『Panasonic LUMIX GH4』トークセミナーを開催しました | THE MAP TIMES 
Select Language



『Panasonic LUMIX GH4』トークセミナーを開催しました

[ Category:Panasonic|掲載日時:2014年05月10日 18時00分]


GH4トークセミナー

2014年5月10日、プロカメラマンの森脇章彦先生をお迎えして
「Panasonic LUMIX GH4 トークセミナー」を開催いたしました。
広告写真の分野でも活躍されている森脇先生の経験から導き出された
撮影スタイルの説明はとても楽しく、参考になりました。
ご参加できなかった方の為に、今回もその様子を少しご覧いただきます。


Panasonic LUMIX GH4

広告写真と聞くと中判デジタルなど大きなセンサーのカメラを想像してしまいますが、
森脇先生はマイクロフォーサーズ機はもちろん、さらに小さな1インチセンサーのカメラも多用しているとの事。
その理由は、レンズの絞れば絞るほど画像が不鮮明になる「回析現象」を避けるため。
モデル撮影時ではバストトップから髪の毛まで幅広い範囲の鮮鋭感が求められます。
被写界深度と絞りによる劣化をセンサーの大きさで調整しているとの事でした。


GH4トークセミナー

まずは、その撮影スタイルで重宝していく機能を紹介していただきました。

タッチフォーカスが採用されている「LUMIX GH4」には画面全体にAFエリアが設定されています。
しかし実際の現場では使用する箇所が限られるため、縦位置撮影用などに複数のパターンを予め登録しておくと便利との事でした。


GH4トークセミナー

さて「LUMIX GH4」と言えば、気になるのはその4K動画撮影機能です。

今回パナソニックさんの協力で、4K対応の65インチテレビを用意していただきました。
圧倒的な解像力を持つ4K動画は、大きなテレビで一時停止しても写真と見間違う程の高い解像力を持っています。
「LUMIX GH4」では再生映像を高精細の静止画として出力することが可能で、
書き出された3840×2160の画像はA3出力しても問題ないクオリティーとの事。


GH4トークセミナー

今までの動画撮影機で動画から静止画を書き出すと、白飛びなど画質の劣化が避けられなかったのですが、
「LUMIX GH4」では精細な情報がしっかり残っているので、画像処理ソフトでの加工も楽しめます。

30コマ/秒の連写で撮り続けていると考えれば、ひとまず動画で撮影し、後で欲しい瞬間を切り撮るといったスタイルでOK!
森脇先生の「シャッターボタンを必要としない」とおっしゃったのが印象的でした。


GH4トークセミナー

カメラの凄さを説明いただいた後は、特別に先生が愛用しているアクセサリーを紹介いただきました。
ブレを防ぐ三脚雲台やステディーカムは、意外と低価格な製品だったことにビックリです。
ちなみにレンズに付けるフィルターは画質への影響がほとんどないマルミの「EXUS」がおすすめとの事でした。


GH4トークセミナー

そして最後にメモリーカード選び方の注意点を。
4K動画の大きなデータをスムーズに記録するにはUHSスピードクラス3(U3)対応のカードが必要との事です。
特に動きの早いものや色数が多い物はデータ量がさらに大きくなり、対応外のカードを使用すると
途中で止まってしまうとの事でしたのでご注意ください。


GH4トークセミナー

発売後、メーカー予想を上回る注文で品薄が続く「LUMIX GH4」ですが、今回のお話を聞いてその人気ぶりを改めて理解しました。
先生が持参されたアクセサリーへの質問が多かった事からも、動画に対する関心の高さも伺えます。

4K動画の高い解像力を目の当たりにして、静止画も動画からが当たり前になる。
そんなデジカメの進化も想像させるセミナーでした。


最後にご参加いただいたお客様、森脇先生、パナソニックさんに心から御礼申し上げます。
今後も楽しいセミナーを企画いたしますので、どうぞお楽しみに。





[ Category:Panasonic|掲載日時:2014年05月10日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]