岩礁の船 ≪軍艦島≫を訪ねて | THE MAP TIMES 
Select Language



岩礁の船 ≪軍艦島≫を訪ねて

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2016年10月10日 13時35分]


岩礁の船 ≪軍艦島≫を訪ねて



軍艦島遠景。上陸地点は島の反対側にある。

少し前になりますが、ユネスコの世界遺産に「明治日本の産業革命遺産」が登録されたこと、
既にみなさまはご存じのことかとおもいます。九州で生まれ育った自分にとっては、
祖父が働いていた三池炭鉱をはじめ、身近な存在が構成資産となっていることもあり、
なんだか人並み以上に嬉しい気持ちでいっぱい。今回は自ら撮影した写真のほんの
一部となりますが、構成資産の一つである端島こと軍艦島の光景をご紹介します。




広いスペースに独りたたずむ建物。見学コースの中で一番衝撃的だった場所である。
悪天候時に防波堤を越える波の影響で、周囲のがれきも流されてしまった..と、
地元のガイドがおしえてくれた。"大自然の力"と"時の流れ"を感じさせる1コマ。






朽ち果てた建物、壁、レンガ、岩肌。遠くにそびえる塔は、この島の繁栄の時から
現在まで、とても長い時間ずっと見守ってきたにちがいない。自分はたんたんと
現在あるこの姿のみをカメラのファインダーを覗いてシャッターを切り続けた。






見学通路終点より撮影。かつてこの階段の下には露店が軒を連ね,大変な賑わいを
見せていたという。無人島と化して数十年経過していることもあり、島内の建物は
保存状態が良くないものばかり。整備された見学用通路から廃墟を撮るためには、
70-300mm(35mm換算)クラスの望遠ズームレンズが必要で標準域のみでは辛い。
軍艦島訪問、島内の様子を克明に記録したいのであれば望遠レンズをお忘れなく。




私が上陸した12月某日は、雨風共に強い悪天候の一日。波風の激しい状況では
写真が撮れないのではと心配だったが、高性能なカメラとレンズに助けられた
こともあり、難なく撮影をこなすことができた。相棒はOLYMPUS OM-D E-M1
F2.8 PROコンビ。小型かつ軽量かつ耐環境(防塵・防滴)性能の素晴らしさを実感。



最後に..九州にお出かけするのは本当におススメです。

産業革命遺産はもちろん、撮影スポットがとても豊富なところですよ。

もちろん旅のお供は "OLYMPUSのフラッグシップ カメラ&レンズ" で!


おまけの1コマ。日本の近代史を支えた北九州の街並み。



この記事の画像(軍艦島 島内) 使用機材の









〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2016年10月10日 13時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]