【PENTAX】これからの秋を想って。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】これからの秋を想って。

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年10月02日 17時30分]


PENTAX K-5 IIs + SUGMA C 17-70mm F2.8-4 DC HSM

皆様こんにちは!
もう10月ですが台風一過の影響かまだ暑い日があります。
そろそろジャケットやカーディガンを着てファッションを楽しみたいものです。

今回はいつぞやの秋に撮った江ノ電の旅の写真を数枚載せようかなと思います。
まだ紅葉には気が早すぎますが、これから来る秋を想いながらお楽しみください。

さて、まずは江ノ島で撮った写真達からご覧下さい。

使用機材はPENTAX K-5IIsSIGMA C17-70mm F2.8-4 DC HSMPENTAX DA★200mm F2.8 ED IF SDMです。

PENTAX K-5 IIs + SUGMA C 17-70mm F2.8-4 DC HSM


PENTAX K-5 IIs + DA★200mm F2.8 ED IF SDM


PENTAX K-5 IIs + DA★200mm F2.8 ED IF SDM


江ノ島といえば海岸。
私、夏の海は人が多くて騒がしいので苦手なんですが、秋・冬の海は好きなんです。
人も少なくて波音だけが静かに耳に届く感じが落ち着きます。
そして冷たい海でもサーファーはサーフィンを。恋人達は寄り添い語らってました。
…なんて羨ましい。


さて、そろそろ日も落ちそうなので長谷寺へ。
あじさい寺としても有名なので、梅雨時にまた行きたいものです。

PENTAX K-5 IIs + SUGMA C 17-70mm F2.8-4 DC HSM


PENTAX K-5 IIs + SUGMA C 17-70mm F2.8-4 DC HSM


PENTAX K-5 IIs + SUGMA C 17-70mm F2.8-4 DC HSM


紅葉をライトアップしていて中々キレイでした。
普段はカメラ本体内でのRAW展開をしていますが、夜景のホワイトバランスがどうも怪しい…
全体的にマゼンタ被りしています。(少しマゼンタを被せたにせよ、思った以上に被ってしまった)
いざプリントしたり他のモニターで見てみるとカメラの液晶でイメージしているものと若干ずれることもあります。
この辺りは慣れが必要そうです。

本体のカスタムイメージはほぼ「雅」にしました。
マゼンタとグリーンが強めに出る他社には無い独特な設定。
しかしながらこれが風景によくマッチするのです。
「リバーサルフィルム」だとコントラストが出過ぎたり、バリッとしすぎるなーと思う時に代わりによく使ってます。

今年は今持っている機材で撮影したものを載せられたらと思います。
それではまたお会いしましょう!









〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年10月02日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
PENTAX K-7 【写真を楽しむ6月】近所で新発見 2019年06月30日
ふと、近所の普段は通らない道に新しい発見があるかもしれない!と思い立ち、 愛機ペンタックスK-7と共に地元である町田を散策してみました。 カメラを持って、傘をカバンに入れて、気合を入れて、「いざ、参る!」 さっそく新しい発見。 天明7年(1787年)に創業し200年以上続いているこだわりの醤油蔵でした。 しかもここはその本店です。近所にこんなすごい蔵があるとは驚きです。 少し歩くとまた新たな発見! 地元で人気のある老舗のとんかつ屋『とんかつ松村』こんな近所にあったと...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】さあ、アウトドアへ 【PENTAX】 2019年06月05日
さあ、アウトドアへ 【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】 今年も早いものでもう6月です。 ここ最近の6月といえば、 「真夏日」という言葉がニュースで出てくるのも珍しくなく、 曇天からしとしとと降り注ぐ長雨に風情を感じることよりも、 常備している折りたたみ傘も役に立たないほどの夕立を恐れることが多くなり、 社会科の教科書に載っていた「熱帯性気候」という言葉が頭をよぎるようになりました。 梅雨のありかたは変わっていくのでしょうか。 さてそんな季節だからこそ、 訪れる...
続きを読む
【PENTAX】Zから始まるABC 【PENTAX】Zから始まるABC 2019年05月28日
中判デジタルを始めてみよう!とお考えの方へ、今だからこそPENTAX 645Zという選択肢を。 44x33mmの大型センサーを搭載した、素晴らしい耐候性を誇る最高のフィールドカメラです。 中判ミラーレスが隆盛を極めている今、敢えて大きく重い一眼レフタイプを選ぶ意味。それを探りに、「HD DA645 28-45mm F4.5ED AW SR」をマウントして街へくりだしてみました。 結果から申し上げましょう。 「最高の体験でした」 撮影前から結果が解るEVFの利便性を捨ててでも、光学ファインダー機を使うメリット。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]