Select Language

20周年記念「BRASS FILTER」発売直前!marumi工場見学レポート

[ Category: etc.|掲載日時:2014年08月01日 16時30分]

BRASS FILTER


8月13日よりマップカメラでは20周年記念商品として「BRASS FILTER」を発売いたします。
国内一貫生産のフィルター専業メーカー「マルミ光機株式会社」さんとのコラボで実現した「BRASS FILTER」は、その名のとおりフィルター枠に真鍮採用したモデルで、ガラスは同社で1番人気の「DHGスーパーシリーズ」と同じガラスを使用しています。
高い撥水・防汚性能に加え、質感と堅牢性が大きく向上した20周年記念の自信作。
今回は、その製造行程を見学にマルミ光機長野工場へ行ってきました。


マルミ長野工場


マップカメラのある新宿西口から高速バスに揺られる事、約3時間。長野県上伊那郡にあるマルミ光機長野工場に到着です。
諏訪湖から流れる天竜川沿いにある場所は南アルプスと中央アルプスに囲まれた静かな場所。海外輸出分も含め、ここでマルミフィルターの全商品が製造されています。


岸工場長


今回工場内を案内してくださったのは工場長の岸さん。
早速、マップカメラオリジナルフィルターを持っての登場です。
実は、今まで発売していたアルミ枠のレンズ保護フィルター「MAPCAMERA MC-Nノーマルフィルター」や偏光の「MAPCAMERA WideMC-CPL円偏光フィルター」も マルミ製だったんです!

早速、工場内を案内していただきました。


ガラス部材


まず最初に目に飛び込んでくるのは、至る所に置かれている部材の山。
偏にフィルターと言っても、保護からカラー、偏光、減光、特殊効果まで幅広くあります。それぞれに専用のガラスがあり、更にはサイズも異なるわけですからその量は膨大です。


偏光フィルターの素材


最初に案内されたのはガラスの加工現場。
偏光フィルターなどの特殊フィルターには、光学ガラスの間にフィルムを挟んで蒸着するという加工作業が必要となります。
上の写真はその偏光フィルターの素になる偏光膜と波長板。
同じ偏光フィルターでもEXUSとDHGシリーズでは工程も材料も異なるとの事。単に1枚のガラスではないフィルターの奥の深さを感じます。


丸目研磨


面取研磨


加工の終わったガラスは研磨を重ねながら寸法を調整していきます。
表面だけではなく、周囲の丸目や面取りなど、あらゆる角度から何度も研磨を繰り返す工程の多さに驚かされます。


砂掛け


厚みのあるガラスは砂掛けという処理で荒削りを行い、薄く仕上げていきます。


砂掛け前後


砂掛けで白くなったガラスを、さらに研磨してフィルターガラスに仕上げていきます。


仕上研磨


研磨剤で仕上がったガラスはピカピカ。


洗浄


最後に超音波洗浄でガラスの加工は終了です。
水の綺麗な長野では水道水から純水を作って洗浄するとのこと。特殊な薬品を使っていない安心安全の品質を確認できました。


枠印刷


別行程ではフィルター枠の印刷が行われていました。


カラー枠


マップカメラのオリジナルフィルターはいずれもフィルター枠の印字はありませんが、マイカラーシリーズなど枠のバリエーションも豊富なマルミだけあって、次々と印字される枠の量も半端ではありません。


検品


厳しい検品のあと、内面反射を抑える墨入れ加工を施し、枠に固定されフィルターは完成します。

何の変哲もないガラスに見えても、レンズの性能を最大限に引き出す裏には、多くの技術と手間暇がかかっていました。
月に約10万枚を生産しているという長野工場。その作業の大半が手作業というのに驚きます。
職人技と呼ぶに相応しい丁寧で正確な作業は、国内一貫生産の安心と高品質を十分に理解することができました。

高画質化が進むデジタルカメラだからこそ、フィルター選びも重要です。
単にキズ防止と考えるのではなく、技術と性能の優れたフィルターを選びたいものです。

いよいよ発売まであと1ヶ月切った「BRASS FILTER」。
今回この工場見学を経て、さらに自信を持っておすすめいたします!!
どうぞおたのしみに!

20周年記念オリジナル商品は 商品詳細


マルミ製のマップカメラオリジナルフィルターもおすすめ!



マルミフィルターと言えば
もお忘れなく。






[ Category: etc.|掲載日時:2014年08月01日 16時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!151票


【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術

【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術[2019年11月13日]

プラザ正面に堂々たる展示が。 2019年11月22日発売が決まったOM-D E-M5 Mark III。 先代のOM-D E-M5 Mark II発売が2015年3月なので、実に4年半ぶりのモデルチェンジです。 新製品の全国ツアーとも言うべき「OLMPUS FOTOFESTA 2019」にて試した方もいらっしゃると思いますが、東京は少し先の11月16日。 幸いにしてオリンパスプラザ新宿がご近所なので、タッチ&トライと作例写真鑑賞を兼ねて進化点を伺ってきました。 オリンパスの十八番ライブコンポジットの作例が美しい ■随所に感...
続きを読む
秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む
X-Pro3&XF35mmF1.4

【FUJIFILM】X-Pro3と行く日光の旅[2019年11月12日]

テレビで某鉄道会社が名曲My Favorite Thingsをバックに京都に行くCMも流れ始めましたね。 ということで「そうだ!紅葉撮りに行こう」となり、両親と奥さんを引き連れてと日光へ向かいました。 相棒は今月28日に発売予定の「FUJIFILM X-Pro3」。 まだまだカメラ初心者の筆者は普段「X-T20」を愛用しており、「X-Pro」シリーズは初体験。 ファインダーの位置の違いだけでも戸惑うようなレベルですが、 愛用の「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着して、秋の日光を満喫してきました。 まずは「湯...
続きを読む
写真展のご案内 〜『AboxPhotoClub Toyama 2019』写真展

写真展のご案内 〜写真展『Abox Photo Club Toyama 2019』~[2019年11月12日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『AboxPhotoClub Toyama 2019』 です。 是非足をお運び下さい。 会場:富山市ガラス美術館5F ギャラリー1・2(入場無料) 会期:2019 年11 月15 日(金)~17 日(日) 開場:10時~19時(最終日17時まで) 出品作家:高崎 勉(塾長)/阿閉 みゆき/池田 真理/碓井 勇一郎/岡本 和宏/奥沢 翔平/粕谷 千春/金川 はるみ/金田 めぐみ/亀井 栄二/川村 浩一/行天 琴美/黒谷 さおり/澤田 修平...
続きを読む