Select Language

【Leica】 ふわり&上品なズミルックスとお散歩♪

[ Category: Leica|掲載日時:2015年10月24日 16時00分]



35mm F2 1/180秒 ISO200
皆様こんにちは!
前回のブログでは超広角の21mmでお散歩しました。

今回のオトモは非球面レンズ採用の大口径レンズ!
SUMMILUX M35mm F1.4 ASPH
1994年から発売されたモデルだそうで、
前回のアンギュロン(1960年代のレンズ)と比べたら
まるで親子のような年の差ですね。

今回は夜の下北沢にやってまいりました。
F1.4という明るさを活かして、夜でも気兼ねなく撮影できるのがありがたいです。
トップ画の看板のザラッとした質感もしっかり出ていて
ボケも溶けるようにスッとボケていきます。


35mm F1.4 1/25秒 ISO400
絞り開放から安定の高画質!
夜は感度を上げないと撮れない、という固定観念を打ち破ってくれます。


35mm F1.4 1/125秒 ISO400
彫りが細かく見惚れたフクロウの置物。
ほぼ最短撮影距離での撮影ですが最短が70cmなので
一眼レフと比べるとどうしても寄れないのは仕方ないところ。


35mm F1.4 1/90秒 ISO400
フクロウの脇にいた小鳥ちゃん。
先程から絞り開放での撮影ばかりですが、
周辺光量落ちと、溶けるようなボケが上品な描写です。


35mm F2 1/125秒 ISO400
光が当たったところが滲んで綺麗に見えます。
お腹が空いてきました…。


35mm F1.4 1/90秒 ISO500
これまたお腹が空いてきました。
柔らかい描写で、撮っていて気持ちいいレンズです。



35mm F1.4 1/750秒 ISO160
日が変わり、今度は家の周りをフラフラ。
やっぱり同じようなところでどう写るのか気になりまして。
バラが咲いていたのでまずはF1.4で撮ってみました。


35mm F2.8 1/180秒 ISO160
続いて少し絞ってF2.8で。
周辺光量落ちがだいぶ無くなりました。
滲みも少なくなり、キリッとしています。


35mm F5.6 1/60秒 ISO160
最後にもう少し絞ってF5.6で。
私は絞り開放時の大きなボケと光量落ちが大好きです。


35mm F1.4 1/350秒 ISO160
よくモデルにするベンチ。
私の大好物の光量落ちが良い味出してます。
被写体がより浮き立つ効果がたまりません。


35mm F6.3 1/90秒 ISO160
無機物を撮りたくなって何となくパシャリ。
絞るとキリッとして、コントラストも高めになります。
手前の壁の古びた感じとか、奥の青いフェンスまでキッチリ写ってます。


35mm F1.4 1/90秒 ISO160
これも前回撮ったところですが同じような構図でパシャリ。
ボケ方が自然でうるさくないので思いっきりぼかしました。


35mm F2.8 1/60秒 ISO160
さて問題、私が好きな焼き鳥はどれでしょうか?
答えはピント位置の通りなんですが。

大口径レンズは「コレが撮りたい!」という主張がハッキリできるので
あまり絞らずに使ってしまいがちです。
このレンズに関してはボケが上品で綺麗なので
「ぼかしすぎて背景がうるさくなる」という心配も無用。
安心して絞り開放から使えるレンズです♪
今までのレンズでは味わえなかった世界が待っています!









M9とズミルックス両方欲しいなぁ…と思ったら
とりあえず分割シミュレーションをしてみましょう!
マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」
大人買いの強い味方です!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓


マップカメラなら憧れのLeicaも1年保証!
安心してお使いいただけます♪
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2015年10月24日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!52票


503CX

【HASSEL BLAD】はじめまして、503CX[2019年12月11日]

近頃めっきり冷え込むようになりました。 新宿の街は、いたるところでクリスマスソングが流れており、令和を迎えたのも束の間といわんばかりに、あっという間に師走になってしまいました。 皆様にとって、今年はどのような一年だったでしょうか。 私にとっては、元号が変わることに託けて、いろいろと新しいことに挑戦してみた年でもありました。 例えば、「ハッセルブラッド」のカメラを...
続きを読む
本日もまた写真日和。六日目。

本日もまた写真日和。六日目。[2019年12月10日]

燃える炎の様な赤、紅葉、秋。 9月の中旬、前回のブログでまさに“燃えるような秋”と口走りました。 11月の下旬、隣で画角を追い込みながら、その人は呟きました。 「なんか、炎って真っ赤じゃないし…なんというか、そうじゃないよね」 そっかぁ… あれほど、やれ春だ夏だ、やれ7月だ、9月だ、と騒いでいたにもかかわらず、秋をすっ飛ばしてしまった私でございます。 金木犀に酔...
続きを読む
APO-LANTHAR 50mm F2 ASPH.

【Voigtlander】APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical[2019年12月10日]

ss1/50 F2.0 ISO100 長野で創業した光学機器メーカー、COSINAが今年で創業60周年を迎える。 そしてその節目の年に誕生する、フォクトレンダー史上最高性能を謳う標準レンズ。 APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical そのプロトタイプを今回特別にお借りする事が出来たため、試写に臨んだ。 発売日前ではあるが、一部の写真をお届けしたいと思う。 ss1/1600 F2.0 ISO100 最早多くを語...
続きを読む
【SONY】RX100 M7で巡る紅葉の京都

【SONY】RX100M7で巡る秋の京都[2019年12月09日]

F4 1/50 ISO-400 47mm 京都嵯峨野 宝筐院庭園 今年の秋、最新機種のRX100M7を片手に京都の旅へ。 ハイシーズンでかなりの混雑でしたが、RX100M7の高倍率ズームを利用して上手く人の混雑をよけて撮影してきました。 F4 1/80 ISO-640 72mm 京都嵐山にて食事をしていたところ、 お店の方に『宝筐院(ほうきょういん)が今紅葉が見ごろで綺麗ですよ』と言われ、行ってみました。 言わ...
続きを読む
UV-Nikkor

【Nikon】栃木ニコン製UV-NikkorをZ6で撮影するとどう写るのか【カメラを愉しむ vol.6】[2019年12月09日]

知るひとぞ知る希少レンズ。 医学写真や科学写真用に開発された『UV-Nikkor』 中古カメラ市場でも滅多にお目にかかることができない希少玉。 弊社でも2007年に一度お買取をさせて頂いたが、それ以降12年ぶりの入荷。 2007年頃はNikonもD70やD100辺りが全盛期の時代で、マウントアダプターと言ったカメラの遊び方も浸透していない頃。 今回は時代を超えたコラボレーション 『Nikon Z6 × マ...
続きを読む