【OLYMPUS】小さな実力派 BCL-1580&BCL-0980 | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】小さな実力派 BCL-1580&BCL-0980

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2014年04月16日 20時30分]



4902704782373
突然ですが、あなたのボディキャップはただのボディキャップですか?


それとも、こちらのボディキャップですか?

普通のボディキャップの方はぜひ、こちらのBCL-1580&BCL-0980をお試しください。

こんなおもちゃみたいなボディキャップレンズで何ができるの?と思われるかも知れません。
しかし、このボディキャップレンズ侮ってはいけません。

BCL-1580は3群3枚のオールガラスのレンズ構成、35mm判換算で約30mm相当。
BCL-0980は4群5枚のオールガラスのレンズ構成、しかも、贅沢に非球面レンズを2枚を採用!!

更に両方のレンズともにF8固定の円形絞りを採用しているという渋さ!!
必然と被写界深度も深くなるのでパンフォーカススナップにうってつけです。

操作方法もシンプルです!
撮影モードを絞り優先に設定して、レンズ前面のピントレバーを動かして調節するだけ。


さっそく、このレンズを持って撮影に行ってきました。


OM-D E-M5/BCL-0980

一枚目はBCL-0980。フィッシュアイボディキャップレンズを謳うだけあって、独特の広がり感があります。

null
DMC-GX7/BCL-1580

BCL-1580はスナップに丁度良い画角です。


OM-D E-M5/BCL-0980

にゃーん。

近寄って撮影すると強烈な遠近感と歪みのデフォルメが楽しめます。


DMC-GX7/BCL-1580

こうやって撮るとゆるい名前とは裏腹にシャープな描写をします。


DMC-GX7/BCL-1580

寄っても、引いても。

普通のレンズとは違う独特な世界を写せます。


OM-D E-M5/BCL-0980

歪みを生かして大胆な構図を作ることも出来ます。


DMC-GX7/BCL-1580

もちろん、ノスタルジックな描写もします。

光や角度によって思いがけないゆるい写真やシャープな描写をするので、一本で変化を楽しめるレンズです。
軽くて嵩張らないので、ポケットに入れておくのもいいですよ。
普通のレンズとは違った描写をするので、撮影のバラエティがずっと広がり新しい発見があります。

もしかしたら、メインのレンズになっちゃうかも!!

ボディキャップレンズBCL-1580はコチラ!!

フィッシュアイボディキャップレンズBCL-0980はコチラ!!


「下記のキャンペーンは終了しております。」
マップカメラでは4/30までmapcamera.comご利用のお客様限定で
「お買い物無料化キャンペーン」開催中!
毎日抽選で1名様に当日のお買い物額をポイントで還元!!
*景品法に基づき、還元ポイントは10万Pointまでとさせて頂きます。

↓詳しくは下記バナーをクリック↓



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2014年04月16日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]