Select Language



【MS-Optical R&D】 宮崎光学 SONNETAR M50mm F1.1 MC

[ Category:Leica|掲載日時:2014年12月11日 18時00分]



null

皆様は、「MS-Optical」というメーカーをご存知でしょうか?

オリジナルレンズの設計/販売や、レンズ改造で著名な宮崎貞安氏がほぼ個人で運営されている日本の光学メーカーです。

2013年にリリースされたのがこの「SONNETAR M50mm F1.1 MC

製品の性質上、店舗のみでお取り扱いをしていましたが、

この度、弊社Webサイトマップカメラドットコムでのお取り扱いを開始しました。

魅力あふれる、個人製作のレンズ。

名前は聞いたことがあるけど、素性がもっと知りたい。

そんなお客様も多いと思います。

どういった商品なのか、この機会にぜひご覧ください。

null

手作り感あふれる元箱。輪ゴムがいい味を出しています。

個人製作の少数生産品であることを主張しています。

null

光学系は1932年にルートヴィッヒ・ベルテレが開発した“ゾナー”タイプを継承しつつ、明るさを極限まで求めた設計。

F1.1というスペックは驚異的、かつ暗闇で効力を発揮します。

ボケ味はゾナータイプの特徴そのまま、放射状のクセが楽しめます。

null

宮崎氏自身の手で一本一本命を吹き込まれたレンズ。

null

F値が小さくなればなるほど、大口径化に伴い重量がかさむものですが、

宮崎氏の設計思想は「高性能レンズをいかに小さく軽く作るか」というもの。

アルミ合金製のSONNETARは、フードを含めても重量僅か220gです。

ライカの大口径“Noctilux”は、F1モデルで最低でも580g、

現行のF0.95モデルに至っては700gもの重さがあります。

この差はかなり大きなものです。

null

フードを外した状態でM型ライカに装着すると、ご覧の通り。

まるでF2クラスの標準レンズのようです。

鏡胴の小型化の為に、ピント合わせは小さなノブに指を掛けて行う方式を採用。

正直に申し上げると、少し操作に慣れは必要です。

null

そしてこれが、コマ収差を撮影者が自在に操れる機構。

レンズ後群を移動させることにより、後ボケをコントロールすることが可能です。

ただし、距離計連動タイプのM型ライカ等でお使いになる場合は、ピント位置にズレが生じる為、

SONY α7等のミラーレスカメラで有用な機能と思えます。

逆手に取れば、微妙な距離計との誤差(前ピン後ピン)を自身で調整可能です。

null

上述のコマ補正機構の詳細な扱い方を含めた、宮崎氏手作りの取扱説明書。

出荷前に行われた光学テストの結果も手書きで記入されています。

null

いかがでしたでしょうか。

MS オプティカル R&D 『SONNETAR M50mm F1.1 MC』

優れた性能と、尖った設計思想。

日本人が世界に誇る“モノづくり”の精神がこもった、少量生産のハイスピードレンズです。

もう、普通では満足できない貴方にお勧めです。






開放における美しいフレアと、ゾナータイプらしいボケ味。

作例および、機材レポートはKasyapa for Leicaをご覧ください。

皆様のお問い合わせ・ご注文、心よりお待ちしております。



〓〓セール情報〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2014年12月11日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む
夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]