MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年08月24日 14時30分]





ピントが合っている(合って見える)範囲を示すのが、被写界深度目盛です。
↑ のHASSELBLAD CF 80mmF2.8ですと、絞りリングとピントリングの間に縦の線が何本もありますね。
真ん中の太い指標を挟んで、左右対称に 4、8、11、16、22と数字がふってあります。

例えば、5mの距離にピントを合わせると、左右の被写界深度目盛の「16」の位置に
左側は、約3m、右側は、20m弱の距離が示されます。
これは、絞りF16の時、この間にピントがきますよ、ということです。

HASSELBLADに限らず、多くのメーカーのレンズは、このようなタイプの被写界深度目盛を使っていますね。

ところが、HASSELBLAD C レンズの場合は、ちょっと変わった表示の仕方をしています。

nullnullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

何本も縦の線を引くのではなくて、1対の動く指標を組み込んだのです!
絞りリングの動きに合わせて、赤い指標が動いていきます。
これなら、絞りと線を見比べて探すよりも、素早く直感的に被写界深度を見て取れます。

そして何より、こんな機構を内蔵させた技術力には感心させられますねぇ。
写真を撮る道具としてはもちろんのこと、こんな精緻なメカニズムにも大きな魅力があります。

まさに「持つ喜び」を感じさせるのが、HASSELBLAD なのです。



↓ こちらもご覧ください ↓
















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年08月24日 14時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【PENTAX】不忍池での蓮撮影を楽しむ 【PENTAX】不忍池での蓮撮影を楽しむ 2018年08月16日
F5.6 / 1/2000 / ISO100 / AWB /カスタムイメージ:雅(彩度-1) PENTAX K-1 MarkII + HD D FA*50mm F1.4 SDM AW 蓮の見ごろは7~8月。早朝に咲き、昼には閉じるという独特の性質を持つ蓮の花を撮るため、早朝に機材を抱えて上野にある不忍池へとやってきました。 今回使用した機材は『PENTAX K-1 Mark II』『HD D FA*50mm F1.4 SDM AW』『HD DFA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW』の3点です。まずは不忍池の遊歩道の近くにある蓮の花を、50mmを使ってぐっと寄って撮影を...
続きを読む
ROUTE YOKOSUKA 【Canon】ROUTE YOKOSUKA 2018年08月16日
台風が来ては去り、来ては去りを繰り返す平成最後の夏ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 8月某日。 私はこの日「Canon EOS Kiss M」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」をもってドライブに繰り出しました。 ミラーレスカメラにもかかわらず約2410万画素を誇るKiss M。 他のKissシリーズの一眼レフに引けを取りません。 それなのに、コンパクトで手が小さい筆者にも構えやすい形をしています。 この日はお台場と横須賀へ向かいました。 夏休みということもあり、観光客で賑わうお台場...
続きを読む
Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]