【Leica】EX・オブ・ザ・イヤー Round2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】EX・オブ・ザ・イヤー Round2

[ Category:Leica|掲載日時:2013年11月20日 20時10分]



エキサイティングオブザイヤーLeica



その1”で取り上げたライカM(Typ240)に引き続き
今年その登場でライカファンを興奮させたカメラがこれ!
ライカ X-Vario(Typ107)

発表の少し前からメーカーのホームページ上でその登場を匂わせ、
徐々にその全貌が見えてくるような演出にどのようなカメラが
ライカから発表されるのか、その日を待ち望んだ人は決して少なくないだろう。

X-VarioはAPS-Cセンサー搭載のXシリーズ(X1/X2)の後継機で
従来の単焦点レンズの代わりに28-70mmの高性能ズームレンズを
採用した意欲的なモデル。
開放F値をF3.5(28mm時)と欲張らなかったことが功を奏して
単焦点レンズに匹敵する描写性能を誇る。

品質の為にはコストを惜しまないライカのレンズは
比較的構造の単純な単焦点でも高価。
そんなライカが作るズームレンズは例外なく非常に高価になる。

そう考えればこのX-Varioはまるでライカのズームレンズを購入する感覚で
カメラ本体まで買えてしまう“とてもリーズナブルなライカ”とも言えるだろう。



X1、X2のような繊細な描写が好きだけどズームの便利さも捨てがたい、
そんな方に最適なハイエンドカメラ、X-Vario。

ライカM(Typ240)同様さらに見やすくなった高精細な背面液晶と、AF/MF切替が
ピントリングで同時にできるなどの優れた設計とが相俟って、
このX-Varioもライカの歴史に相応しく、また幾多の傑作を生み出していくことだろう。



X-Varioの商品情報・お買い物はコチラ


[ Category:Leica|掲載日時:2013年11月20日 20時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】E-M5MK2×梅雨色 2019年06月13日
雨の音。 夏の前の、気だるい6月。 この時期は毎年頭痛と戦う筆者です。 頭を抱えながら早く夏空が見たいと思う月。 こんな淀んだ気分になってしまう時期でも、好きなものがあります。 それはこの時期だけの色。音。 ƒ/3.5 1/60sec ISO-1000 梅雨は他の時期の雨とは違う、静かで少し暗みがかった青というイメージがあります。 雨の色、紫陽花の色、傘の色。 雨の影響か人が少なく、いつもは子供の声が聞こえる場所も雨音だけ。 そんな今だけの、非日常のような光景を今回はお届け出来たら...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]