Select Language

【FUJIFILM】新感覚のXstyle ~X-T1のカメラスタイル~

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2015年08月11日 19時00分]




カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、

撮ることの新たな歓びと発見が生まれる新感覚のXという名のカメラスタイル・・・新感覚のXstyle!

今回ご紹介するXstyleはシリーズの集大成となるモデル、新感覚のカメラスタイル「X-T1」です。

FUJIFILM  X-T1

新感覚のテクノロジー

一眼レフカメラのように覗いて撮ることを念頭に置いた電子ビューファインダーは、

すべての面で従来のEVFを超えた未来のファインダーです。

倍率や見え方は光学ファインダー並みの快適性で、EVFであることを忘れるほどの視野性を実現しています。

FUJIFILM  X-T1FUJIFILM  X-T1
FUJIFILM  X-T1FUJIFILM  X-T1

新感覚のタフネスボディ

Xシリーズで初めて防塵・防滴に-10℃の耐低温タフネス性能を組み込んだボディで、

過酷な環境のフィールド撮影でもしっかりと機能する頑丈な強さは、撮影の幅を大きく拡げてくれます。

FUJIFILM  X-T1FUJIFILM  X-T1
FUJIFILM  X-T1FUJIFILM  X-T1

新感覚のデザイン

時間が経つにつれて、その快適な操作性が実感できるカメラで、使い込めば使い込むほど手になじむ、

計算され尽くしたダイヤルボタン類とカメラデザイン。

クラシカルな一眼レフスタイルで、スタンダードなデザインの中に操作性と品位を追求した伝統と革新が見事に調和したことにより、

直感的な操作を生み出します。王道のブラックとグラファイトシルバーの2色展開。

FUJIFILM  X-T1FUJIFILM  X-T1
FUJIFILM  X-T1FUJIFILM  X-T1

新感覚のアクセサリー

バッテリーグリップなどアクセサリーも充実していて、高いシステム性を持ち、X-T1のデザイン力をさらに高めます。

縦位置バッテリーグリップ「VG-XT1」には、レリーズボタン・AE-L・AF-L・フォーカスアシストの各ボタンと

ツインコマンドダイヤルが搭載され、ボディと同じく防塵・防滴構造です。

本体に付属する専用クリップオンタイプのフラッシュは発光部に高さがあり、

独自のTTL自動調光方式を採用しているため、シーンに合わせて発光量を調整します。

FUJIFILM  X-T1

光学ファインダーに匹敵する見え方に加え、EVFならではの斬新な機能を盛り込んだファインダーや進化したAF性能、

またシリーズ初となる防塵防滴ボディなど、まさに最高のEVF に最速のAFレスポンス、

最強のタフさをもったX-T1のカメラスタイルです。

また豊富なXFレンズとの組み合わせで楽しみ方は無数です。


↓Xstyleの新感覚な世界を体感したい方はこちら↓






とことん気軽に上質な写真を楽しめる、小型軽量ボディと快適な操作性を実現する

Xシリーズの新モデル!プレミアムミラーレスカメラ・・・FUJIFILM X-T10 好評発売中です!


↓↓X-T1のカメラスタイル↓↓






マップカメラの中古商品は何と…
業界最長クラスの中古保証1年!

↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓


せっかく買うなら早く欲しいですよね!
先取交換なら先に商品が届きます!!是非ご利用ください!!

↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓


24回までは金利0%の超低金利ショッピングクレジットもご利用いただけます!!

↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2015年08月11日 19時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!202票


Canon EOS 5D Mark IV+Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZE

【Carl Zeiss 】 Milvus 50mm F2 M ZEで写す風景[2020年02月20日]

みなさんは神社やお寺に足を運ぶ機会は、どのくらいありますか。 私は初詣やちょっとした出先に、それも時間に余裕がある時でもない限り、その土地の神社やお寺に行くことは中々ありませんでした。 神社巡りや御朱印集めが趣味として人気を集める中、私は何かきっかけが無ければ、神社やお寺に訪れることはほとんどありません。 そんな中、突然ですが浅草に行く機会がありましたので、久しぶりにカ...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む