【MS-Optical R&D】 宮崎光学 SONNETAR M50mm F1.1 MC » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





null

皆様は、「MS-Optical」というメーカーをご存知でしょうか?

オリジナルレンズの設計/販売や、レンズ改造で著名な宮崎貞安氏がほぼ個人で運営されている日本の光学メーカーです。

2013年にリリースされたのがこの「SONNETAR M50mm F1.1 MC

製品の性質上、店舗のみでお取り扱いをしていましたが、

この度、弊社Webサイトマップカメラドットコムでのお取り扱いを開始しました。

魅力あふれる、個人製作のレンズ。

名前は聞いたことがあるけど、素性がもっと知りたい。

そんなお客様も多いと思います。

どういった商品なのか、この機会にぜひご覧ください。

null

手作り感あふれる元箱。輪ゴムがいい味を出しています。

個人製作の少数生産品であることを主張しています。

null

光学系は1932年にルートヴィッヒ・ベルテレが開発した“ゾナー”タイプを継承しつつ、明るさを極限まで求めた設計。

F1.1というスペックは驚異的、かつ暗闇で効力を発揮します。

ボケ味はゾナータイプの特徴そのまま、放射状のクセが楽しめます。

null

宮崎氏自身の手で一本一本命を吹き込まれたレンズ。

null

F値が小さくなればなるほど、大口径化に伴い重量がかさむものですが、

宮崎氏の設計思想は「高性能レンズをいかに小さく軽く作るか」というもの。

アルミ合金製のSONNETARは、フードを含めても重量僅か220gです。

ライカの大口径“Noctilux”は、F1モデルで最低でも580g、

現行のF0.95モデルに至っては700gもの重さがあります。

この差はかなり大きなものです。

null

フードを外した状態でM型ライカに装着すると、ご覧の通り。

まるでF2クラスの標準レンズのようです。

鏡胴の小型化の為に、ピント合わせは小さなノブに指を掛けて行う方式を採用。

正直に申し上げると、少し操作に慣れは必要です。

null

そしてこれが、コマ収差を撮影者が自在に操れる機構。

レンズ後群を移動させることにより、後ボケをコントロールすることが可能です。

ただし、距離計連動タイプのM型ライカ等でお使いになる場合は、ピント位置にズレが生じる為、

SONY α7等のミラーレスカメラで有用な機能と思えます。

逆手に取れば、微妙な距離計との誤差(前ピン後ピン)を自身で調整可能です。

null

上述のコマ補正機構の詳細な扱い方を含めた、宮崎氏手作りの取扱説明書。

出荷前に行われた光学テストの結果も手書きで記入されています。

null

いかがでしたでしょうか。

MS オプティカル R&D 『SONNETAR M50mm F1.1 MC』

優れた性能と、尖った設計思想。

日本人が世界に誇る“モノづくり”の精神がこもった、少量生産のハイスピードレンズです。

もう、普通では満足できない貴方にお勧めです。






開放における美しいフレアと、ゾナータイプらしいボケ味。

作例および、機材レポートはKasyapa for Leicaをご覧ください。

皆様のお問い合わせ・ご注文、心よりお待ちしております。



〓〓セール情報〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:12月11日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む
null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]