【PENTAX】 サクラサク | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】 サクラサク

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年02月27日 10時00分]



PENTAX K-5 IIs + DA★55mm F1.4 SDM

皆様こんにちは!
例年より寒い日が続いているような気がする今年の冬。
少し気が早いですが、桜の写真をお届けします!

※今回載せるのは、2014年の桜の写真です。
今年の関東圏は3月半ば頃から開花が始まるそうです。楽しみです。

PENTAX K-5 IIs + DA★55mm F1.4 SDM

使用したカメラは当時の愛機であった「PENTAX K-5 IIs」です。
今となってはよく目にするようになりましたが
当時としてはまだ珍しかった「ローパスレス仕様のセンサー」を採用したカメラです。

PENTAX K-5 IIs + DA★55mm F1.4 SDM

カスタムイメージ「ほのか」を使ってみます。
フワッとさせたい時に重宝します。桜のピンクと相性がいいようです。


こちらは「雅」で。
マゼンタが強めに出るので先ほどとは違い、ハッキリした発色。
「忠実色」よりも「記憶色」に近い色再現です。

そして、桜の時期といえばこの鳥もよく見かけるようになりました。

PENTAX K-5 IIs + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK

メジロです。
目の周りが白いからメジロ。
実に単純なネーミング。
このショットだとプリティなお腹しか見えませんが。

PENTAX K-5 IIs + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK

桜の花をついばみながら転々と飛び回っていました。
この写真を撮った時は、手に入れたばかりのマニュアルフォーカスレンズを装着していたので
追い掛け回すのに一苦労。
目が慣れてくるうちに段々と楽しくなってきました。

PENTAX K-5 IIs + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK

青空とメジロ。
次はどこへ飛んで行こうか考えているのでしょうか。

PENTAX K-5 IIs + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK

最後にもう1枚。
欲を言えばもう少し望遠が欲しかったです。


時を経て、今は「PENTAX K-1」が私の愛機です。
センサーサイズが変わったのはもちろんですが
更に充実した「カスタムイメージ」で、ソフトで柔らかい雰囲気から
コントラストの強いバキッとした雰囲気まで自由自在に表現できます。

また、RAWデータを現像して思ったのですが
素材が持っているデータ量の違いからか、従来よりもダイナミックレンジが相当広く
シャドー部からハイライト部まで滑らかに綺麗に出てくるのにはビックリしました。

そしてついに「PENTAX K-1 Mark II」が発表になりました!
更なる進化を遂げるPENTAXフルサイズ機!
4月下旬の発売予定なので今年の桜には間に合いませんが
四季の花々をこれで撮るのを考えるとワクワクします!

今年はどこへ撮りに行こうかこの時期から考え始めます。
撮りに行ったら載せたいと思います。
それではまた!








年度末も近付き、マップカメラの「中古決算」開催中!
今回ご紹介したカメラやレンズもお買い得に!?
この機会をお見逃し無く!
null


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年02月27日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]