【HASSEL BLAD】の使い方 第5回 フォーカシングフード、ワインディングクランク その1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【HASSEL BLAD】の使い方 第5回 フォーカシングフード、ワインディングクランク その1

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年05月14日 10時30分]



null null

↑クリックすると大きく表示されます。

中判一眼レフとしては、 HASSELBLADってコンパクトなカメラですよね。
今回紹介するフォーカシングフードやワインディングクランクもコンパクトさに一役買っています。

フォーカシングフード◆ 
折り畳み式のフォーカシングフードを開くには、フォーカシングフード開閉ボタンを右にスライドさせます。
すると、バネの力によって自動的に勢いよくフードが開きます。

そして上からファインダーを覗きこみ、ピント合わせと構図の決定をします。
このウエストレベルファインダーの良いところは、カメラをしっかりホールドし、カメラブレを防ぐことができる点です。

注意が必要なのは、ファインダー像の左右が逆になることなのですが、これは慣れてしまえば問題は無いでしょう。



再びフォーカシングフード開閉ボタンを右にスライドさせると、ルーペが上がってきます。
ファインダー像が拡大されて、精密なピント合わせが可能になります。

フォーカシングフードを折りたたむときは、まずルーペを押し戻します。カチッ、と音がして所定の位置に固定されます。
次に左右、後部、前部の順に折りたたみます。
このパタ、パタ、パタ、パタンッという順番に折りたたむタイプのフォーカシングフードは、500C/M 初期のもので
500C/M の後期(1980年代)から新型のフォーカシングフードに変わります。



ワインディングクランク

null null

↑クリックすると大きく表示されます。

ワインディングクランクも折りたたみ式です。180度起こして使用します。

ワインディングクランクは、様々な仕事をしています。
①フィルムを巻き上げる ②ミラーを下げる ③絞りを開放にする ④シャッターをセットする 
⑤シャッターシグナル、フィルムシグナル、フィルムカウンターを動かす。
ワインディングクランクを1回転させるだけで、これら一連の作業をしています。

このワインディングクランクも初期型のもので、1983年頃から新型のものに変わります。

また、ワインディングクランク以前は、丸いノブ方式でした。
大きな回転半径で一気に巻上げるクランクとは異なり、2~3回、回さなければなりませんでした。

HASSELBLAD 500C、500C/M、503CX では、ワインディングクランクの取付け部の構造が同じなので、
旧型、新型のクランク、ノブは、それぞれ互換性があります。

次回は、新型のフォーカシングフードとワインディングクランクを紹介します。

つづく。


こちらもどうぞ↓クリックしてください!

【HASSELBLAD】の使い方 第1回 知って得する!?500C/Mの 各部名称

【HASSELBLAD】の使い方 第2回 そこが知りたい!Cレンズの各部名称

【HASSELBLAD】の使い方 第3回 Cレンズ その1

【HASSEL BLAD】の使い方 第4回 タイムとセルフタイマー













〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年05月14日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]