Select Language



『Panasonic LUMIX GH4』トークセミナーを開催しました

[ Category:Panasonic|掲載日時:2014年05月10日 18時00分]


GH4トークセミナー

2014年5月10日、プロカメラマンの森脇章彦先生をお迎えして
「Panasonic LUMIX GH4 トークセミナー」を開催いたしました。
広告写真の分野でも活躍されている森脇先生の経験から導き出された
撮影スタイルの説明はとても楽しく、参考になりました。
ご参加できなかった方の為に、今回もその様子を少しご覧いただきます。


Panasonic LUMIX GH4

広告写真と聞くと中判デジタルなど大きなセンサーのカメラを想像してしまいますが、
森脇先生はマイクロフォーサーズ機はもちろん、さらに小さな1インチセンサーのカメラも多用しているとの事。
その理由は、レンズの絞れば絞るほど画像が不鮮明になる「回析現象」を避けるため。
モデル撮影時ではバストトップから髪の毛まで幅広い範囲の鮮鋭感が求められます。
被写界深度と絞りによる劣化をセンサーの大きさで調整しているとの事でした。


GH4トークセミナー

まずは、その撮影スタイルで重宝していく機能を紹介していただきました。

タッチフォーカスが採用されている「LUMIX GH4」には画面全体にAFエリアが設定されています。
しかし実際の現場では使用する箇所が限られるため、縦位置撮影用などに複数のパターンを予め登録しておくと便利との事でした。


GH4トークセミナー

さて「LUMIX GH4」と言えば、気になるのはその4K動画撮影機能です。

今回パナソニックさんの協力で、4K対応の65インチテレビを用意していただきました。
圧倒的な解像力を持つ4K動画は、大きなテレビで一時停止しても写真と見間違う程の高い解像力を持っています。
「LUMIX GH4」では再生映像を高精細の静止画として出力することが可能で、
書き出された3840×2160の画像はA3出力しても問題ないクオリティーとの事。


GH4トークセミナー

今までの動画撮影機で動画から静止画を書き出すと、白飛びなど画質の劣化が避けられなかったのですが、
「LUMIX GH4」では精細な情報がしっかり残っているので、画像処理ソフトでの加工も楽しめます。

30コマ/秒の連写で撮り続けていると考えれば、ひとまず動画で撮影し、後で欲しい瞬間を切り撮るといったスタイルでOK!
森脇先生の「シャッターボタンを必要としない」とおっしゃったのが印象的でした。


GH4トークセミナー

カメラの凄さを説明いただいた後は、特別に先生が愛用しているアクセサリーを紹介いただきました。
ブレを防ぐ三脚雲台やステディーカムは、意外と低価格な製品だったことにビックリです。
ちなみにレンズに付けるフィルターは画質への影響がほとんどないマルミの「EXUS」がおすすめとの事でした。


GH4トークセミナー

そして最後にメモリーカード選び方の注意点を。
4K動画の大きなデータをスムーズに記録するにはUHSスピードクラス3(U3)対応のカードが必要との事です。
特に動きの早いものや色数が多い物はデータ量がさらに大きくなり、対応外のカードを使用すると
途中で止まってしまうとの事でしたのでご注意ください。


GH4トークセミナー

発売後、メーカー予想を上回る注文で品薄が続く「LUMIX GH4」ですが、今回のお話を聞いてその人気ぶりを改めて理解しました。
先生が持参されたアクセサリーへの質問が多かった事からも、動画に対する関心の高さも伺えます。

4K動画の高い解像力を目の当たりにして、静止画も動画からが当たり前になる。
そんなデジカメの進化も想像させるセミナーでした。


最後にご参加いただいたお客様、森脇先生、パナソニックさんに心から御礼申し上げます。
今後も楽しいセミナーを企画いたしますので、どうぞお楽しみに。





[ Category:Panasonic|掲載日時:2014年05月10日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む
三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]