Select Language

【SONY】α PHOTO Vol.30 SONY E 16mm F2.8編

[ Category: SONY|掲載日時:2015年07月22日 13時25分]


SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/800秒 ISO100
α PHOTO Vol.30
『E 16mm F2.8』


【α PHOTO】は、スタッフがSONYのAマウント・Eマウントレンズを
持ち出して自由に楽しく撮った写真を皆様にご紹介しております。

最近α7を購入し、しばらくNEX-7を持ち出しておりませんでしたが、
今日は久しぶりにNEX-7と一緒にお出かけをしてきました。
お供のレンズは16mmのパンケーキレンズ。
NEX-7と16mmの組み合わせは、最近フルサイズしか使っていなかったこともあってか、
物凄く軽くて逆に不安になってしまうほどでした。笑

さてさて、そんな軽くてコンパクトなレンズとボディを持って、今日は原宿へと向かいます。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/400秒 ISO100
関東は梅雨明けが発表されましたね。
今日もとっても暑い一日になりそうです…。既に噴き出す汗がとまりません。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/80秒 ISO800
ベイクドされすぎたべイクドチーズケーキ。
なかなかビターな味がしました。
…はっ!パンケーキレンズでパンケーキを撮れば良かった…。
次はパンケーキを頼もうと心に誓ったのでした。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/80秒 ISO100
16mmなので大胆に歪むかな、と思いきや、全然そんなことはありません。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/200秒 ISO100
ちょっと角度をつけて斜めから撮ってあげると、パースが効いて迫力のある写りに。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/320秒 ISO100

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/160秒 ISO800
このレンズはFE28mmと同じで、このレンズ専用の
フィッシュアイコンバーターとウルトラワイドコンバーターが存在します。
以前はE16mm専用のコンバーターしか存在しなかったのですが、
最近モデルチェンジをして、E16mmとE20mmの両方で使えるコンバーターが発売されました。
[フィッシュアイコンバーター VCL-ECF2]
[ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU2]
この二つを使ってみると、また全然違った写真を撮ることが出来ます。
一粒で二度も三度も美味しいレンズですね。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/640秒 ISO800
最短撮影距離は24cm。このレンズは開放で撮るととても柔らかい写りをします。
この写真は手前の花にピントが合っていますが、少し後ろの花は滲むようにぼやっとボケています。
その優しい写りがとても好みで、ついつい開放でばかり撮ってしまいます。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/2500秒 ISO800
AFのレンズですが、今日はあえてAFは使わずにMFしか使っていません。
NEX-7もα7と同じでピント拡大機能やピーキング機能がありますので、MFでの撮影も楽々です。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/1000秒 ISO800
サブカルチャーの街、原宿。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/500秒 ISO800
あまり広角レンズは使い慣れていないので、撮影後にデータを見返していたら
うっかり指が入っていた…なんてことも。
実はこの写真も指が入っていました…。(トリミングしましたが)
広角レンズを使う際は指やカメラストラップが入らないように皆さんお気を付け下さい。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/500秒 ISO800
原宿にある有名なギャラリー。
写真展はもちろん、写真以外にもいろいろなものが展示されています。
この周辺は面白いお店がたくさんあるので、見ていて飽きません。
魅力的な被写体がいっぱいあります。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/500秒 ISO800
冒頭で軽くて不安になってしまう組み合わせだと書きましたが、
16mmの重さはなんと67g!ほんとにレンズついてる?と疑ってしまうほど軽いです。


E16mmとNEX-7の組み合わせは、軽いだけではなくもちろん見た目もコンパクト。
かばんの中にしまっても幅をとらないので、気軽に持ち出すことができます。
E16mmで、夏の思い出を残してみませんか?


αPHOTO第30回のレンズは『E 16mm F2.8』でした。
今回の使用ボディは『NEX-7』です。


次回はどんなレンズが登場するでしょうか?
お楽しみに!!


↓α PHOTO バックナンバーはコチラ!↓







マップカメラ創業祭開催中!コチラもお見逃しなく!!!↓


マップカメラのショッピングクレジットなら、24回払いまで金利0%!!!
7/31までの期間限定です!ぜひご利用くださいませ!!!↓




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年07月22日 13時25分]

面白いと思ったらコチラをClick!55票


みんなのライカ

みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッ...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む
SIGMA fp + SIGMA MC-21 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

【SIGMA】しぐまびより Part35[2020年02月25日]

SIGMA fp から使えるようになった「ティールアンドオレンジ」 Quattroから使えるようになったアスペクト比「21:9」と 合わせることがすっかりマイブームになりました。 現像ソフト「Adobe Lightroom」に SIGMAの カラーモードを反映できるプリセットが用意されるようになってから最近はこちらで現像しています。 「ティールアンドオレンジ」のみだけでなく「サンセットレッド」なども使えま...
続きを読む
【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで

【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで[2020年02月24日]

川崎で用事を済ませ時間が余った午後の日のこと。 天気もいいのでどこに行こうかと予定もなく駅の路線図を眺めていたら目に留まったのが秘境駅「海芝浦」でした。 「海芝浦」駅に向かうにはひとつの方法しかありません。それは鶴見線に乗ること。 早速、電車に乗り換え鶴見線の始発駅である鶴見駅に向かいました。 昭和の面影を色濃く残すレトロなホームに3両編成の短い電車入ってきます。...
続きを読む
スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む