Select Language

【SIGMA】しぐまびより Part27

[ Category: SIGMA|掲載日時:2015年07月10日 11時30分]



SIGMA (シグマ) dp0 Quattro
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 /SIGMA (シグマ) dp0 Quattro

しぐまびより。

遂に発売になりました。
dp0 Quattro。

そのレンズ構成はまさに豪華絢爛。
惜しげもなく高性能レンズを使い、21mmという超広角にして
「ディストーションゼロ」歪み0.5パーセント。
実質0といっていい、このレンズの凄味。
実際に撮影に出かけたことで体感してきました。

撮った写真をまじまじと見てみると
とにかく「すごい」いや「凄まじい」
広角は歪むことが当たり前、その概念を木端微塵に
打ち砕いてくれました。


まず今回の一枚目、残念ながら低速シャッターと筆者の未熟さで
細部はブレてしまっているのですが
撮った時には森の部分は黒く潰れていましたが
シャドウ部を上げると浮き上がってきました。
改めてdpのデータの豊富さを知るきっかけになりました。

わかりやすく見せるために必要以上にシャドウ部を上げています。
HDRみたいになってしまいました。

SIGMA (シグマ) dp0 Quattro
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 /SIGMA (シグマ) dp0 Quattro

まっすぐに伸びる道、歪まない直線。
少し乾いたように写すfoveonは微細な汚れの違いさえ
鮮明に確実に写します。
A3ノビでプリントをしてまじまじと見てみましたが
端のドアの線まで全くといっていいほど歪んでいませんでした。
すさまじい、、


SIGMA (シグマ) dp0 Quattro
絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200 /SIGMA (シグマ) dp0 Quattro

foveonは等倍の鑑賞でも画像が鮮明なため、
建築物を資料用に収めたい、という方にとって
これほど心強いカメラはないのではないでしょうか。
このレンズの解像度は自分の目で見た時にも気づかなかった細部まで
おそろしいほどに写してくれます。


SIGMA (シグマ) dp0 Quattro
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:800 /SIGMA (シグマ) dp0 Quattro

ISO800。
個人的にはQuattroのモノクロは1600,3200でも使えると思っていますが
どうにかISO800くらいで撮りきりたくなります。
縦、横、どっちを選んでも歪みを気にせず撮れるというのは
思い切りもよくなりシャッターを切るのが楽しくなります。


SIGMA (シグマ) dp0 Quattro
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 /SIGMA (シグマ) dp0 Quattro

なんだかずっと吠えていたペンギン。
dp0の軽快さに弾みをつけるのがAFスピードと精度。
撮影後の待ち時間も改善されています。


SIGMA (シグマ) dp0 Quattro
絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 /SIGMA (シグマ) dp0 Quattro

とはいえ、心配なので同じ構図を何枚かしっかり撮ってしまいます。
ほんの少しの「ズレてる」とも言えぬズレで水平がすぐにずれてしまいます。


SIGMA (シグマ) dp0 Quattro
絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 /SIGMA (シグマ) dp0 Quattro

朝焼けの一枚。
雲の描写はもともとdpは定評があったように感じますが
個人的に空の色がうまく出せなかったのであまり空は撮っていませんでした。
ただQuattroになってからは肉眼で見た時の色と近いケースが多く
被写体の幅に拡がりが出来てきました。
特に人物撮影を積極的に撮ろうと思うようになったのが大きいです。


SIGMA (シグマ) dp0 Quattro
絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:200 /SIGMA (シグマ) dp0 Quattro

ヌメりのある魚とか撮ったらどうなるだろう、、という
興味本位でシャッターを切りました。
ちょっと模様とかいろいろよく見えて後悔しました。。


SIGMA (シグマ) dp0 Quattro
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:800 /SIGMA (シグマ) dp0 Quattro

勿論絞ったほうが解像度は良くなります。
ただ開放で撮ってもすさまじい解像度を持つこのカメラ。
シャッターチャンスを諦めてしまうくらいならF4開放でも
暗所でばんばんシャッターを切ってもらいたいと思います。



photo S.taira







↓↓SIGMA (シグマ) dp0 Quattro kasyapa もぜひご覧ください↓↓


マップカメラのショッピングクレジットなら、24回払いまで金利0%!!!
7/31までの期間限定です!ぜひご利用くださいませ!!!↓




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2015年07月10日 11時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!59票


null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む