Select Language

【HASSEL BLAD】の使い方 第2回 そこが知りたい!Cレンズの各部名称

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2016年04月05日 10時30分]



今回は、Cレンズの各部名称です。Sonnar C 150mmF4 で説明します。

①フード用バヨネットマウント ②シャッタースピード調節グリップリング ③絞りリング
④VXM切替補助レバー ⑤VXM切替レバー ⑥シンクロソケット ⑦フォーカシングリング 
⑧フィルター用バヨネットマウント ⑨絞りリング可動プレート ⑩被写界深度指標

Cレンズは、Vシステム専用レンズとして、HASSELBLAD 500C とともに1957年に発表されました。

「C」の名は、デッケル社製のコンパー( COMPUR )シャッターを搭載していることを意味しています。
初期はシルバークローム鏡胴。1973年ころから順次、ブラック鏡胴になりました。
コーティングは、初期はモノコート、1974年ころからマルチコートになり「T*」マークが入りました。

焦点距離 30mmの魚眼レンズ~500mmの望遠レンズまでの14種類のカールツァイス製単焦点レンズと
140-280mmF5.6のシュナイダー製のズームレンズがラインナップされました。

フルメタルの鏡胴は、ゴツゴツしていて、指がちょっと痛いこともありますが
手にしたとき、その精密さが金属の冷たさと共に伝わってきます。
特にシルバーのレンズ美しさは、うっとりするばかりです。 

つづく。


こちらもどうぞ↓クリックしてください!

【HASSELBLAD】の使い方 第1回 知って得する!?500C/Mの 各部名称

【HASSELBLAD】の使い方 第3回 Cレンズ その1












〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2016年04月05日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!73票


【街で見つけた形にフォーカス】○□△ 【HASSEL BLAD】

【街で見つけた形にフォーカス】○□△ 【HASSEL BLAD】[2020年01月14日]

お正月。好きですか?私は好きです。 空気か澄んでて、呼吸するのさえ楽しくなります。 隣の車両にも人ひとり見えないガラガラの都内の電車が 珍しくて、 今回の旅のお供を鎮座させてみました。 501CM+CB80mm F2.8+A12 カメラの基本構成は○と□でできている。 まずは自宅でポシャり、 平衡を見出す間にも猫は逃げます。 EKTACHROME E100 使ったフィルムはEKTACHR...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】形、裏道、自分の道【HasselBlad】[2020年01月08日]

X1D × 原宿 【 X1D + XCD 90/3.2 | 1/1000 | f3.2 | ISO 100 】 早いもので令和2年が明けて、もう一週間が経ちました。 初詣、七草粥などなど、新年の醍醐味を満喫してらっしゃいますでしょうか。 年明け前の話になりますが、年末にHasselblad X1Dを持ち出す機会がありました。 一目みれば"それ"とわかる独特な「形」。 この一台を持って歩き慣れた原宿の街を散策しました。 【 X...
続きを読む
503CX

【HASSEL BLAD】はじめまして、503CX[2019年12月11日]

近頃めっきり冷え込むようになりました。 新宿の街は、いたるところでクリスマスソングが流れており、令和を迎えたのも束の間といわんばかりに、あっという間に師走になってしまいました。 皆様にとって、今年はどのような一年だったでしょうか。 私にとっては、元号が変わることに託けて、いろいろと新しいことに挑戦してみた年でもありました。 例えば、「ハッセルブラッド」のカメラを...
続きを読む
C 80mm F2.8×500C

【増税前にデビュー】ハッセルブラッドVシステム[2019年09月07日]

プロカメラマンが持つ機材の代名詞であったハッセルブラッドのVシステム。 2013年にVシステムカメラの製造が終了されましたが、今なお人気の高さを誇っているカメラシステムです。 今年6月にはVマウントシステムにも対応したデジタルバック「CFV II 50C」の開発発表がされ再び注目を集めています。 今回は昨年製造が終了したフジフイルムのACROS 100をカメラに詰めて撮影してきました。 使用...
続きを読む
イメージです

【Hassel blad】 フィルム紀行(ときどき、奇行) ⑤ハッセルで合格祈願![2019年03月31日]

先月の誕生日に妻が卓上の酒燗道具をプレゼントしてくれました。 器にお湯を入れ、お酒を注いだ錫製のチロリを温めるもの。 …これがなかなか! いままでレンジでチンしていた時は、飲み口がどうもトゲトゲした印象だったのですが、湯煎したものはなんともまろやか!! 燗酒に向いたお酒というのもあるようで、奈良・春鹿の「さくら純米」や山形・大山の「十水」は、ぬる燗から人肌燗あたりの温...
続きを読む