Select Language



【Leica】 金曜フードショー☆第12回 12585 M35mm / M50mm用フード

[ Category:Leica|掲載日時:2014年11月07日 19時00分]





みなさん、こんにちは「金曜フードショー」へようこそ!

レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが
レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。

このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げていきます。

今回紹介するのは、ズマロン35mm、ズミクロン35mm、ズミクロン50mm、エルマー50mm兼用の12585 フードです。

このフードの特徴① 3つのスリットが正面から見るとよくわかりますね。


12585は、第7回で紹介した「IROOA 35mm、50mm用フード」の後継機種です。
IROOAと同じく、フィルター径39mmでフードを爪で固定する35mm、50mmのレンズに取付けできます。

メタル製ブラッククローム仕上げで、↑ の写真のほかにも刻印のバリエーションがあります。


使用法もIROOAと同様です。取付けは、両サイドのボタンを押して、4つの爪で固定します。
爪は二重にあり、50mmレンズでは逆さ付けしてコンパクトに収納できます。フードカバー(14033)も使えますよ。


そして特徴② ラッパ型のIROOA とは逆に、先端がすぼまっています

これら2つの特徴は何のためなのか? ↓ の写真をご覧ください。
ライカM6 + ズミクロンM50mmF2 に、左は「IROOA」、右は「12585」をそれぞれ装着した時のファインダー像です。


画面右下に注目してください。 理由は一目瞭然ですね! 
「IROOA」では、右下スミが隠れて見えません(ケラれている)。
対して「12585」では、フードが線状になっていてスミまで見る事が出来ます。

実際の撮影の場面では、この「右下スミが見えない」ことは、結構ストレスになるんです。
フィルムを現像してみたら、思いもよらないモノが写っていたり、
右下を気にしてなかなかフレーミングが決まらなかったりするのです。

そんなストレスを解消してくれる救世主が「12585」なのです!

「何だかライカっぽくてカッコいいデザイン」だけではなかったんですね! レンジファインダー用に考え抜かれた機能美なんですね!

ライカレンズは、ほとんどがフード組み込みタイプになりましたが、
ツァイスやフォクトレンダーでは、スリットタイプのフードが現行品として用意されています。

最近では、ミラーレス一眼にマウントアダプターを介してライカ用レンズなどを使用することが多いですが、
専用フードがスリットタイプだったりしますよね。それはそれで、アリですよね。 

やっぱりカッコいいですから。


個性的、機能的、実用的 三拍子そろった「12585」でした。

でも、やっぱり銀鏡胴のズミクロンには時代を揃えて「IROOA」を装着してしまったりしますよねぇ。

いや~フードってほんとにいいもんですね!







↓ こちらのフードカバーがお使いいただけます。




↓さて、これまでの「金曜フードショー」は↓


↓便利なフード対応表ができました。ご利用ください。↓



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2014年11月07日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]