【MS-Optical R&D】 宮崎光学 SONNETAR M50mm F1.1 MC » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





null

皆様は、「MS-Optical」というメーカーをご存知でしょうか?

オリジナルレンズの設計/販売や、レンズ改造で著名な宮崎貞安氏がほぼ個人で運営されている日本の光学メーカーです。

2013年にリリースされたのがこの「SONNETAR M50mm F1.1 MC

製品の性質上、店舗のみでお取り扱いをしていましたが、

この度、弊社Webサイトマップカメラドットコムでのお取り扱いを開始しました。

魅力あふれる、個人製作のレンズ。

名前は聞いたことがあるけど、素性がもっと知りたい。

そんなお客様も多いと思います。

どういった商品なのか、この機会にぜひご覧ください。

null

手作り感あふれる元箱。輪ゴムがいい味を出しています。

個人製作の少数生産品であることを主張しています。

null

光学系は1932年にルートヴィッヒ・ベルテレが開発した“ゾナー”タイプを継承しつつ、明るさを極限まで求めた設計。

F1.1というスペックは驚異的、かつ暗闇で効力を発揮します。

ボケ味はゾナータイプの特徴そのまま、放射状のクセが楽しめます。

null

宮崎氏自身の手で一本一本命を吹き込まれたレンズ。

null

F値が小さくなればなるほど、大口径化に伴い重量がかさむものですが、

宮崎氏の設計思想は「高性能レンズをいかに小さく軽く作るか」というもの。

アルミ合金製のSONNETARは、フードを含めても重量僅か220gです。

ライカの大口径“Noctilux”は、F1モデルで最低でも580g、

現行のF0.95モデルに至っては700gもの重さがあります。

この差はかなり大きなものです。

null

フードを外した状態でM型ライカに装着すると、ご覧の通り。

まるでF2クラスの標準レンズのようです。

鏡胴の小型化の為に、ピント合わせは小さなノブに指を掛けて行う方式を採用。

正直に申し上げると、少し操作に慣れは必要です。

null

そしてこれが、コマ収差を撮影者が自在に操れる機構。

レンズ後群を移動させることにより、後ボケをコントロールすることが可能です。

ただし、距離計連動タイプのM型ライカ等でお使いになる場合は、ピント位置にズレが生じる為、

SONY α7等のミラーレスカメラで有用な機能と思えます。

逆手に取れば、微妙な距離計との誤差(前ピン後ピン)を自身で調整可能です。

null

上述のコマ補正機構の詳細な扱い方を含めた、宮崎氏手作りの取扱説明書。

出荷前に行われた光学テストの結果も手書きで記入されています。

null

いかがでしたでしょうか。

MS オプティカル R&D 『SONNETAR M50mm F1.1 MC』

優れた性能と、尖った設計思想。

日本人が世界に誇る“モノづくり”の精神がこもった、少量生産のハイスピードレンズです。

もう、普通では満足できない貴方にお勧めです。






開放における美しいフレアと、ゾナータイプらしいボケ味。

作例および、機材レポートはKasyapa for Leicaをご覧ください。

皆様のお問い合わせ・ご注文、心よりお待ちしております。



〓〓セール情報〓〓

[ Category:Leica]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】S4・希少な普及版ニコン 2017年08月19日
Nikon S4をご存知ですか? 「Nikon S4」は、1959年発売のニコンSマウントカメラ(S型ニコン)。 「Nikon S3(1958年)」から、ファインダーの35mmフレーム、セルフタイマー、モータードライブ取付け機構、 フィルムカウンターの自動復元機構を省いた、普及版として登場しました。 ↑ Nikon S3(奥)とNikon S4(手前) 他のS型ニコンとの見分け方は、「レバー式巻上」、「大きなファインダー窓」(S3と同じ)で、 「セルフタイマー無し」、「ロゴのNが直線的」なら「S4」です。 生産台...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 金子裕昭 写真展『サバンナ ストーリー』 2017年08月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 金子裕昭 写真展 - 『サバンナ ストーリー』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験...
続きを読む
null オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm... 2017年08月16日
オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが カメラグラン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]