20周年記念「BRASS FILTER」発売直前!marumi工場見学レポート | THE MAP TIMES 
Select Language



20周年記念「BRASS FILTER」発売直前!marumi工場見学レポート

[ Category:etc.|掲載日時:2014年08月01日 16時30分]


BRASS FILTER


8月13日よりマップカメラでは20周年記念商品として「BRASS FILTER」を発売いたします。
国内一貫生産のフィルター専業メーカー「マルミ光機株式会社」さんとのコラボで実現した「BRASS FILTER」は、その名のとおりフィルター枠に真鍮採用したモデルで、ガラスは同社で1番人気の「DHGスーパーシリーズ」と同じガラスを使用しています。
高い撥水・防汚性能に加え、質感と堅牢性が大きく向上した20周年記念の自信作。
今回は、その製造行程を見学にマルミ光機長野工場へ行ってきました。


マルミ長野工場


マップカメラのある新宿西口から高速バスに揺られる事、約3時間。長野県上伊那郡にあるマルミ光機長野工場に到着です。
諏訪湖から流れる天竜川沿いにある場所は南アルプスと中央アルプスに囲まれた静かな場所。海外輸出分も含め、ここでマルミフィルターの全商品が製造されています。


岸工場長


今回工場内を案内してくださったのは工場長の岸さん。
早速、マップカメラオリジナルフィルターを持っての登場です。
実は、今まで発売していたアルミ枠のレンズ保護フィルター「MAPCAMERA MC-Nノーマルフィルター」や偏光の「MAPCAMERA WideMC-CPL円偏光フィルター」も マルミ製だったんです!

早速、工場内を案内していただきました。


ガラス部材


まず最初に目に飛び込んでくるのは、至る所に置かれている部材の山。
偏にフィルターと言っても、保護からカラー、偏光、減光、特殊効果まで幅広くあります。それぞれに専用のガラスがあり、更にはサイズも異なるわけですからその量は膨大です。


偏光フィルターの素材


最初に案内されたのはガラスの加工現場。
偏光フィルターなどの特殊フィルターには、光学ガラスの間にフィルムを挟んで蒸着するという加工作業が必要となります。
上の写真はその偏光フィルターの素になる偏光膜と波長板。
同じ偏光フィルターでもEXUSとDHGシリーズでは工程も材料も異なるとの事。単に1枚のガラスではないフィルターの奥の深さを感じます。


丸目研磨


面取研磨


加工の終わったガラスは研磨を重ねながら寸法を調整していきます。
表面だけではなく、周囲の丸目や面取りなど、あらゆる角度から何度も研磨を繰り返す工程の多さに驚かされます。


砂掛け


厚みのあるガラスは砂掛けという処理で荒削りを行い、薄く仕上げていきます。


砂掛け前後


砂掛けで白くなったガラスを、さらに研磨してフィルターガラスに仕上げていきます。


仕上研磨


研磨剤で仕上がったガラスはピカピカ。


洗浄


最後に超音波洗浄でガラスの加工は終了です。
水の綺麗な長野では水道水から純水を作って洗浄するとのこと。特殊な薬品を使っていない安心安全の品質を確認できました。


枠印刷


別行程ではフィルター枠の印刷が行われていました。


カラー枠


マップカメラのオリジナルフィルターはいずれもフィルター枠の印字はありませんが、マイカラーシリーズなど枠のバリエーションも豊富なマルミだけあって、次々と印字される枠の量も半端ではありません。


検品


厳しい検品のあと、内面反射を抑える墨入れ加工を施し、枠に固定されフィルターは完成します。

何の変哲もないガラスに見えても、レンズの性能を最大限に引き出す裏には、多くの技術と手間暇がかかっていました。
月に約10万枚を生産しているという長野工場。その作業の大半が手作業というのに驚きます。
職人技と呼ぶに相応しい丁寧で正確な作業は、国内一貫生産の安心と高品質を十分に理解することができました。

高画質化が進むデジタルカメラだからこそ、フィルター選びも重要です。
単にキズ防止と考えるのではなく、技術と性能の優れたフィルターを選びたいものです。

いよいよ発売まであと1ヶ月切った「BRASS FILTER」。
今回この工場見学を経て、さらに自信を持っておすすめいたします!!
どうぞおたのしみに!

20周年記念オリジナル商品は 商品詳細


マルミ製のマップカメラオリジナルフィルターもおすすめ!



マルミフィルターと言えば
もお忘れなく。






[ Category:etc.|掲載日時:2014年08月01日 16時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 2019年08月19日
とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む
愛機と共に 【私のお気に入り】愛機と共に 2019年08月18日
モノを購入する際、 「コレが決め手!」「ここだけは外せない!」 といったことがあります。 今回【私のお気に入り】ということで、 カメラ機材に全く関係のない腕時計を 上記観点で(恐る恐る)したためることにしました。 是非お読みいただければ幸いです。 初めての機械式時計は10年以上前に購入した OMEGAのスピードマスターだったのですが、 手首の上でジリジリと回るローターの感覚… スムースに動くスイープ運針… たまりませんでした。 すっかり機械式時計に魅了され、あの時計...
続きを読む
null 【私のお気に入り】 格安高性能レンズ【SIGMA】 2019年08月17日
前回、筆者の担当の回で、OM-D EM-1 MarkIIをご紹介しましたが、その際に使用したSIGMA Art 60mm F2.8 DN(マイクロフォーサーズ)について改めてご紹介します。 このレンズの価格の安さに惹かれ、何気なく購入し、少し使ってみただけなのですが、解像感の高さ、色乗りの良さには舌を巻きました。 筆者は夜景を撮影することが多いのですが、ノイズを抑えるため、できるだけ感度を上げずに、絞りを開けたいところです。 F2.8ではありますが、このレンズは解放から安心して使用できます。 ...
続きを読む
角形フィルターで遊ぼう 【marumi】最新の角形フィルターを試みる 2019年08月16日
α7III + FE16-35mm F2.8 GM + M100 + C-PL For M100 + Soft GND8 + ND16 18mm | F8 | 20s | ISO100 千葉県佐倉市 印旛沼にて 「marumi」から最新鋭の角形フィルター誕生 EXUSやEXUS SOLIDといったレンズフィルターをご存知でしょうか。 レンズフィルター専業メーカーとして名の知れる「マルミ光機」通称「marumi」。 marumiのフィルターを愛用する写真愛好家は多いと思います。 レンズフィルターとは、レンズ前面のガラスの保護を目的として装着する「保護フィルター」が一般的ですが、 ...
続きを読む
嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]