました。



巨大な旋盤の機械が並んでいる様は、まさに圧巻でしたが
細部の確認は人の手で行われており、ここにもコシナ製レンズの品質への
信頼・安心感を感じることができます。



工場見学の後は、同じ建物内の会議室へ移動し、設計・広報担当の方の
ご説明・質疑応答などを行いました。
各事業所の工程をご覧になった皆さまからの、期待を込めた質問に
品質にこだわるコシナさんの真っ直ぐな姿勢。
作り手とユーザーの距離が一挙に縮まっていく感もあり
私どもも今回のツアーを実施して良かったと感じ入る瞬間でした。



最後にレンズ拭きの実演を超間近で見学。
皆さまお持ちのレンズへの思い入れもあるのでしょう
熱心に見入られ、多くの質問も飛び交いました。



今回の見学はここで終了し、帰路に付きます。

往路同様バスに揺られ、予定通り20:30に無事新宿到着。
移動時間の長い弾丸ツアーとなりましたが、お帰りの際の
皆さまの笑顔を拝見し、私どももほっと胸を撫で下ろしました。

ご参加いただいた皆さま、今回は抽選制とさせていただきましたが
エントリーいただいた多くのお客様、大変ありがとうございました。

また、今回もツアーを受け入れいただきました株式会社コシナ様
企画にご協力いただきました旅行会社の方々にもこの場を借りて
改めてお礼申し上げます。

今後も、マップカメラでは皆さまに喜んでいただけるようなイベントを
企画していきたいと思いますので、是非よろしくお願いいたします。

[ Category: Information|掲載日時:2013年09月14日 15時13分]

面白いと思ったらコチラをClick!97票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む