【SONY】α PHOTO Vol.30 SONY E 16mm F2.8編 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α PHOTO Vol.30 SONY E 16mm F2.8編

[ Category:SONY|掲載日時:2015年07月22日 13時25分]



SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/800秒 ISO100
α PHOTO Vol.30
『E 16mm F2.8』


【α PHOTO】は、スタッフがSONYのAマウント・Eマウントレンズを
持ち出して自由に楽しく撮った写真を皆様にご紹介しております。

最近α7を購入し、しばらくNEX-7を持ち出しておりませんでしたが、
今日は久しぶりにNEX-7と一緒にお出かけをしてきました。
お供のレンズは16mmのパンケーキレンズ。
NEX-7と16mmの組み合わせは、最近フルサイズしか使っていなかったこともあってか、
物凄く軽くて逆に不安になってしまうほどでした。笑

さてさて、そんな軽くてコンパクトなレンズとボディを持って、今日は原宿へと向かいます。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/400秒 ISO100
関東は梅雨明けが発表されましたね。
今日もとっても暑い一日になりそうです…。既に噴き出す汗がとまりません。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/80秒 ISO800
ベイクドされすぎたべイクドチーズケーキ。
なかなかビターな味がしました。
…はっ!パンケーキレンズでパンケーキを撮れば良かった…。
次はパンケーキを頼もうと心に誓ったのでした。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/80秒 ISO100
16mmなので大胆に歪むかな、と思いきや、全然そんなことはありません。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/200秒 ISO100
ちょっと角度をつけて斜めから撮ってあげると、パースが効いて迫力のある写りに。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/320秒 ISO100

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/160秒 ISO800
このレンズはFE28mmと同じで、このレンズ専用の
フィッシュアイコンバーターとウルトラワイドコンバーターが存在します。
以前はE16mm専用のコンバーターしか存在しなかったのですが、
最近モデルチェンジをして、E16mmとE20mmの両方で使えるコンバーターが発売されました。
[フィッシュアイコンバーター VCL-ECF2]
[ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU2]
この二つを使ってみると、また全然違った写真を撮ることが出来ます。
一粒で二度も三度も美味しいレンズですね。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/640秒 ISO800
最短撮影距離は24cm。このレンズは開放で撮るととても柔らかい写りをします。
この写真は手前の花にピントが合っていますが、少し後ろの花は滲むようにぼやっとボケています。
その優しい写りがとても好みで、ついつい開放でばかり撮ってしまいます。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/2500秒 ISO800
AFのレンズですが、今日はあえてAFは使わずにMFしか使っていません。
NEX-7もα7と同じでピント拡大機能やピーキング機能がありますので、MFでの撮影も楽々です。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/1000秒 ISO800
サブカルチャーの街、原宿。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/500秒 ISO800
あまり広角レンズは使い慣れていないので、撮影後にデータを見返していたら
うっかり指が入っていた…なんてことも。
実はこの写真も指が入っていました…。(トリミングしましたが)
広角レンズを使う際は指やカメラストラップが入らないように皆さんお気を付け下さい。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/500秒 ISO800
原宿にある有名なギャラリー。
写真展はもちろん、写真以外にもいろいろなものが展示されています。
この周辺は面白いお店がたくさんあるので、見ていて飽きません。
魅力的な被写体がいっぱいあります。

SONY (ソニー) E 16mm F2.8
F2.8 1/500秒 ISO800
冒頭で軽くて不安になってしまう組み合わせだと書きましたが、
16mmの重さはなんと67g!ほんとにレンズついてる?と疑ってしまうほど軽いです。


E16mmとNEX-7の組み合わせは、軽いだけではなくもちろん見た目もコンパクト。
かばんの中にしまっても幅をとらないので、気軽に持ち出すことができます。
E16mmで、夏の思い出を残してみませんか?


αPHOTO第30回のレンズは『E 16mm F2.8』でした。
今回の使用ボディは『NEX-7』です。


次回はどんなレンズが登場するでしょうか?
お楽しみに!!


↓α PHOTO バックナンバーはコチラ!↓







マップカメラ創業祭開催中!コチラもお見逃しなく!!!↓


マップカメラのショッピングクレジットなら、24回払いまで金利0%!!!
7/31までの期間限定です!ぜひご利用くださいませ!!!↓




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2015年07月22日 13時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Motorsports photo #8 【増税前にデビュー】Motorsports photo #8 2019年09月23日
「ミラーレスカメラでモータースポーツデビュー」 筆者は6年ほどNikon D4でモータースポーツを撮影しておりましたが、ここ1年ほどはミラーレスカメラで撮ることが多くなっています。 筆者がミラーレスカメラに移行し始めた理由は、機材の軽量化とファインダーが見やすいという点から。 サーキットでは1日中、様々なコーナーから撮影をするので、ボディが軽くなることはとても助かります。ですが筆者が移行を決めた1番の理由は小型軽量よりも、ファインダーの見やすさなのです。このことだけでミラーレスカ...
続きを読む
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]